不安の一因は選択的注意の歪み | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安と注意バイアス  »  不安の一因は選択的注意の歪み

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

今回は不安と選択的注意の因果関係の立証を目論んだ研究です。不安が高い人には脅威となるものから注意を逸らすことが苦手だったりするわけですが、それはあくまで相関関係にすぎず、因果関係にまでは踏み込めていませんでした。この研究は、実験的に子どもの注意を歪めさせて不安症状を発現させているので、貴重な文献と判断し読んでみました。

Eldar, S., Ricon, T., & Bar-Haim, Y. (2008). Plasticity in attention: Implications for stress response in children. Behaviour Research and Therapy, 46, 450-461.

★概要

実験群:7-12歳で不安レベルが普通の子どもが参加しています。「dot-probe課題」を使用し、子どもの注意バイアスを操作しています。具体的には、怒りの表情に注意を向けさせる群と無表情な顔に注意を向けさせる群とを設けています。

ストレス反応:両群に時間内に解決不可能なパズルを解かせ、その様子をビデオに記録(ストレッサー)しています。パズル中の子どものストレス反応(具体的な行動)とパズル後のうつ/不安尺度(コンピュータ上での質問)を指標としています。

結果:期待通り、怒りの表情に注意を向けさせた子どもたちに注意バイアスが形成され、無表情な顔に注意を向けさせた子どもでは、怒りの表情から注意をそむけるバイアスは形成されませんでした。パズル(ストレス)課題後のうつは両群で認められましたが、不安は怒りの表情に注意バイアスが形成された子どもにのみ有意に大きくなりました。これはうつ/不安尺度だけでなく、具体的な行動観察でも認められました。

★コメント

本論文によれば、注意を歪ませることで不安レベルが正常な人に高い不安を与えるのに成功した文献は少ないそうです。しかもそのほとんどが大人を対象にしたもので、今回のように子どもが参加した研究はありませんでした。この意味で先駆的な研究といえますし、子どもが対象となっているので緘黙症を考えるうえでも参考になるはずです。

もっとも、不安レベルが正常な子どもを対象としているので、今回の結果がどの程度「不安障害」の子どもたちに当てはまるかは断言できません。他の要因で不安が高まり、注意バイアスが形成/維持され不安が固定化されることもあるでしょう。事実、長期的な影響は本研究では見いだされなかったのですから。

また、ストレス状況にあって初めて注意バイアスの効果(不安)が引き起こされた点に注意する必要があります。さらに、不安障害の一因に注意バイアスがあるとしても、そのバイアスはどの程度先天的なもので環境の影響はどれくらいなのか?仮に遺伝と環境がともに関わってくるとしても、具体的にどの遺伝子(環境)が重要なのか?といった問題があります。

実験デザインなど数々の限界はあるものの、不安レベルが正常な子どもでも注意バイアスを形成させることで、ストレスに脆弱になる可能性を示した点が魅力的です。今後、注意バイアスがどのように不安の形成や維持に関わってくるのか解明されるでしょう。

関連記事⇒注意バイアスでCyberballによる社会的排斥で不安が高まりやすくなる

○緘黙との関係について

今回の研究に携わったテルアビブ大学(イスラエル)のYair Bar-Haim教授は場面緘黙に関する研究を発表されたこともあります。それだけに、もしかしたら今後Bar-Haim教授が場面緘黙児に注意バイアスがあるかどうか調べてくれるかもしれません。

一方、日本での場面緘黙症に関する研究は認知的な側面に対するアプローチが全くと言っていいほどないのが現状です。選択的注意の他にも感覚・言語能力・実行機能・ワーキングメモリ・心の理論といった能力を標準的な心理学課題で調べてみるという機運が盛り上がることを望んでいます。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP