社交不安(障害)の治療法(最新の研究) | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »  社交不安(障害)の治療法(最新の研究)

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(摘要)だけを読んだ、社交不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社交不安(障害)なのかというと、場面緘黙症児(選択性緘黙症児)は社交不安が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を併発していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害(不安症)になっています。

今回は、社会的ストレッサーを受けた後に社交不安障害者が感じやすい離人感が認知療法の後で低下するという研究です。特に治療反応性が高かった者で離人感の低下が著しかったようです。

なお、社交不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒Twitterで情報過多だと友達ではなく、見るツイートを減らす
最近の記事2⇒Googleで去年の西暦の検索が多い地域は自殺率が高い
↑記事1は東京経済大学の佐々木裕一准教授と北村智准教授、東京大学の河井大介助教による共著論文です。このお三方は誠信書房から『ツイッターの心理学:情報環境と利用者行動』という本を出版されておられます。
記事2は去年に起こった出来事の検索のことではなく、「去年の西暦」、すなわち、「去年の年」の検索のことです。注意してください。

スポンサードリンク

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(要旨)、研究方法、研究結果だけを読んだ、社会不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社会不安(障害)なのかというと、場面緘黙症児(選択性緘黙症児)は社会不安が高いか、もしくは社会不安障害(社交不安障害,社交不安症)を併発していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害(不安症)になっています。

今回は、ロッククライミングを週3回、2か月間実施した後に社交不安が低下し、これに男女差は検出されないという研究です。

なお、社会不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒人は心臓の拍動音が自分のものかどうか認識できる
↑たとえ自分とほぼ同じ心拍数の人の心臓音でも、心音の自他識別ができるそうです。しかも、弁別判断がどの程度正確か分からなくても(メタ認知が低くても)、心音の自他識別ができるという結果も得られています。

スポンサードリンク

今回は透明人間になっていると錯覚したら人前にでても社会的ストレスや心拍数がそんなに高くならないという研究です。

Guterstam, A., Abdulkarim, Z., & Ehrsson, H. H. (2015). Illusory ownership of an invisible body reduces autonomic and subjective social anxiety responses. Scientific Reports, 5:9831. doi: 10.1038/srep09831.

★概要

○実験1~実験4

実験は全部で4つでした。錯覚の誘発手続きの概要は以下の通りです(これだけでは本当に錯覚が起きるのかどうか信じられないかもしれませんが…)。
自分の身体を下向きに見つめる立位姿勢で実施。ヘッドマウントディスプレイ(HMD,Head Mounted Display:別名は頭部装着ディスプレイ)を頭部に装着。対面には何もないが上の方にカメラが下向きに設置されていました。このカメラの動画には当然のことながら何も映っていないのですが、その空白の映像をHMDを通してリアルタイムで被験者に見せました。3D映像でした。実験者は絵筆で被験者の身体をなぞり、同時に対応する空白の箇所をなぞりました。こうすると、被験者はHMDを通して何もない空間が絵筆でなぞられているのを見ることができるわけです。なお、被験者にはHMDの映像しか見えないようにしたので、自分の本当の身体が見えていません。
さらに細かい錯覚実験の手続きは以下の通りです(読み飛ばしてもらっても理解に支障はない…はずです)。

スポンサードリンク

カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP