不安が強い人は恐れの表情を見た時間を長く感じる | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安と表情認知(表情認識)  »  不安が強い人は恐れの表情を見た時間を長く感じる

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

今回は、特性不安が高い人は恐れの表情をした顔の呈示時間を長く感じるというお話です。

Bar-Haim, Y., Kerem, A., Lamy, D., & Zakay, D. (2010). When time slows down: The influence of threat on time perception in anxiety. Cognition & Emotion, 24, 255-263.

★概要

高不安群29名(女性24名)と低不安群29名(女性21名)が実験に参加しました。全員学生で、平均年齢は約22歳でした。

群分けはSpielbergerらのState-Trait Anxiety Inventoryにおける特性不安の得点により行いました。
時間感覚を測定する課題はtime reproduction taskを用いました。この課題では、恐れの表情または無表情を見せ、その時間を推定してもらいました。後にコメントで述べるように、prospective(予測的)な実験で、あらかじめ被験者に時間を推測してもらうことを知らせておきました(教示)。

表情の呈示時間は2秒、4秒、8秒のいずれかをランダムに用いました。スペースバーを押してもらうことで時間を報告してもらいました。

これだと、言語的に考える人も出現しそうですが、そうならないように工夫(顔の記憶を要求、時間をカウントしないように教示)をこらしています。ただし、その工夫が功を奉したかどうかは不明です。

結果、高不安群は恐れの表情(無表情との比較)の呈示時間を有意に長く感じたのに対し、低不安群は短く感じる傾向にありました。ただし、これは呈示時間が2秒の場合で、群間の差異は呈示時間が4秒・8秒になると、消失しました。

不安の高低や表情に関わらず、被験者は2秒条件、4秒条件で実際よりも時間を長く感じ、8秒条件で短く感じました。

★コメント

attentional gate model(AGM:注意ゲートモデル)が云々という議論がありますが、予備知識がなくても読めます。

2秒の場合だけ有意差が出現したとの報告は注意バイアスの知見とも関係しそうです。注意バイアスは表情などの刺激呈示時間が短い時だけ生じるのです。たとえば、幼少期に抑制気質が高かった青少年は顔が0.5秒の呈示時間の場合だけ、怒りの表情に対する注意バイアスを示し、1.5秒では示さないとする研究(Pérez-Edgar et al., 2010)などがあります。

研究グループは、覚醒水準が高いと時間を過剰評価するため、4秒・8秒条件で群間の差異が検出できなかった理由を刺激への慣れや覚醒水準の制御により説明していますが、あくまで推測です。今後、生理学的指標をとってみる必要があります(この点に関しては論文中でも言及があり、私も同感です)。

本論文によれば、あらかじめ被験者が時間を推定しなければならないことを知っているprospective(予測的)な条件と事前に知らされないで推測させるretrospective(過去の)条件では異なる認知メカニズムが機能しているそうです(詳しくは本文を参照のこと)。

本研究はprospectiveな時間推定課題です。

実験参加者は女性が大半なので、男性にも般化できるかどうかは分かりません。

論文タイトルや本文中でtime slows down(時間がゆっくり流れる)という表現を何度か目にしますが、スペースバーを指で押す報告形式で主観的時間が長い=主観的に時間の経過が遅く感じると断じていいものかどうか私にはわかりません。

もしも、社交不安障害(社会不安障害)や場面緘黙症の人の時間感覚も本結果と同じ歪みがみられるのだとしたら、それが認知行動療法(CBT)や抗不安薬で改善されるのだろうか、気になります。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP