福島県教育センターが頻繁に緘黙を報告していた | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   検索すると緘黙文献がヒットする大学機関等  »  福島県教育センターが頻繁に緘黙を報告していた

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

事実誤認のため、2013年6月27日にタイトルを含め部分的に書き改めました。

福島大学がふくしま教育情報データベースをホームページ上に公開しています。その中に、『教育福島』や『福島県教育センター所報』(第1号から第5号)、『福島県教育センター所報ふくしま』(No.6からNo.154)などが収録されています。それらの中で、20世紀後半期に、緘黙が相次いで報告されていました。

『教育福島』は1975年(昭和50年)から2000年(平成12年)にわたって発行された教育資料です。『福島県教育センター所報』は1971年(昭和46年)6月から1972年(昭和47年)3月までの5号が所報として発刊されていました。しかし、1972年6月から所報ふくしまと改名し、2008年6月のNo.154まで公刊を継続していました。

とても私の手におえる量ではないので、ここではGoogle検索へのリンクを設定し、目についたページを取り上げるだけにします。

ふくしま教育情報データベースで緘黙と検索(Google)

ふくしま教育情報データベースで"かん黙"と検索(Google)

ふくしま教育情報データベースで"かんもく"と検索(Google)

以下、先頭の番号は参考URL資料の1. 2.にそれぞれ対応

1.福島県教育センター所報第4号によれば、1971年の時点ですでに初歩的なスモールステップの治療が推奨されています(実際に行われたのかどうかは不明)。

2.昭和53年度(1978年)4月1日から翌年の3月31日にかけて、すでに「場面緘黙」の相談が教育センターに寄せられていることがわかります。幼児から教員まで全体としての相談件数は33件と全965件中、約3.42%を占めています。特に小学生の場面緘黙で相談が多く28件です。小学生全体の相談数は287件ですから、約9.76%を占めていることになります。

小学生に限ってみると、相談件数の第一位が登校拒否(102件)、第二位が吃音(52件)、第三位が自閉症(30件)、そして第四位が場面緘黙(28件)です。

ただし、当時の診断基準が現代とは違うことも考慮しなければなりません。

それにしても、福島県教育センターで1970年代からこれだけの緘黙児の事例、指導報告がされていながら、全国に広がっていかなかったのはなぜなのでしょうか?

参考URL(2013年6月26日現在)

ふくしま教育情報データベース

http://is2.sss.fukushima-u.ac.jp/fks-db/

1. 伊藤武司(1971). 緘黙(かんもく)(学校では口のきかない子). 福島県教育センター所報, 4, 20.

http://is2.sss.fukushima-u.ac.jp/fks-db/txt/60000.shohou/00004/html/00020.html

2.著者不明(1979). 教育センターから 昭和53年度の教育相談をかえりみて. 教育福島, 41, 38-39.

http://is2.sss.fukushima-u.ac.jp/fks-db/txt/47000.kyouiku_fukushima/00041/html/00039.html

●その他、目についたもの

佐藤弘幸(1980). <教育相談>学校で口をきかない子供(場面鍼黙児)の援助指導-事例研究を試みて-. 福島県教育センター所報ふくしま, 47, 13-14.

http://is2.sss.fukushima-u.ac.jp/fks-db/txt/60000.shohou/00047/html/00013.html

著者不明(1993). 場面かん黙のために集団不適応に陥った児童の事例. 福島県教育センター所報ふくしま, 108, 28-30.

http://is2.sss.fukushima-u.ac.jp/fks-db/txt/60000.shohou/00108/html/00028.html

星正・佐藤守男(1974). 長欠児童・生徒 かん黙児童・生徒の治療的指導に関する研究. 福島県教育センター研究紀要, 15, 1-22.

http://is2.sss.fukushima-u.ac.jp/fks-db/txt/60000.kiyou/kiyou_015/index.html

星正・佐藤守男(1974)は「緘黙児の出現率、重篤度別の分布、兄弟構成など」というタイトルで記事にしました。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP