精神疾患を脳イメージングで診断できる時代へ(日本の研究) | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   緘黙症の脳科学的考察  »  精神疾患を脳イメージングで診断できる時代へ(日本の研究)

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

以前、「精神疾患を脳イメージングで診断できる時代へ(海外の研究) 」という記事で主要な精神疾患、発達障害を脳イメージング技術で鑑別診断できたという研究を海外を中心に紹介しました。実は日本でも同種の研究は行われていています。今回は日本編です。

なお、精神疾患、特に大うつ病への認知行動療法、薬物療法の影響は脳イメージングで予測可能です(追記:2014年1月8日)。

参考記事⇒認知行動療法や薬物療法の効果を脳イメージングで予測できる時代へ

○海外の研究(復習)

うつ病や双極性障害(躁鬱病)、自閉症スペクトラム障害、アスペルガー症候群、アルコール依存症(アルコール中毒)、コカイン依存症、社交不安障害(社会不安障害)に関しては、脳イメージング技術により90%以上の精度で患者と健康な人の識別、あるいは別の疾患/症状との鑑別まで可能であるという研究成果がありました。

特に、自閉症スペクトラム障害や社交不安障害に関しては場面緘黙症との関係から脳画像による診断技術の発達が望まれます。

○日本の研究

2013年に国立精神・神経医療研究センターの太田深秀らのグループが拡散テンソル画像法(diffusion tensor imaging、DTI)というMRI技術を用いて、統合失調症の女性患者とうつ病の女性患者を8割の正確性で鑑別診断したとの研究成果を発表しました(Ota et al., 2013)。

特に目を引くのが、東京大学大学院医学系研究科の滝沢龍助教授と笠井清登教授、群馬大学大学院医学系研究科の福田正人教授、国立精神・神経医療研究センター病院の野田隆政精神科医長らによる研究(Takizawa et al., in press)です。

滝沢龍助教授らの研究は、病院に通っている673名の患者(大うつ病性障害、双極性障害、統合失調症)と1,007名の健康人が参加した大規模なものです。それも1か所の病院ではなく、日本全国7施設の病院が共同して実施しました。双極性障害と統合失調症に関してはうつ症状を伴う患者さんに協力してもらいました(その理由は後ほど)。

Takizawa et al.(in press)は言語流暢性課題中の脳活動を、近赤外線分光法(NIRS:near-infrared spectroscopy)という方法で計測しました。そしてその脳機能データに基づき、大うつ病性障害とうつ症状のある双極性障害/統合失調症を8割近い精度で鑑別することに成功しました。具体的には大うつ病性障害と臨床診断された患者の約74.6%、双極性障害もしくは統合失調症と臨床診断された患者の約85.5%を鑑別することができました。それも7施設すべてにおいて、です。

なお、NIRSとは生体を透過しやすい近赤外光を用いて酸素化ヘモグロビン状態を計測し、脳活動を定量化する脳イメージング法です。NIRSは光トポグラフィとも呼ばれます。

うつ症状の治療の過程で、大うつ病性障害だと思っていた患者が実は双極性障害や統合失調症であることが判明することがあります。これは、精神疾患の中で共通して起こることの多い「うつ症状」を本物の大うつ病性障害と鑑別する難しさを物語っています。

これで、双極性障害「もしくは」統合失調症と書いた理由が分かりますね。問題なのはうつ症状を伴う双極性障害もしくは統合失調症と大うつ病性障害の鑑別なのです。

これら日本の研究は日本語の解説がありますから、興味のある方は読んでみてください(本記事最下部の参考URL参照)。

○引用文献(要約だけ読みました)

Ota, M., Ishikawa, M., Sato, N., Hori, H., Sasayama, D., Hattori, K., Teraishi, T., Noda, T., Obu, S., Nakata, Y., Higuchi, T., & Kunugi, H. (2013). Discrimination between schizophrenia and major depressive disorder by magnetic resonance imaging of the female brain. Journal of Psychiatric Research, 47(10), 1383-1388.

Takizawa, R., Fukuda, M., Kawasaki, S., Kasai, K., Mimura, M., Pu, S., Noda, T., Niwa, S. I., & Okazaki, Y.(in press). Neuroimaging-aided differential diagnosis of the depressive state. Neuroimage, doi:10.1016/j.neuroimage.2013.05.126.

○参考URL(2013年9月6日現在)

以下の2つは独立行政法人国立精神・神経医療研究センターHP内のものです。

MRI画像を用いた統合失調症とうつ病の鑑別方法を開発

http://www.ncnp.go.jp/press/press_release130716.html

「うつ症状を呈する精神疾患の鑑別診断を補助する検査の有用性を確認」―簡便な神経画像計測、光トポグラフィー検査を用いた多施設共同研究―

http://www.ncnp.go.jp/press/press_release130617.html

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP