2015年05月 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »  2015年05月

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

NHKの福祉ポータル「ハートネットTV」において2015年5月28日(木)夜8時から生放送で場面緘黙症が特集されました。これはWEB連動企画“チエノバ”というものの一環です。主な司会進行役は山田賢治アナウンサーですが、フリーアナウンサーの久保純子さんと評論家でニュースサイト「シノドス」の編集長の荻上チキさんもコメンテーターとして主演されています。再放送は6月4日(木)午後1時5分から始まります。

私はこの番組を生で見ましたが、あやふやな記憶に基づいて記事を執筆するのは信条に反しますし、これに関連した「ある作業」に忙しかったので、記事にすることは控えていました(「ある作業」の詳細は本記事の後半で明らかにされます)。しかし、インターネット上でハートネットTVの動画が公開されていたので、それに基づき内容を振り返ってみたいと思います。なお、このハートネットTVの動画に関しては著作権法違反の可能性があり、あまり大っぴらにするのはためらわれる類のものです。

○背景

3年前からハートネットに場面緘黙症を取り上げてほしいという要望が寄せられていました。そこで、番組ディレクターが場面緘黙症に関する投稿を募集したところ、カキコミが寄せられました。(場面)緘黙症に関するカキコミは現時点(2015年5月30日早朝)で202件です。この数字が少ないのか多いのかどうか緘黙トピックだけを見ると判断できないのですが、他のカキコミテーマの投稿数と比べると(場面)緘黙症のカキコミ数は比較的(というか、かなり)多いことが分かります。

スポンサードリンク

2015年5月17日(日)に放送されたNHKのバリバラというテレビ番組で場面緘黙症(選択性緘黙症)に関する説明がでてきました。この話は以前からTwitterでちらっとでていたのですが、私はテレビを見ていませんでした。しかし、インターネット上にバリバラの動画がアップされ、実際に確認しました。たしかに場面緘黙症がでてきます。しかもテロップつきです。テロップでは「場面かん黙症」という表記になっています。

バリバラはNHK教育テレビジョン(NHK Eテレ)で放送されているテレビ番組です。バリバラはバリアフリーバラエティーの省略表記になります。

5月17日のバリバラはテーマが「恋愛」ということで、内容は障害者の恋愛の悩みに関するものでした。MCは義足のスプリンターの大西瞳さんと松本ハウスの松本キックさんでした。再放送は5月22日(金)(木曜深夜)から行われました。

「恋のお悩み相談」というコーナーで場面緘黙症の経験者でうつ病のメリーさんからの「わたしの悩みは彼氏ができてもうつがあるから 夜 気分がしずんで連絡が取れなくなり自然消滅してしまいます どうしたらよいでしょうか?」という相談がありました。動画だと22分47秒からになります。最初の内は場面緘黙症の経験者であることは明かされないのですが、後に開示されます。


*NHKの許可がある動画かどうかは分かりませんから、後に削除される可能性があります。たとえ違法にアップロードされた動画でも視聴自体は違法ではないと某雑誌に書かれていと記憶しています(雑誌の名前は忘れました)が、やはり著作権法違反の可能性のある動画の視聴はできるだけ慎みたいものです(←ブログに動画を埋め込んでいるので、説得力なし)。

スポンサードリンク

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(論文要旨)を読んだ、社交不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社交不安(障害)なのかというと、場面緘黙児(選択性緘黙児)は社交不安(社会不安)が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を合併していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会が発行するDSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き第5版)では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は社交不安障害の人は複数のネガティブ感情を区別するのが苦手という研究です。

なお、社交不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒自己制御のコスト(負の側面)
↑自己制御(セルフコントロール)とは自分の感情や行動を統制する能力のことです。特に「遅延割引」の研究では自己制御とはすぐにもらえる小さな報酬(即時小報酬)を我慢し、将来もらえる大きな報酬(遅延大報酬)を獲得することと定義されます。

スポンサードリンク

カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP