不安が強い人ほど怒った顔を見るとフリーズする | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安研究(その他)  »  不安が強い人ほど怒った顔を見るとフリーズする

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

動物ではフリージングといって捕食者などの脅威にさらされると、身体が硬直する反応が起きます。心拍数も低下します。フリージングは防御反応の一種です。

場面緘黙症でも緘動といって身体が固まって動けなくなることがありますから、人間でもフリージングが生じそうです。事実、今回扱う論文に引用されている文献によれば、人間でも手足が切断された身体(mutilated body)などの写真を見るとフリージングがおこるそうです(身体的脅威に対するフリージング反応)。

しかし、社会的に脅威な刺激でフリージングが生じるかどうかは謎でした。今回の論文は、人間でも怒った顔を見るとフリージングが生じ、不安が高い人ほど身体が硬直するというお話です。

なお、今回の論文以外の研究に関しては「緘黙人の緘動-フリージングの心理学研究より」をご覧ください。

Roelofs, K., Hagenaars, M. A., & Stins, J. (2010). Facing freeze:Social threat induces bodily freeze in humans. Psychological Science, 21(11), 1575-1581. doi:10.1177/0956797610384746.

★概要

被験者:50人の女子学生(平均年齢20.6歳)。

不安レベルは実験後にスピルバーガー状態・特性不安検査(Spielberger State-Trait Anxiety Inventory:STAI)で計測しました。今回は状態不安得点を用いました。

stabilometric force platformというプレート装置で足圧中心(center of pressure:COP)を計測しました。専門的には重心動揺検査・姿勢動揺検査(posturography)というようです。被験者にはじっと立っているように教示を出しました。足圧中心の計測は表情を見せている間に行いました。

用いた表情は中性表情、幸せ表情、怒り表情の3種類でした。顔刺激の呈示時間は3秒、試行間間隔は0秒でした。

身体の揺れ(身体動揺)は足圧中心の平均値からの標準偏差(SD:Standard Deviation)と定義しました。足圧中心の平均値は1試行ごとに算出しました。心拍数(bpm:Beats Per Minute)の計測は胸骨の高さに取り付けたpolar bandで行いました。

○実験結果

左右の身体の動きは有意ではなく、前後の身体の動きだけ有意でしたので、以下は前後の動きのことだけ書いています。これは被験者の実験装置(プラットホーム)への乗り方を左右の動きよりも前後の動きへの影響が出やすくしたためであると考えられます。

怒り表情を見ている時の身体動揺が減っていました(中性表情・幸せ表情との比較)。また、中性表情と幸せ表情の間に有意差は検出されませんでした。

怒り表情の身体動揺(SD)ー中性表情の身体動揺(SD)と状態不安が負の相関(r=-.36)を示したことから、状態不安が強いほど、怒り表情に対する身体動揺が低いことが示唆されました。また、幸福表情の振幅ー中性表情の振幅は状態不安と相関しませんでした。

心拍数に関しては怒り表情を見ている時の方が幸せ表情を見ている時よりも減少していました。また、状態不安が高い人ほど怒り表情を見ている間に心拍数が低下しました(r=-.30)。状態不安と心拍数の関係は中性表情や幸せ表情では有意ではありませんでした。

怒り表情と中性表情では心拍数と身体動揺の間に正の相関がありました(どちらもrs=.29)。一方、幸せ表情では有意ではありませんでした。

★コメント

本研究をまとめると以下のようになります。

1.怒り表情を見ている時に身体動揺が小さかった(フリーズ)

2.状態不安が高い人ほど怒り表情を見ている時の身体動揺が小さく、心拍数が低下していた

3.身体がフリーズしているほど心拍数が低くなった(怒り表情と中性表情)


本論文では心拍数の低下を徐脈(bradycardia)と表現しています。また、フリーズすると直接的に表現するのではなく、フリーズのような反応(freeze-like response)という控えめな表現もされています。

神経科学的にはフリージングは扁桃体から中脳中心灰白質(中脳水道周囲灰白質,periaqueductal gray:PAG)へなどという話になるのですが、ここでは省略します。

○限界

被験者は女性だけなので、男性でもフリージングが起きるのかどうか確認する必要があります。

また、不安の高低で運動機能(運動能力)に違いがあれば、本論文の結果がフリージングの結果なのかどうか疑問が生じてきます。事実、抗不安遺伝子は運動時間、運動頻度を増加させます(De Moor et al., 2008)。また、不安障害児は運動スキルが低く(Ekornås et al., 2010)、不安障害である場面緘黙症児の約50%に運動発達の遅れや運動機能の未熟さがあるという報告(Kristensen, 2002)もあります。ただし、その場合ですと怒り表情特異的な身体の硬直や心拍数の低下もフリージング以外で説明しなければなりません。

状態不安が高い人ほど怒り顔に対するフリージング反応が生じやすいことから、感情的要因が身体の硬直に影響しているといえます。しかし、注意バイアスの研究(e.g. Eldar et al., 2008; Wang et al., 2013)が示すように、感情と認知は密接に結びついています。したがって、不安感情ではなく注意バイアス等の認知的側面がフリーズに影響している可能性もあり、今後の研究が必要です。

○場面緘黙症とフリージング(freezing)、緘動

場面緘黙症で緘動という現象が生じることがあるので、本研究は将来緘動の研究に貢献する可能性があります。場面緘黙症の専門家にはぜひこの論文を読んでいただきたいものです。やはり、場面緘黙症の論文だけ読んでいると、視野が狭くなり、今後の研究の方向性に関する創造性が失われることを実感するこのごろです。

関連記事⇒河井らの緘黙本にある「行動の三つの水準」は間違っている?

ちなみに、不安が高い人は複数の選択肢から言葉を選ぶのが苦手(Snyder et al., 2010;Snyder et al., in press)で、子どもにサブカテゴリーを与えると言葉の選択が簡単になります(Snyder et al., 2013)が、場面緘黙症も複数の事柄の中からの選択が苦手な場合があるとされています。したがって、これらの論文は場面緘黙症の研究に貢献する可能性を秘めています。しかし、場面緘黙症だけに注目していては入手できない文献です。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP