抑制気質だった大人で扁桃体と島の結合が強い→内在化問題 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   行動抑制の論文  »  抑制気質だった大人で扁桃体と島の結合が強い→内在化問題

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

ハーバード大学名誉教授のJerome Kagan氏が提唱した行動抑制。複数の研究成果を同時に分析するメタ分析によれば、乳幼児期の行動抑制は社交不安障害のリスクを7.59倍高めるといわれています(Clauss et al., 2012)

しかしながら、行動抑制児のすべてが成長してから何らかの精神的問題を抱えるわけではなく、他因子の同定が必要です。その1つが注意バイアスです。

関連記事⇒行動抑制+注意バイアス=ひきこもり

これまで、不安が高い人や社会的ひきこもり(social withdrawal)の人で注意バイアスを調べた研究はありました。しかし、本論文の筆者によると行動抑制の経歴を持つ人の注意バイアスを神経科学的に探究した研究はこれまでありませんでした。

そこで乳幼児期に行動抑制が認められた人が成人してから注意バイアスを計測した研究が実施されました。

なお、ここでいう社会的ひきこもり(social withdrawal)とは厚生労働省が定義するひきこもり(hikikomori)とは違います。

また、Jerome Kagan教授による行動抑制という概念についてはこちらをご覧ください⇒行動抑制の概念 by Jerome Kagan

*注意:Jerome Kagan教授の行動抑制と似た名前の概念として、Grayが提唱した行動抑制系(Behavioral inhibition system:BIS)というものがあります。Jerome Kagan教授の行動抑制とGrayの行動抑制系は別概念です。Grayの行動抑制系に関しては「トリプトファン枯渇で脅威に対する扁桃体/海馬の反応が増強」や「Grayの行動抑制系と前頭前野における脳波の非対称性」という記事をご覧ください。

Hardee, J. E., Benson, B. E., Bar-Haim, Y., Mogg, K., Bradley, B. P., Chen, G., Britton, J. C., Ernst, M., Fox, N. A., Pine, D. S., & Pérez-Edgar, K. (2013). Patterns of neural connectivity during an attention bias task moderate associations between early childhood temperament and internalizing symptoms in young adulthood. Biological Psychiatry, 74(4), 273-279.

★概要

14ヶ月齢から7歳まで継続的に行動抑制が高かった子どもとそうでなかった子どもが参加しました。行動抑制は行動評価と母親の報告により評価しました。最終的にデータ分析に用いたのは行動抑制が高かった人21名、行動抑制が低かった人23名(計44名)でした。

子どもが約20歳になってから、内在化症状(不安や抑うつ)の評定とDot-probe課題を行いました。

内在化症状は成人被験者に質問紙に回答してもらうことで得点化しました。尺度はManual for the Young Adult Self-Report and. Young Adult Behavior Checklist(Achenbach, 1997)を用いました。

Dot-probe課題で注意バイアスを計測しました。

Dot-probe課題では被験者に2つの表情を左右に並べて同時に見せます。次に左右のどちらか一方だけに2つのドットが表示されます。2つのドットの並びには垂直と水平の2種類あり、その種類を回答させます。その際に回答にかかった時間を計測します。

もしも、被験者が一方の表情に注意を向けていたのなら、そちらにドットが呈示された方が、素早く回答できるはずです。逆に、注意を向けていなかった表情と同じ位置にドットが現れたら、回答するのに手間取るはずです。

このようにして、注意バイアスを定量化してやるのがDot-probe課題というやつです。

用いた表情のペアは1.無表情-無表情 2.怒った表情-無表情 3.幸せな表情-無表情でした。ペアとなる表情はすべて同一人によるものでした。ここでは、-はマイナスではなくペアを意味します。

表情ペアの呈示時間は500ミリ秒にしました。

Dot-probe課題中にfMRI(機能的磁気共鳴画像法)によって脳活動を計測しました。

結果、注意バイアス得点に関しては、幼児期に行動抑制傾向のあった成人とそうでなかった成人の間に有意差は検出されませんでした。怒った顔でも幸せな顔でも有意差を見出せませんでした。

しかし、fMRIでは幼児期に行動抑制傾向のあった成人の方がそうでなかった成人よりも怒った表情-無表情条件で前頭葉-扁桃体の機能的連携が負でした(無表情-無表情が統制条件)。

なお、ここでの前頭葉-扁桃体は背外側前頭前野-扁桃体と島前部-扁桃体の2つを指します。

これは幼児期に行動抑制が高かった成人で、無表情-無表情条件において前頭葉-扁桃体の機能的連携が正なのに、怒った表情-無表情条件では負の機能的結合を示していたことに起因していました(幼児期に行動抑制が低かった成人では有意な機能的結合なし)。

機能的連携が負ということは前頭葉が活性化している状態が扁桃体が不活発になっている状態と同時に起こる、または前頭葉が不活発な状態が扁桃体が活性化している状態と同時に生じる傾向が高いことを意味します。

幼児期の行動抑制得点が高いほど、機能的結合(背外側前頭前野-扁桃体と島前部-扁桃体)が負でした。もちろん怒った表情-無表情条件 vs. 無表情-無表情条件の比較です。成人期に回答してもらった内在化問題が深刻なほど背外側前頭前野-扁桃体の機能的連携が負でした。島皮質-扁桃体は有意でありませんでした。

乳幼児期に行動抑制が高かった成人は扁桃体-島皮質の負の機能的結合が強ければ、内在化問題が深刻でした。

幸せな表情-無表情に関しては、全脳補正を行うと行動抑制が低かった成人は行動抑制が高かった成人よりも扁桃体-前頭葉後部の機能的結合が強い結果となりました(無表情-無表情が統制条件)。

★コメント

幼いころの行動抑制は「成人期における」新奇な顔を見ている時の扁桃体の過活動と関連する(Schwartz et al., 2003)のですが、今回は注意バイアスを計測する課題中の扁桃体-背外側前頭前野/扁桃体-島皮質前部における負の機能的結合と関連する結果となっています。

扁桃体反応そのものに有意差は検出されなかったため、乳幼児期の行動抑制は成人期の注意バイアス課題中の扁桃体活動には影響を与えないと考えられます。しかし、その他の課題では影響します。

たとえば、2歳での行動抑制が新奇な顔に対する扁桃体の活動に影響を与える(Schwartz et al., 2003)幼児期から成人期に抑制気質だった大人は既知の顔に対する扁桃体の活動が高いまま(Blackford et al., 2011)幼児期から成人期に抑制気質だった大人は新奇な顔に対する扁桃体の反応が早く、既知の顔でも扁桃体活動が大きく、長く持続する(Blackford et al., 2009)といった研究は注意バイアスの研究とは違った性質を持ちます。

ただし、たとえ幼児期に行動抑制が強かったとしても、成人期において注意バイアス課題における扁桃体-島皮質の負の機能的結合が弱ければ、不安や抑うつといった内在化問題(抑うつや不安)が低いということを本研究は示しました。実際に、脳活動を考慮しなければ、幼児期の行動抑制得点と成人期の内在化問題(自己報告)の間には有意な相関関係が検出されませんでした。

乳幼児期の抑制気質が怒り表情に対する注意バイアス(約15歳)と組み合わさって他者との交流が少ないひきこもり状態(思春期)のリスクを高めるとの研究(Pérez-Edgar et al., 2010)と考え合わせると抑制気質に対する対策が立てられるかもしれません。

Granger causality(グレンジャーの因果性テスト)なるもので機能的結合の強さと方向性に与える脳領域を同定しようとしたようですが、グレンジャーの因果性テストが登場した論文を読むのは初めてで解釈が難しいです。しかも、グレンジャーの因果性テストでは扁桃体との連携ではなく、背外側前頭前野-島皮質との連携で有意になっています(行動抑制が高かった成人のみ)。

ただ、論文にはグレンジャーの因果性テストにより、幼児期に抑制気質があった成人は背外側前頭前野から島皮質への情報伝達が強いことが分かったと考察されています。そして扁桃体と背外側前頭前野は解剖学的には密接な連結がないことから、背外側前頭前野→島皮質→扁桃体という経路があるかもしれないという考察が展開されています。

○問題点

IQが平均的に110以上と高く、IQが低い人でも同じ結果が得られるかどうかは不明です。

課題の正解率が低いなどの理由でデータ分析から除外した人が12名いました。データ分析に用いた44名と用いなかった12名は性別、IQ、行動抑制得点で有意差が検出されませんでした。また、Dot-probe課題の練習は24試行でした。被験者の特性に差が見出せなかったとはいえ、もしかしたら、練習試行だけでは習熟できなかった人達が分析から除外されたのかもしれません。つまり、不器用な人のデータが選択的に捨てられた可能性もあります。

もっとも、データ分析から除外されたのは幼児期の行動抑制が高かった成人で5名、行動抑制が低かった成人で7名ですから、被験者の不器用度が結果に影響した可能性は低いように思われます。

小児期に抑制気質でなかった子は「行動抑制得点」がマイナスでした。もしかしたら、本結果は行動抑制だった人が異常だったために生じたのではなく、行動抑制でなかった人の異常性が一因かもしれません。

乳幼児期に抑制気質が高かった人は低かった人と比較して、約16歳に成長すると脳の報酬系である「側坐核」が金銭報酬に対して活発に反応するとの研究成果(Bar-Haim et al., 2009)もあり、行動抑制は単に新奇な刺激(人、音、場所など)を恐れるというだけではないことに注意すべきです。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP