その他の緘黙文献、学会発表等 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »  その他の緘黙文献、学会発表等

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

2017年9月20日(水)~22日(金)を会期として開催予定の日本心理学会第81回大会(会場:久留米シティプラザ)で沈黙が創造性に及ぼす影響を調べた一般研究発表(ポスター)が予定されています。場面緘黙症(選択性緘黙)のことを直接調べた研究ではありませんが、興味深かったので、本ブログでこのポスター発表についてふれておきます。

責任発表者は琉球大学大学院人文社会科学研究科の塩川満理香氏、連名発表者は医療法人福智会福智クリニックの星野菜月氏、琉球大学大学院医学研究科の甲田宗良助教、琉球大学法文学部人間科学科人間行動専攻課程の伊藤義徳准教授です。

塩川満理香・星野菜月・甲田宗良・伊藤義徳(2017). 沈黙が創造性に及ぼす影響 第81回日本心理学会大会発表論文集,
英語表記:Shiokawa, M., Hoshino, N., Koda, M., & Ito, Y. (2017). The Effect of Keeping Silence on Creativity. Proceedings of the 81th Annual Convention of the Japanese Psychological Association,

〇目的

先行研究では、5分間の沈黙中の思考によってアイディア産出課題で独創的な考えが多く思いつくことが示唆されるなど、沈黙が創造性を高める可能性が示唆されていました。今回は「24時間の沈黙が創造的能力の向上に及ぼす影響を検討することを目的とし」ました。また、「従来の創造性検査だけでなく,創造性の礎となる想像力を測定する為,創造的想像力にも着目し,物語作成課題を用いてこれを測定することを試み」ました。

〇方法

スポンサードリンク

2016年3月31日~4月3日、アメリカのペンシルベニア州で開催された全米不安抑うつ協会(Anxiety and Depression Association of America, ADAA)の学会において、場面緘黙症(選択性緘黙)に関する大規模な調査が4件報告されました。順に触れていきましょう。いずれの調査もペンシルベニア州フィラデルフィアのラサール大学の研究者数名と場面緘黙症不安研究治療センター(Selective Mutism Anxiety Research and Treatment Center,SMart Center)のエリザ・シポンブラムドクター(Dr. Elisa Shipon-Blum)による共同研究です。共同研究者の一員であるラサール大学のシャロン・リー・アームストロング(Sharon Lee Armstrong)さん(Ph.D)は聴いた物語を語ったり、絵画に関するストーリーを自分で作り物語る能力が場面緘黙児で低いことを示唆した研究(Klein et al., 2013)でもシポンブラムドクターと論文の共著をされていますね。

なお、今年度の全米不安抑うつ協会の学会のテーマ?は研究、実践、地域社会(コミュニティ)を統合する(Integrating Research, Practice, and Community)ということでした。

○場面緘黙児の併発症/併存症に関する調査(Pantone, Armstrong, Shipon-Blum, Debski, & Steinbeck, L., 2016)

場面緘黙症の専門機関に治療しに来た子供の併発症に関する調査です。場面緘黙総合診断質問票(Selective Mutism Comprehensive Diagnostic Questionnaires,SMCDQs)に親が回答した内容に基づきます。データ収集は2002年から2015年にかけて。サンプルは1,500人より多く、平均年齢は6.7歳。女児が63.5%、白人が76.8%。

一番多い併発症は不安障害(不安症)で25%、次が感覚処理障害?(sensory processing difficulties)の8.1%、その次が自閉症スペクトラム障害(自閉症スペクトラム症)の4.5%になりました。ちなみに、健常発達児では不安障害が15~20%、感覚処理障害?が5%、自閉症スペクトラム障害が1~2%とされるそうです。他の併発症(学習障害・ADHD・うつ病・知的障害・素行障害・双極性障害・強迫性障害)の頻度は0.1%~3.4%となり、すべて健常発達児よりも低かったそうです。

参考記事⇒自閉症持ちの第一度近親者がいる場面緘黙児が約半数(愛)

スポンサードリンク

今回は、場面緘黙症(選択性緘黙)の高校生に声量フィードバックと暴露療法を適用した事例研究です。

Okumura, M., & Sonoyama, S. (2015). Voice volume feedback and in vivo exposure intervention for a high school student with selective mutism. Journal of Special Education Research, 3(2), 55-64. doi:10.6033/specialeducation.3.55.

筑波大学大学院人間総合科学研究科の奥村真衣子氏(心身障害学専攻)と同大学人間系障害科学域園山繁樹教授による共著論文です。本研究は日本学術振興会(Japan Society for the Promotion of Science,JSPS)の科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)から助成金をもらって実施されています。「選択性緘黙を克服した平均年齢は18歳」という記事で取り上げたポスター発表も奥村氏と園山教授による研究でした。

参考記事⇒園山繁樹教授による選択性緘黙の研究概要

○目的

声量フィードバックとin vivo暴露療法(in vivo exposure)という行動療法の技法を用いて、場面緘黙症の高校生に対する介入を大学カウンセリングとコミュニティ生活場面で検証すること。合わせて不安レベルの低下と場面緘黙症状の低下の関係を探ることも目的としました。

スポンサードリンク

カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP