情事の翌日は社交不安が低くなる | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(社会不安)に関する興味深い研究  »  情事の翌日は社交不安が低くなる

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(論文要旨)、研究方法、結果だけを読んだ、社交不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社交不安(障害)なのかというと、場面緘黙児(選択性緘黙児)は社交不安(社会不安)が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を合併していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会が発行するDSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き第5版)では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は情事の翌日は社交不安が低いという研究です。他にも様々な結果が得られています。不快に思われる方は読まないでください。

なお、社交不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒怒り・罪悪感イベントの反すうで出来事が最近起こったように感じられる
↑反すうとは簡単に言ってしまえばネガティブな出来事を繰り返し繰り返し考えることですが、必ずしも研究者の間で意見が一致しているわけではありません。怒りだと反すう→接近動機づけ→時間的距離感の短さ、罪悪感だと反すう→鮮明さ→時間的距離感の短さという媒介関係が見いだされました。

Kashdan, T. B., Adams, L. M., Farmer, A. S., Ferssizidis, P., McKnight, P. E., & Nezlek, J. B. (2014). Sexual Healing: Daily Diary Investigation of the Benefits of Intimate and Pleasurable Sexual Activity in Socially Anxious Adults. Archives of Sexual Behavior, 43(7), 1417-1429. DOI:10.1007/s10508-013-0171-4.

アメリカのジョージ・メイソン大学心理学部、ウィリアム・アンド・メアリー大学心理学部、ポーランドの社会人文科学大学(University of Social Sciences and Humanities)ポズナン学部の研究者らによる合同研究です。

●概要

○方法

最終的なサンプルは172人の大学生(女子大生が133人、平均年齢23.5歳)。二股をかけていない恋愛関係にあったのが59%。恋人関係になってからの期間は1か月未満~5年以上まででばらばら。性的志向性はほとんどが異性愛者でしたが、ホモセクシャルやバイシェクシャルの人もいました。

オンライン調査の期間は3週間。統計的分析は時差分析(Time-lagged analyses)。

↓本格的な調査の前に使用した尺度(質問紙)
特性社交不安:社会的相互作用不安尺度(Social Interaction Anxiety Scale:SIAS)
関係親密性:IOS尺度(Inclusion of Other in the Self Scale)

*IOS尺度とは2つの円の重なり具合で対人的親密性を測る尺度のことです。IOS尺度は恋人がいる人にだけ回答してもらいました。

就寝前に回答したのは性的親密性に関する出来事の有無に関する質問とその種類について。オルガスムス(オーガズム)の有無や快感レベルも調査。情事中に感じたパートナーに対する親密度もIOS尺度で質問。それから日常生活での社交不安と社会的比較について。

*社会的比較とは他者との比較という意味です。つまり他者と比較して劣っていると感じているか優れていると感じているかということです。わざわざ難しい言い方をしたのは社会心理学者のレオン・フェスティンガーによる社会的比較理論(social comparison theory)というものがあるからです。

○結果

3週間の期間で1回以上情事をしたのは101人(女性は78人)でした。平均日数は6.37日。性的活動をした人としなかった人とで性別、年齢、人種/民族、特性社交不安に有意差はありませんでした。

夜の営みをした日の社交不安を統制すると、情事をした翌日の社交不安が低くなりました。これは特性社交不安の高低に依存しませんでした。また、夜の営みの翌日はネガティブな社会的比較(他者より自分の方が劣っているという知覚)が少なくなりました(特性社交不安による調整なし)。

一方、社交不安や社会的比較は翌日の情事を予測しませんでした。

特性社交不安が高い人では性的活動中のつながり感覚(親密性感覚)が高いと翌日の社交不安が低くなり、ネガティブな社会的比較が少なくなりました。一方、特性社交不安が低い人ではつながり感覚が強いほど翌日の社交不安が高くなりましたが、有意傾向にとどまりました(ネガティブな社会的比較への影響は有意でない)。

また、特性社交不安が高い人では性的活動が気持ちよかったほど翌日の社交不安が低くなりました。一方、特性社交不安が低い人では快感は翌日の社交不安を予測しませんでした。

オルガスムスでは翌日の社交不安を予測できず、快感・オルガスムスはネガティブな社会的比較を予測しませんでした。社交不安や社会的比較は翌日の気持ちよさやオルガスムスを予測しませんでした。

以上の結果に性別による違いはありませんでした。また、恋人の有無は社交不安および性交渉が翌日の社交不安やネガティブな社会的比較に与える影響とは関係ありませんでした。さらに、恋人関係の親密性が高いほど社交不安が低かったのですが、親密性は性的活動が翌日の社交不安やネガティブな社会的比較に与える影響とは関係ありませんでした。さらに情事が行われたのが平日か週末かも何の関係もありませんでした。

●コメント

○ネズミ(齧歯類)でも似たような結果

実は動物実験でも同じような結果が報告されています。プリンストン大学の心理学部と神経科学研究所が発表した論文(Leuner et al., 2010)によれば、オスラットは交尾をすると、コルチコステロン濃度が高まり、海馬の神経新生が増加します。長期的には、樹状突起や樹状突起棘が成長し、不安様行動も減少します。

不安と書かずに不安様行動と書くのは、ラットは言語的報告ができず、行動から不安レベルを推し量るしかないからです。ちなみに、不安様行動の測定に用いた課題は新規性抑圧食餌テスト(NSF試験:novelty suppressed feeding test)と高架十字迷路テスト(EPM試験:elevated plus maze test)でした。

新規性抑圧食餌テストとは、動物が新奇な環境に置かれると餌を食べるまでの時間が長くなることを利用した検査のことです。摂食するまでの時間が長ければそれだけ不安が高いと推測するのです。高架十字迷路テストとは壁の付いたアームと付いていないアームがある迷路を高い位置に設置し、各アームへの進入数や滞在時間を計測する試験のことです。壁付きのアームに進入するなら、不安が高いと推測するのです。

神経新生(ニューロン新生)とは、神経幹細胞から新たな神経細胞(ニューロン)が生まれることです。昔は海馬(正確にいうと歯状回)や側脳室下帯など特定領域だけに起こると考えられていました。しかし、神経新生は嗅球や、視床下部、扁桃体、体性感覚野、運動野でも生じるとの報告もあります。さらに、前頭前野でも神経新生が生じるとの結果もあります。2014年には成人であるヒトの線条体で神経新生があったとのレポートが出版されました(Ernst et al., 2014)。

交尾にはその他、雄マウスの脳由来神経栄養因子(BDNF;Brain-derived neurotrophic factor)、信号伝達系に重要なチロシンキナーゼB、タンパク合成や神経新生に重要なCREB(cAMP応答配列結合タンパク; cAMP response element-binding factor)の発現が増加する効果もあります(Kim et al., 2013)。

交尾は慢性ストレスによる再認記憶障害や海馬の神経新生の障害を抑制(Kim et al., 2013)したり、中高年ラットの歯状回での神経新生や認知機能を改善(Glasper &Gould, 2013)したりします。ただし、交尾と行動課題の間隔が空くと、新規ニューロンが生成されていても認知機能は向上しません(Glasper & Gould, 2013)。

○社交不安が高いと…

今回の論文を出したのと同じ研究チームが過去に行った調査(Kashdan et al., 2011)によれば、社交不安が高いと、快感や繋がり感覚が弱いようです。(男女の)深い仲は情事中の繋がり感覚を高めますが、これは社交不安が低い人に限られます。

ちなみに、同調査では社交不安が高い女性は性行為の回数が少ないが、男性ではほとんど関係はないとの結果も得られています。また、抑うつ症状も同じような結果になりますが、抑うつ症状を統制しても社交不安との関係は有意のままです。

ペンシルベニア州フィラデルフィアに本部があるテンプル大学心理学研究科とピッツバーグ大学教育学部教育心理学研究科の研究チームによると。社交不安が高いと深い仲を怖がり、深い仲への恐怖がオープンなセクシャルコミュニケーションの質の低さを予測し、それがまた性的満足感の低さを予測します(Montesi et al., 2013)。

○他の要因

性機能と関連する要因としては不安感受性(anxiety sensitivity)があげられます。不安感受性とは不安に関連した感覚に対する恐怖のことで、特に身体感覚症状の恐怖を意味することが多いようです。キングス・カレッジ・ロンドン双生児研究遺伝疫学研究科とロンドン大学クイーン・メアリー生物化学研究科が行った双子研究(Burri et al., 2012)によれば、女性の性機能不全と不安感受性に共通の遺伝要因が存在します。

睡眠も重要です。ミシガン大学医学部精神医学研究科睡眠サーカディアン研究所とヘンリー・フォード健康プログラム(Henry Ford Health System)睡眠障害研究センターが行った調査によれば、女性は睡眠時間が長いと翌日の性欲が増し、性的活動をする可能性が高まります(Kalmbach et al., in press)。

社交不安とシャイネスは心理学的にも脳科学的にも別物です。ただ、米国ユタ州のブリガム・ヤング大学家庭生活学部の調査(Luster et al., 2013)によると、男性ではシャイネスが強いほど性的態度がリベラルで、マスターベーションをし、ポルノを鑑賞します。女性ではシャイネスが強いほど性的態度がリベラルでなく、性的行動が少なく、人生上のパートナー数が少なくなります。

○リスク

社交不安を低下させたり、認知機能を改善するために、これらの知見を応用することには危険を伴います。すなわち、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)やクラミジア、ヘルペスウイルス、ヒトパピローマウイルス、梅毒トレポネ-マ、淋菌等の性感染症ウィルス/細菌に感染するリスクを伴います。したがって、実施するなら性感染症対策をしてください。また、たとえ、実行に移す場合でも相手の同意がなければなりません。

さらに、妊娠目的でないならば避妊薬やコンドームで避妊しなければ、女性側の人生が大きく狂う結果になりかねません。

○できない人もいる

そもそも相手がいなければ始まりません。親や親戚、中学・高校時代の女子生徒・高校時代の男子生徒(の一部)によれば私はイケメンだそうですが、恋人いない歴=年齢です(ただし、現在も美男子かどうかは不明)。

また、親や中学時代の男子、高校時代の女子・男子生徒(の一部)によれば、私の笑顔は可愛いらしいです(私は男です)。特に、高校時代には女子生徒からしきりに可愛いと言われるだけでなく、私のスマイルを見るために大勢の男子生徒に囲まれ、漫才のようなやりとりを見せられた経験があります。それでもやはり恋人いない歴=年齢です(これもやはり、現在も笑顔が可愛いかどうかは不明)。

ただ、これは仕方のないことなのかもしれません。というのも、私は子供の頃から場面緘黙症状を呈しており、また一般的に場面緘黙児は社交不安が高いといわれており、さらに友人いない歴≒年齢(ー数年)で、なおかつ社交不安→同性の友人関係に障害→異性の友人関係の質、長さ、満足感→恋人関係の質、長さ、満足感(Hebert et al., 2013)という研究が存在するからです。

関連研究⇒場面緘黙児に友達はいるか?

もっとも、私のようなねじまがった性格の人間は好かれないかもしれません。ただし、子ども時代から性格が悪かったわけではありません。自分でいうのもなんですが、子供時代は本当にピュアでした。何かの歯車が狂いだしたのは中学生あたりからです(小学生時代からの場面緘黙も問題ですが、ここではそれ以外の問題を問題にしています。あるいはこの問題には幼少期からの場面緘黙気質との相互作用が絡んでいるかもしれません)。

○お断り

この記事は決して、性的行為を奨励しているわけではありません。本ブログ、広くいうならば科学は真理の追究を目指しているので、記事にする論文を選り好みするわけにはいかないのです。というのも選り好みしてしまうと、内容に偏りが生じてしまい危険だからです。どうかその点を理解していただきたいです。

*注:私の能力の限界で記事にできない論文がある場合には、その時点で本ブログにバイアスがかかっています。ちなみに、本ブログで論文への批評・批判を遠慮なく並べ立てているのもひとえに真理の追究が目的の1つで、決して研究者を嘲弄する気はありません(実は論文の評価が毒舌調になる理由は他にもありますが、それは御想像にお任せします)。

○引用文献(要約だけ読みました)
Burri, A., Spector, T., & Rahman, Q. (2012). The etiological relationship between anxiety sensitivity, sexual distress, and female sexual dysfunction is partly genetically moderated. Journal of Sexual Medicine, <b>9(7), 1887-1896. DOI:10.1111/j.1743-6109.2012.02710.x.

Ernst, A., Alkass, K., Bernard, S., Salehpour, M., Perl, S., Tisdale, J., Possnert, G., Druid, H., & Frisén, J. (2014). Neurogenesis in the striatum of the adult human brain. Cell, 156(5), 1072-1083. doi:10.1016/j.cell.2014.01.044.

Glasper, E. R., & Gould, E. (2013). Sexual experience restores age‐related decline in adult neurogenesis and hippocampal function. Hippocampus, 23(4), 303-312. doi:10.1002/hipo.22090.

Kalmbach, D. A., Arnedt, J. T., Pillai, V., & Ciesla, J. A. (in press). The Impact of Sleep on Female Sexual Response and Behavior: A Pilot Study. Journal of Sexual Medicine, DOI:10.1111/jsm.12858.

Kashdan, T. B., Adams, L., Savostyanova, A., Ferssizidis, P., McKnight, P. E., & Nezlek, J. B. (2011). Effects of social anxiety and depressive symptoms on the frequency and quality of sexual activity: A daily process approach. Behaviour Research & Therapy, 49(5), 352-360. doi:10.1016/j.brat.2011.03.004.

Kim, J. I., Lee, J. W., Lee, Y. A., Lee, D. H., Han, N. S., Choi, Y. K., Hwang, B. R., Kim, H. J., & Han, J. S. (2013). Sexual activity counteracts the suppressive effects of chronic stress on adult hippocampal neurogenesis and recognition memory. Brain Research, 1538(13), 26-40. doi:10.1016/j.brainres.2013.09.007.

Leuner, B., Glasper, E. R., & Gould, E. (2010). Sexual experience promotes adult neurogenesis in the hippocampus despite an initial elevation in stress hormones. PLoS One, 5(7), e11597. doi:10.1371/journal.pone.0011597.

Luster, S. S., Nelson, L. J., Poulsen, F. O., & Willoughby, B. J. (2013). Emerging Adult Sexual Attitudes and Behaviors Does Shyness Matter?. Emerging Adulthood, 1(3), 185-195. doi:10.1177/2167696813475611.

Montesi, J. L., Conner, B. T., Gordon, E. A., Fauber, R. L., Kim, K. H., & Heimberg, R. G. (2013). On the relationship among social anxiety, intimacy, sexual communication, and sexual satisfaction in young couples. Archives of Sexual Behavior, 42(1), 81-91. DOI:10.1007/s10508-012-9929-3.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP