自尊心が低い?緘黙児を褒め過ぎるのは逆効果 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   緘黙を(臨床)心理学の研究等から考察  »  自尊心が低い?緘黙児を褒め過ぎるのは逆効果

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

以前、子どもの才能を褒めるのは逆効果であるという心理学の研究を紹介しました。実は、まだ危険な褒め方があります。それは自尊心の低い子を褒めすぎることです。もし、場面緘黙児に自尊心が低い子が多いならば、本記事で紹介する心理学の研究は要チェックです。なにせ、少なくともネット上には自信を高めるために緘黙児を褒めてあげましょうというようなアドバイスを見かけますから。

なお、自尊心と自尊感情は異なり、自尊心はPrideで、自尊感情がSelf-Esteemだと主張する人がいますが、同じだという研究者もいるため、ここではSelf-Esteemを自尊心と訳します。

また、本当に場面緘黙児の自尊心が低いのかどうかは分かりません。しかし、たとえ場面緘黙児の自尊心が「平均的に」低くなくても、おそらく普通の子どもと同じように自尊心が低い緘黙児も一定数いるのは間違いないことだと思われます。

○前置き:自尊心が低い子の才能を褒めると、失敗後に…

以前述べたように、自尊心が高い子供を褒める時と比較して自尊心が低い子供を褒める時、大人は子の行動ではなく、特徴(才能など)を褒める傾向にありますが、それは逆効果です。なぜならば、失敗後に恥ずかしがる傾向が強まるからです。

○誇張した褒め方は逆効果であることを示した心理学研究

これが、本記事のメインです。

Brummelman et al.(2014)によると、大人は自尊心が低い子供に対して誇張した褒め方をしたいと考えます。これは実験的研究、自然観察的研究のいずれでも示されました。しかし、誇張した褒め方は自尊心の低い子供が挑戦するのを妨げることも示されました。

ただし、自尊心の高い子を過剰に褒めると、挑戦を促進する(Brummelman et al., 2014)ので、緘黙児の中でも自尊心の高い子はどんどん褒めていっても問題はなさそうです。なお、社会不安が高いと褒められることが怖いことを示した研究がありますが、これはあまり親しくない他者を想定しており、本題とは関係ありません。

○補足情報:自尊心が低い子は嫌な経験後にネガティブな情報が好きになる?

Reijntjes et al.(2010)によると、自尊心が低い小学生は他の子どもに好かれたと知ると、自尊心が高い小学生と同じく、ポジティブな評価を好むようになります。しかし、自尊心が低い小学生は他の子どもに好かれなかったという経験をすると、ネガティブな評価が好きになります。

*自尊心は子ども用有能感調査票(Perceived Competence Scale for Children:PCSC)の全体的自尊心(global self-esteem)で評価。

もっとも、Reijntjes et al.(2010)のいうポジティブな評価とは親ではなく、子どもによるものであることに注意が必要です。また、ここでいうポジティブな(ネガティブな)評価を好むとはスクリーンに映っている評定者のフィードックを見る時間のことです。したがって、本当に好きかどうかは分かりません。

ただし、社会不安障害患者は日々の自尊心(自尊感情)の変動が激しいこと、場面緘黙症の人には社会不安障害の合併者が多いことから、緘黙児の状態を見ながら褒め方を変えていかなければならないのかもしれません。もっとも、社会不安障害患者で自尊心の浮き沈みが激しいことを示した研究は大人の結果ですが。

また、これらは欧米の研究で日本でも同様の現象が生じるのかどうかは分かりません。しかし、気を付けた方が良さそうです。

○引用文献:1つ目の論文は要約だけ、2つ目の論文は要約、実験手続き、結果だけ読みました

Brummelman, E., Thomaes, S., de Castro, B. O., Overbeek, G., & Bushman, B. J. (2014).“That’s not just beautiful—that’s incredibly beautiful!” The adverse impact of inflated praise on children with low self-esteem. Psychological Science, 25(3), 728-735. doi:10.1177/0956797613514251.

Reijntjes, A., Thomaes, S., Kamphuis, J. H., de Castro, B. O., & Telch, M. J. (2010). Self-verification strivings in children holding negative self-views: The mitigating effects of a preceding success experience. Cognitive Therapy & Research, 34(6), 563-570. DOI:10.1007/s10608-009-9289-z.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP