ソーシャルサポート提供者の顔写真で恐怖条件づけが成立しにくくなる | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  ソーシャルサポート提供者の顔写真で恐怖条件づけが成立しにくくなる

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、論文アブストラクト(抄録)、序論の一部、実験方法、実験結果だけを読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害になりました。

今回は、日常的に社会的サポートを提供してくれている人の顔写真を対呈示すると、恐怖条件づけの学習が阻害されるという研究です。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒自傷の傷跡が持つ意味
最近の記事2⇒ネット検索の訓練後に検索エンジンへの依存が強まる

Hornstein, E. A., & Eisenberger, N. I. (2017). Unpacking the buffering effect of social support figures: Social support attenuates fear acquisition. PLoS ONE, 12(5): e0175891. doi:10.1371/journal.pone.0175891.

アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校生命科学研究科心理学研究室の研究者2名による共著論文です。

〇方法

最終的にデータ解析に用いたのは20人(女性15人,平均年齢19.70歳)。

実験セッションの前に、参加者には日常的にソーシャルサポート(社会的支援)を一番提供してくれる人を選択し、1~10の範囲でその人からどれくらい日常生活でソーシャルサポートを受けているか評価してもらっていました(平均値は8.60でした)。ソーシャルサポート提供者は親でも友達でもその他の重要他者でもかまいませんでした。選択したソーシャルサポート提供者のデジタル写真を実験セッションの前に研究者の方に送ってもらいました。

実験セッションでは恐怖条件づけを行いました。時計とスツールという中性的な刺激写真を4枚用意(時計が2枚、スツールが2枚)しました。時計もスツールも写真は2種類ありました。獲得中の対呈示方法は時計-ソーシャルサポート提供者、スツール-赤の他人というように対応関係を持たせました。ただし、時計もスツールもどちらか片方の写真がCS+で、もう片方がCS-でした。CS+は電気ショックと対呈示し、CS-は電気ショックの呈示をしませんでした。

恐怖条件づけは馴化、獲得、消去の順に行いました。馴化フェイズでは、電気ショックを与えないで、時計やスツールの写真を3回ずつ見せました。

獲得フェイズでは、実験が始まる前に参加者に送ってもらったソーシャルサポート提供者の顔写真またはソーシャルサポート提供者と性別、年齢、民族をマッチさせた赤の他人の顔写真と時計またはスツールの写真の対呈示を実施。CS+では電気ショックの呈示も実施(強化スケジュールは100%)し、CS-では電気ショックを呈示せず。

獲得フェイズの後に5分間の休憩時間を挿入。休憩時間には飛行機のビデオクリップを視聴。

消去フェイズでは人物写真も電気ショックもなしで、時計、スツールの写真を呈示。

馴化、獲得、消去いずれにおいても写真の呈示時間は6秒で、刺激間間隔は10秒としました。電気ショックの強さは極めて不快だが痛くはない程度に個人ごとに調整しました。

恐怖反応の指標として皮膚コンダクタンス反応(Skin Conductance Response,SCR)を計測しました。

〇結果

馴化時の皮膚コンダクタンス反応(SCR)には、CS+となる予定の刺激とCS-となる予定の刺激で有意差が検出されませんでした。

赤の他人と連合した刺激セットでは恐怖の獲得が生じましたが、ソーシャルサポート提供者と連合した刺激セットでは恐怖が獲得されませんでした。また、赤の他人と対呈示するよりもソーシャルサポート提供者と対呈示する方が恐怖の獲得が成立しずらくなりました。

*恐怖の獲得学習(条件づけ恐怖反応)は、赤の他人、ソーシャルサポート提供者それぞれにおいて、CS+とCS-の比較で評価。なお、刺激セットとは、CS+とCS-の組のこと。

消去で顔写真も電気ショックも除去した初回の試行でも、かつて赤の他人と連合させた刺激セットで条件づけ恐怖反応が有意傾向で高くなりましたが、かつてソーシャルサポート提供者と連合させた刺激セットでは条件づけ恐怖反応が生じませんでした。たとえ、消去で顔写真も電気ショックも除去した初回の試行でも、赤の他人連合条件よりもソーシャルサポート提供者連合条件の方が、条件づけ恐怖反応が弱くなりました。

〇コメント

以上をまとめると、皮膚コンダクタンス反応を指標とすると、

・赤の他人と連合した中性写真では電気ショックによる恐怖条件づけ学習が起こるが、日常生活で最もソーシャルサポートを提供してくれている人の顔写真と連合した中性写真では恐怖条件づけの学習がされない/恐怖の獲得学習がされても弱い

・たとえ、獲得後の消去の初回の試行でソーシャルサポート提供者の顔写真を呈示しなくても、かつてソーシャルサポート提供者との対呈示がされていたら、条件づけ恐怖反応が生じない/弱い


となります。

皮膚コンダクタンス反応上はソーシャルサポート提供者の人物写真があれば、条件づけで恐怖の獲得学習が生じないか、生じたとしても弱くなりました。ただ、指標は皮膚コンダクタンス反応だけでした。恐怖条件づけには皮膚コンダクタンス反応以外にも、US予期、CS-US随伴性の顕在的気づきなど様々な指標がありますが、本論文では報告されていませんでした。したがって、皮膚コンダクタンス反応以外の指標で同様の結果がでるかどうかは不明です(場合によっては、皮膚コンダクタンス反応以外は仮説と一致する結果がでなかったから報告しなかったということもあるかもしれませんが)。

顔写真、電気ショックの呈示を止めた初回の消去試行でもかつてソーシャルサポート提供者と対呈示されていたならば条件づけ恐怖反応が弱まりました。しかし、これはあくまでも消去の最初の試行だけで、それ以降については不明です。

データ解析の対象になった参加者20人中女性が15人と実験協力者の性別に偏りがあったことも、結果の般化性を下げます。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP