マインドフルネスが高い→安静時結合が移ろいやすい→不安が低い | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  マインドフルネスが高い→安静時結合が移ろいやすい→不安が低い

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、論文アブストラクト(抄録)だけ読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害になりました。

今回はマインドフルネスが高いと不安が低いことに、安静時のダイナミックな脳ネットワークの移り変わりが関与しているという研究です。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒ルーチン課題は仕事の活力となる
最近の記事2⇒自傷傾向が高いと自分に見立てた人形にピンを刺しまくる
↑記事2は心理学で攻撃の評価に使われることのある呪いの人形課題(Voodoo Doll Task,VDT)という実験を応用して、自傷傾向を測る課題を開発したというものです。

Marusak, H. A., Elrahal, F., Peters, C. A., Kundu, P., Lombardo, M. V., Calhoun, V. D., Goldberg, E. K., Cohen, C., Taub, J. W., & Rabinak, C. A. (2018). Mindfulness and dynamic functional neural connectivity in children and adolescents. Behavioural Brain Research, 336, 211-218. doi:10.1016/j.bbr.2017.09.010.

アメリカのウェイン州立大学薬理健康科学調剤学研究室&薬学研究室、マウントサイナイ医科大学放射線医学研究室、同医科大学精神医学研究室、ニューメキシコ大学電気情報工学研究室、ウェイン州立大学医学部小児科研究室&精神医学行動神経科学研究室、心研究ネットワーク(Mind Research Network,MRN)、癌と戦う子供センター(Kids Kicking Cancer,KKC)、ミシガン子供病院(Children’s Hospital of Michigan)、キプロスのキプロス大学心理学研究室応用神経科学センター、イギリスのケンブリッジ大学精神医学研究室自閉症研究センターの研究者による論文です。

〇背景と目的

マインドフルネスを向上させる介入は認知や情動的ウェルビーイングに有益だとされます。これは大人を対象とした研究で示されていたのですが、最近では児童青年でも似たような結果が報告されています。しかし、児童青年のマインドフルネスの神経生物学的メカニズムについての理解は進んでいません。そこで、本研究では児童青年のマインドフルネスの背景にある脳科学的メカニズムを調べることを目的としました。

〇方法

参加者は6~17歳の児童青年42名。

マルチエコーマルチバンド撮像によるfMRIを用い、コアとなる神経認知ネットワーク間の安静時結合を調査。安静時fMRIは静的なものと動的(ダイナミック)なものとを解析。動的結合とは、脳結合の時間変動のことです。ここで調べた安静時結合は、顕著性/情動ネットワーク、デフォルトモードネットワーク、中央実行ネットワーク。

〇結果

特性マインドフルネスと安静時静的結合との関連は検出されませんでした。しかし、特性マインドフルネスは安静時の動的結合と関連しました。

マインドフルネスが高い児童青年は、脳の状態が移ろいやすく、特定の結合状態にとどまる時間が短くなりました。また、マインドフルネスが高いと、状態特異的に顕著性/情動ネットワークと中央実行ネットワークの結合が低くなりやすくなりました。

マインドフルネスが高い→脳ネットワークの状態移行数が多い→不安が低いという媒介関係が検出されました。


〇コメント

近年、ダイナミックな脳ネットワークに関する研究が進展しています。2015年12月にオンラインで先行公開された論文(Kaiser et al., 2016)ではうつ病患者の安静時のダイナミックな脳結合を調べていました。それによると、うつ病群は安静時に内側前頭前野とデフォルトネットワーク内の海馬傍回の間のダイナミックな結合が低くなっていました。また、うつ病群でダイナミックな結合が高く、移ろいやすいネットワークも検出され、それは内側前頭前野と島皮質の間の結合でした。この内側前頭前野と島皮質のダイナミックな結合が高いと、最近の反すうレベルが高くなりました。さらに、うつ病が重篤なほど、内側前頭前野と背外側前頭前野のダイナミックな結合が高くなりました。

本研究では、マインドフルネスと安静時の静的ネットワークとの関連は検出されませんでしたが、動的ネットワークとの関連が見いだされました。摂食行動やBMIも安静時の静的結合ではなく、動的結合(ここでは実行制御ネットワークの中心性の時間変動)との関連が報告されています(Park et al., 2018)。このように、ダイナミックな脳結合は静的脳結合とは違った側面をみせることがあり、今後の研究の進展が期待されます。ただ、私の知る限り、ダイナミックな結合に関しては不安症に関する報告が(ほとんど)ありません。毎日論文に接している私の主観ですが、不安症の脳イメージング研究はうつ病や双極性障害、統合失調症などよりも遅れていると感じており、今後の展開が気になるところです。

〇マインドフルネス研究一覧
本ブログ『緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー』より
マインドフルネスのネット版で不安障害を治療
マインドフルネスの遺伝率は32%(16歳)
別のブログ『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』より
マインドフルネスでまなざしから心を読むことが上手になり、共感性も高まる
マインドフルネス瞑想訓練を受けると松葉杖の女性に席を譲るようになる
コンピューター上のやり取りでマインドフルネスは逆効果

〇引用文献(アブストラクトだけ読みました)
Kaiser, R. H., Whitfield-Gabrieli, S., Dillon, D. G., Goer, F., Beltzer, M., Minkel, J., Smoski, M., Dichter, G., & Pizzagalli, D. A. (2016). Dynamic resting-state functional connectivity in major depression. Neuropsychopharmacology, 41(7), 1822–1830. doi:10.1038/npp.2015.352.

Park, Bo-yong., Moon, T., & Park, H. (2018). Dynamic functional connectivity analysis reveals improved association between brain networks and eating behaviors compared to static analysis. Behavioural Brain Research, 337, 114-121. doi:10.1016/j.bbr.2017.10.001.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP