緘黙をテーマにした作品がNHK大学放送コンテストで優勝 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   緘黙ニュース、緘黙情報  »  緘黙をテーマにした作品がNHK大学放送コンテストで優勝

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

場面緘黙症を克服した学生を題材とした作品が2012年度第29回NHK大学放送コンテスト(通称Nコン)で優勝しました。札幌学院大学放送研究会の努力が報われた格好です。

NHK大学放送コンテストのHPによれば、コンテストは「各大学・短期大学の日頃の放送活動・制作活動の成果を発表する場」で「学生自身の手で企画・運営を行って」いるそうです。第29回コンテストでは7部門(ラジオドラマ部門・音声CM部門・映像CM部門・Live部門・アナウンス部門・朗読部門・映像番組部門)で行われ、その内の映像番組部門で緘黙作品が優勝を収めました。 

12月8日、立命館大学で開催された本選で見事優勝を手にした作品のタイトルは『~想い かける~』です。この作品は札幌学院大学に通う方の場面緘黙症克服物語となっています。私があれこれ書くよりも放送研究会のコメントを読んでいただいた方が分かりやすいと思いますので、HPからコメントを引用します。

引用~【放送研究会からのコメント】~

今回制作した『~想い かける~』という作品は、札幌学院大学に通う大橋伸和さんを題材にしたドキュメンタリー作品です。大橋さんは、13年間に及ぶ場面緘黙症を克服した方です。場面緘黙症とは、家庭などでは話すことができるのに、幼稚園や学校など、話さなければならない特定の場面や状況になると声が出せなくなる状態のことを言います。その場面緘黙症を克服した大橋さんに光を当て、13年前の様子や初めて話せるようになった当時を知る方、大学の友人や教授にお話を伺い、大橋さんの「変化」に焦点を絞った作品です。この作品を見て「人ってこんなに変われるんだ」と感じてもらえれば幸いです。

~引用終わり~
札幌学院大学放送研究会の今後の活躍に期待しましょう。

追記:2013年1月10日の北海道新聞に『~想い かける~』の制作者、丼渓公輝さん、遠藤清明さん、出村拓也さんと元場面緘黙でひきこもりから脱出した大橋伸和さんの記事が記載されました。

参考記事⇒北海道新聞で緘黙克服、ひきこもり脱出がテーマの作品を紹介

追記(2014年1月1日):2013年12月21日(土)の読売新聞朝刊に大橋伸和さんが登場する記事が掲載され、オンライン版のYOMIURI ONLINEにも公開されました。

参考記事⇒元場面緘黙の大橋伸和さんが登場する記事が読売オンラインに

○参考サイト(2012年12月31日現在)

札幌学院大学の放送研究会

http://www.sgu.ac.jp/campuslife/club/culture/do050b000000062q.html

NHK全国大学放送コンテスト

https://www.nhk.or.jp/kyoto/dnc/index.html

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP