臼井なずな、高木潤野講師の緘黙類型化論文が閲覧ランキング1位 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   緘黙ニュース、緘黙情報  »  臼井なずな、高木潤野講師の緘黙類型化論文が閲覧ランキング1位

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

長野大学の臼井なずな非常勤講師と同じく長野大学の高木潤野講師(社会福祉学部社会福祉学科)による緘黙の類型化に関する論文が長野大学リポジトリの「最も閲覧されたアイテム」にランクインしています。順位は1位です(2014年1月6日現在)。

ランキング1位となった文献は以下のものです。

臼井なずな・高木潤野 (2013). 緘黙の類型化に関する研究―従来指摘されてきた2つの分類からの検討― 長野大学紀要 34(3), 1-9. Permalink:http://id.nii.ac.jp/1025/00001052/.

個々の文献のインデックス画面でタイトル右下に小さく表示されている「利用統計を見る」をクリックし、期間を設定すると、2013年4月に140回の閲覧と、71回のダウンロードがされていることが分かります(発行年は2013年3月30日)。

高木潤野講師は臨床発達心理士でもあり、信州かんもくサポートネットワークの代表者です。

信州かんもくサポートネットワークとは長野県上田市で活躍する緘黙当事者・保護者・支援者の支援者団体のことです。

以下の高木潤野講師の論文もランキング2位です(2014年1月6日現在)。

高木潤野 (2013). 緘黙の類型化に関する研究-家庭でもあまり発話のない1事例の考察をとおして- 長野大学紀要, 35(1), 7-16. Permalink:http://id.nii.ac.jp/1025/00001069/.

こちらは発行直後の2013年8月よりも2013年12月の方が人気がありました(指標は閲覧回数、ダウンロード数)。

ランキング5位には臼井なずな非常勤講師、高木潤野講師による以下の文献も入選しています(2014年1月6日現在)。

臼井なずな・高木潤野 (2012). 小中学校教師の考える特別支援教育の専門性―長野県上小地域における現状と研修ニーズ― 長野大学紀要, 34(1), 55-61. Permalink:http://id.nii.ac.jp/1025/00001023/.

ただし、いずれも「最もダウンロードされたアイテム」ではランクインしていません。

また、日本発のAltmetrics計測サービスであるCeek.jp Altmetricsによれば、Twitter上での反響はいまいちです。

*Altmetricsとは「論文やデータセットなど様々な研究成果物の影響を、ソーシャルメディアの反応を中心に定量的に測定する手法と、その手法を用いて新しい研究の影響度を測定する活動」(研究論文の影響度を測定する新しい動き (林和弘 2013))のことです(http://altmetrics.ceek.jp/helpより孫引き)。

○英語文献でのランキング

日本語文献以外では英語文献でも場面緘黙症の文献がランクインしたことがあります。

場面緘黙症に関する文献はオックスフォードジャーナルの1つ、Children & Schools誌でも2013年11月に最も読まれた文献第10位にランクインしています。

参考記事⇒オックスフォードの最も読まれた論文トップ10に場面緘黙症

科学分野の国際的出版社として定評のあるSAGE社のジャーナルでも、場面緘黙症の事例研究4本が2013年11月に最も読まれた文献にランクインしています(Clinical Case Studies誌のランキング)。

参考記事⇒SAGE社の雑誌で最も読まれた文献に場面緘黙症の事例研究

○参考URL(2014年1月6日現在)

長野大学リポジトリ

https://nagano.repo.nii.ac.jp

Ceek.jp Altmetrics 高木潤野講師(長野大学)の文献に限定した影響度の測定

http://altmetrics.ceek.jp/article/creator/%E9%AB%98%E6%9C%A8%20%E6%BD%A4%E9%87%8E

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP