アスペルガー症候群で元場面緘黙の人が本を出版 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   緘黙ニュース、緘黙情報  »  アスペルガー症候群で元場面緘黙の人が本を出版

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

アスペルガー症候群のジェフ・フォアマン(Jeff Foreman)さんがご自身の体験談を本にされ、2012年に書籍が出版されました。ジェフ・フォアマンさんは小学生の頃から場面緘黙(選択性緘黙)の症状を引き起こしていました。共著者のビバリー・フォアマン(Beverly Foreman)さんは彼の親御さんです。

本の題名は『A Raging Silence』で直訳すると「激しい沈黙」、「厳しい沈黙」などとなります。この沈黙が緘黙のことを指しているのかそれとも、社会にアスペルガー症候群や自閉症スペクトラム障害が認知されておらず、未診断の発達障害者たちが「社会的に沈黙」している状態を指しているのかは定かでありません。

事実、ジェフ・フォアマンさんが自閉症スペクトラム障害と診断されたのは16歳でした。ジェフ・フォアマンさんは11歳の時にモントリオール病院に入院されたのにもかかわらず、自閉症の早期発見・診断が遅れてしまったようです。

Daisy May Publishingというカナダの出版社から出た本です。この出版社、そんなに大手ではないらしく、インターネット上でもそれほど話題になっていません。初めて本を出すような人向けにサービスを提供しているようです。なので、購入経路は限られています。Amazon.co.jpにもありません。

『A Raging Silence』は主としてアスペルガー症候群の体験談ですので、場面緘黙のことが書かれていない可能性も少なからずあります。なお、『A Raging Silence』から得た収益は自閉症研究のために寄付するとのことです。また、2014年には2冊目を出版する予定とのことです。

参考URLに記したニュース記事からはアスペルガー症候群の二次障害として緘黙になったのか、それともアスペルガー症候群とは別に「純粋な緘黙」を生じていたのかは分かりません。たとえアスペルガー症候群だとしても、それとはまた別のことが原因で緘黙になる可能性もありますので、「純粋な緘黙」であることもあり得ます。もっとも、米国精神医学会が発行するDSM-IV-TRやDSM-5では併発の場合は選択性緘黙(症)ではなく、自閉症スペクトラム障害を優先する掟になっていますが。

○猫の力で緘黙を克服したローカン・ディロン君が題材の本と比較

ローカン・ディロン(Lorcan Dillon)君というアスペルガーの少年が猫の力で緘黙を克服したというお話は『Jessi-cat: The Cat That Unlocked a Boy's Heart(ジェシーキャット-少年の心を開いた猫)』(Michael Omara出版社)という形で出版されていますが、この本は母親であるジェイン・ディロン(Jayne Dillon)さんが執筆されています。

ローカン・ディロン君のお話の詳細

一方、『A Raging Silence』は親子の共著であるとはいえ、アスペルガーの当人の視点が猫の話よりも多く盛り込まれているはずです。

なお、ジェフ・フォアマンさんは2014年4月26日にカナダのハルディマンド図書館にて自閉症やアスペルガー症候群の人達の人生について語る予定で、もしかしたらローカルニュースのサイトに記事が掲載されるかもしれません。

○参考URL(2014年4月7日現在)

Living with Asperger's syndrome  St. Catharines Standard
*St. Catharines Standardとはカナダオンタリオ州ナイアガラ地域の日刊新聞のこと
http://www.stcatharinesstandard.ca/2013/10/14/living-with-aspergers-syndrome

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP