過保護+セロトニントランスポ一夕ー遺伝子多型→行動抑制 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   行動抑制の論文  »  過保護+セロトニントランスポ一夕ー遺伝子多型→行動抑制

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

行動抑制が強い子供は新規で馴れていない物や人、状況に対して接近しようとせず、傍観する傾向にあります。メタ解析研究によれば、行動抑制は社会不安障害(社交不安障害)のリスクを7.59倍高めます(Clauss et al., 2012)

*行動抑制(抑制的気質)とはハーバード大学のJerome Kagan名誉教授が考案した気質のことです。詳しくはこちらをご覧ください⇒行動抑制の概念 by Jerome Kagan

*メタ解析とは統計的分析がなされた複数の研究を同時に分析する手法のことです。また、Clauss et al.(2012)とは以下の文献のこと

Clauss, J. A., & Blackford, J. U. (2012). Behavioral inhibition and risk for developing social anxiety disorder: a meta-analytic study. Journal of the American Academy of Child & Adolescent Psychiatry, 51(10), 1066-1075.

さらに、行動抑制は過剰不安障害(全般性不安障害)や恐怖症、回避性障害、分離不安障害、うつ病、自殺企図、アルコール問題、薬物使用問題、PTSD(心的外傷後ストレス障害)のリスクであるという研究もあります。

ところで先行研究では、母親がソーシャルサポートが少ないと思っていて、なおかつ子どものセロトニン遺伝子多型が短いアレルだと、行動抑制レベルが高くなることが示されていました。

しかし、他の環境因子とセロトニン遺伝子多型の相互作用で抑制的気質が決まるかどうかは報告されていませんでした。今回は親の養育(育児)と子供のセロトニン遺伝子との交互作用で行動抑制レベルが決まるという論文です。

Burkhouse, K. L., Gibb, B. E., Coles, M. E., Knopik, V. S., & McGeary, J. E. (2011). Serotonin transporter genotype moderates the link between children’s reports of overprotective parenting and their behavioral inhibition. Journal of Abnormal Child Psychology, 39(6), 783-790. doi:10.1007/s10802-011-9526-2.

★概要

○手続き

被験者は母子のペア100組。子ども(少女が59%)の平均年齢は10歳(範囲:8~12)で、母親の平均年齢は40歳(範囲:26~53)。

子どもの行動抑制レベルは行動抑制の回顧的質問紙(retrospective self-report of behavioral inhibition:RSRI)で評価しました。回答者は子ども自身で、思い出してもらうのは小学1年~小学6年にかけての行動抑制でした。

RSRIでは行動抑制の社会的側面と非社会的側面を評定しました。社会的側面は「学校と社会的状況(school and social situations)」、非社会的側面は「恐怖と病気(fear and illness)」です。

なお、RSRIやその他の行動抑制質問紙に関しては「行動抑制を測る質問紙-場面緘黙症の研究に使ってほしい!」をご覧ください。

養育行動を評価するためにParental Bonding Instrument(PBI)という質問紙を用いました。PBIとはParker, G.によって開発された質問紙のことです。Parker, G.は養育行動を「養護」と「過保護」の2因子に集約しましたが、後に「統制/権威主義」が追加され、3因子とされることもあります(今回も3因子)。回答者は母親と子どもでした。

子どもからDNAを採取し、遺伝子検査を実施しました。ここでは、セロトニントランスポ一夕ー遺伝子多型(5-HTTLPR)を分析しました。母親からもDNAを採取していますが、これは遺伝環境相関(gene environment correlations)を調べるためです。

*遺伝環境相関とは遺伝が環境を決めることです。詳しくは『緘黙を行動遺伝学で分析』を参照して下さい。

5-HTTLPRには発現量が低いタイプがSとLGの2種類、発現量が高いタイプがLAの1種類あります(発現量が低い方が環境の影響を受けやすく、不安・うつが重くなりがちです)。したがって、SまたはLGを2つ持つS'S'型、SあるいはLGを1つ、LAを1つ持つS'L'型、LAを2つ持つL'L'型の3種類の遺伝子多型が存在します。なお、LAとLGの違いはSNP(一塩基多型)です。LA/LGはSNP rs25531です。

*従来5-HTTLPRはSアレル(対立遺伝子)とLアレルの2種類で分類してきましたが、近年LアレルをLGとLAに分け、3種類にする必要性が指摘されています。Sはshort、Lはlongの略で、Sは短い遺伝子型、Lは長い遺伝子型のことです。

○結果

子どもの年齢が高いほど、親の権威主義、過保護が低くなりました(親の養育行動の報告者は子ども)。

少女は少年よりも行動抑制の「恐怖と病気」が高い結果となりました。遺伝環境相関は有意ではありませんでした。

子どもの5-HTTLPRがS'S'型で子どもが母親の養育を過保護だと回答していると、子どもの行動抑制の「学校と社会的状況」得点が高くなりました。一方、子どもの5-HTTLPRがLA/LA(L'L')だと過保護と行動抑制の間に関連は生じませんでした(S'L'型では有意傾向)。

これらの結果は母子の既往歴(大うつ病、不安障害)や現在のうつ症状・不安症状を統制しても生じました(年齢、性別を共変量として統制する分析も実施していますが、こちらは階層回帰分析で、上のものとは統計的方法が違いますが、同じ結果が得られています)。

*母親のうつはベック抑うつ質問票-Ⅱ(Beck Depression Inventory-Ⅱ:BDI-Ⅱ)、子どものうつは小児抑うつ尺度(Children's Depression Inventory:CDI)、母親の不安はベック不安評価尺度(Beck Anxiety Inventory:BAI)、子どもの不安は小児不安関連情緒障害尺度改訂版(revised version of the Screen for Child Anxiety Related Emotional Disorders:SCARED-R)で評定。

ただし、母親が自らの養育スタイルを報告すると、有意ではありませんでした。また、たとえ子どもが回答者でも母親の権威的養育、養護(温かさ)は有意ではありませんでした。さらに、行動抑制の「恐怖と病気」では有意な結果はありませんでした。

★コメント

以上の結果をまとめると、

1.子どもの行動抑制が高くなるのは子どもが母親の養育が過保護だと感じており、なおかつ子どものセロトニントランスポ一夕ー遺伝子多型(5-HTTLPR)がS/S型、S/LG型、LG/LG型(S'S'型)の場合

2.母親の養育行動質問紙への回答は子どもの5-HTTLPRと交互作用しない(子どもの抑制的気質を決めない)

3.行動抑制の2側面の内、社会的な行動抑制(学校と社会的状況)だけが子どもが感じる母親の過保護と5-HTTLPRの交互作用によって予測でき、非社会的な行動抑制(恐怖と病気)は予測できない

ということになります。また、母親の養育行動の内、過保護だけが有意であったという点も重要です。


研究チームは母親が養育行動の質問紙(PBI)に回答すると、結果が有意でなくなったのには3つの理由が考えられるとしています。私としては2番目の理由、すなわち子どもの方が母親自身よりも養育行動を評価するのが上手という説明に説得力を感じます。つまり、母親は子どもより自分の養育行動を肯定的に理解しており、その結果母親の報告にバイアスがかかっているということです。ただ、3番目の説明もありそうです。

○限界

被験者はうつ病の世代間伝達の研究に参加した被験者から募集されたため、サンプルが偏っています。つまり、大うつ病性障害の既往歴がある母親が52人(8人は研究当時も大うつ病)、そのなかでさらに不安障害既往歴がある母親が15人、内、社会不安障害(社交不安障害)やPTSD(心的外傷後ストレス障害)、全般性不安障害を研究当時も患う不安障害の事例が13人いました。

また、子どもも11人が大うつ病性障害の罹患歴があったり(6人は研究当時も大うつ病)、16人に不安障害の罹患歴があったり(8人は研究当時も不安障害)と、精神疾患だらけです。とはいっても、母親と子どもの既往歴や研究当時の不安・うつ症状を統制しても結果は変わらなかった点も見逃せません。

一番問題なのは行動抑制質問紙で用いたRSRIや養育行動質問紙のPBIでそれぞれ内的一貫性(内的整合性)を示すクロンバックのα係数が低いことです。今回の論文の長所としては、行動抑制の社会的要素と非社会的要素を分離したことがあげられますが、内的一貫性が低いことはこの強みを台無しにするものです。

*内的一貫性とは質問項目が同じ心理特性を測定している度合のことで、心理尺度の信頼性の目安になります。

父親の育児(養育)の影響も気になるところです。また、行動抑制の質問紙、RSRIに回答したのが子どもだけというのが気がかりです。以前述べたように、行動抑制の質問紙には行動抑制尺度(BIS)や行動抑制質問紙(BIQ)、回顧的乳幼児行動抑制尺度(RIBI)など親が回答できるものもあります。さらに、客観的に抑制的気質の程度を測ろうと思えば、行動観察という方法もあります。

以上の限界を踏まえると、やはり遺伝と環境の相互作用で行動抑制が決まることを初めて示した先行研究(Fox et al., 2005)の方が研究デザインとしては優れています。Fox et al.(2005)は子どもの行動抑制を測定するのに行動観察を用いていますし、今回の論文とは違って、追跡調査です。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP