抑制的気質が強い大学生は連合学習が得意で回避傾向が強い? | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   行動抑制の論文  »  抑制的気質が強い大学生は連合学習が得意で回避傾向が強い?

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

行動抑制が強い子供は新規で馴れていない物や人、状況に対して接近しようとせず、傍観する傾向にあります。メタ分析研究によれば、行動抑制は社会不安障害(社交不安障害)のリスクを7.59倍高めます(Clauss et al., 2012)

*行動抑制(抑制的気質)とはハーバード大学のJerome Kagan名誉教授が考案した気質のことです。詳しくはこちらをご覧ください⇒行動抑制の概念 by Jerome Kagan

*メタ分析とは統計的分析がなされた複数の研究を同時に分析する手法のことです。また、Clauss et al.(2012)とは以下の文献のことです。

Clauss, J. A., & Blackford, J. U. (2012). Behavioral inhibition and risk for developing social anxiety disorder: a meta-analytic study. Journal of the American Academy of Child & Adolescent Psychiatry, 51(10), 1066-1075.

さらに、行動抑制は過剰不安障害(全般性不安障害)や恐怖症、回避性障害、分離不安障害、うつ病、自殺企図、アルコール問題、薬物使用問題、PTSD(心的外傷後ストレス障害)のリスクであるという研究もあります。

前述したように行動抑制はよく知らない物や人、状況に対して行動が抑制されている傾向を示します。しかし、抑制的気質の人の特徴に関する研究は質問紙や行動観察が主で、実験で独特の行動パターン(回避傾向)を示した研究は少ないのが現状です。そこで、今回、抑制的気質の大学生が嫌悪状況を回避するかどうか調べた論文を読みました。

*本実験は場面緘黙症の発症メカニズム(または重症化するメカニズム)を探るうえで、重要な意味を持つかもしれません(理由は最下部に記述)。

Sheynin, J., Shikari, S., Gluck, M. A., Moustafa, A. A., Servatius, R. J., & Myers, C. E. (2013). Enhanced avoidance learning in behaviorally inhibited young men and women. Stress, 16(3), 289-299. doi:10.3109/10253890.2012.744391.

★概要

○実験1の手続き

健康な大学生74名が参加しました。平均年齢は19歳で女性が55%を占めていました。

行動抑制成人尺度(Adult Measure of Behavioral Inhibition:AMBI)で現在の行動抑制レベルを評定しました。AMBI得点に基づいて非抑制的気質群と抑制的気質群に分けました。22人(30%)が抑制的気質群に入りました(群間に性差、年齢差なし)。

なお、その他の行動抑制の質問紙については「行動抑制を測る質問紙-場面緘黙症の研究に使ってほしい!」をご覧ください。

コンピュータによるprobabilistic classification task(確率的分類課題)を行いました。probabilistic classification taskとは刺激がどのカテゴリーに属するのかあてる課題のことです。今回は視覚刺激を4種類用い、それらが2つのカテゴリーのどちらに属するのか回答してもらいました。

probabilistic classification taskでは4種類の画像(S1,S2,S3,S4)を用いました。この内、S1とS3は80%の確率でカテゴリーA、20%の確率でカテゴリーBでした。S2とS4は20%の確率でカテゴリーA、80%の確率でカテゴリーBとしました。

S1とS2は報酬学習試行の際に用い、正解すれば即座に25ポイント報酬がもらえました。ただし、間違うと、なにもフィードバックがありませんでした(ポイントと金銭の交換は実施せず)。

一方、S3とS4は罰学習試行で用い、間違えると25ポイントがマイナスされました(罰)。しかし、正解してもなにもフィードバックを与えませんでした。

80%20%
報酬試行S1S2
罰試行S3S4
*80%(20%)とはカテゴリーAである確率

したがって、フィードバックがない時、S1・S2では間違いを、S3・S4では正解を意味しています。なお、どの刺激がどういう順番で現れるかはごちゃまぜで予測できません。

○実験1の結果(特に断りがない限り非抑制的気質群との比較)

抑制的気質群は総正解数が多くなりました(報酬試行+罰試行)。

*報酬試行で反応が正しいとはポイントが獲得できたということを意味し、罰試行で反応が正しいとはポイントの損失を抑えることができたということを意味します。

抑制的気質群は最適反応率が高くなりました(報酬試行+罰試行)。

*反応が最適であるとは報酬が得られようが得られまいが(罰を回避できようができまいが)お構いなしに、良い結果が得られる可能性が最も高いカテゴリーを回答した場合にカウントされます。たとえば、S1は報酬試行で使用される刺激で、カテゴリーAに属する確率が80%であるため、「つねに」Aと回答することが最適反応となります。いつもAと回答すると、必ず20%は間違いますが、これも最適な反応とカウントします。

●補足分析(読まなくても構いません)

両群とも、バランスのとれた学習者が約70%で、安定した学習者が約55%でした(学習バイアス得点に基づく分類)。

*学習バイアス得点(learning bias score)とは報酬試行の最適反応率と罰試行の最適反応率の差のこと。

*バランスのとれた学習者(balanced learners)とは最初の試行ブロックで学習バイアス得点が25%以下の被験者のこと。安定した学習者(stable learners)とはバランスが取れているか否かに関係なく、最初の試行ブロックの学習バイアス得点と最後の試行ブロックの学習バイアス得点が同程度の被験者のこと。

win-stay行動率とlose-shift行動率には負の相関関係がありました。全般的にlose-shift率よりもwin-stay率の方が高くなりました(行動抑制の影響なし)。

*win-stay行動とは最初の試行ブロックで、前と同じ刺激が出た時に報酬を得た(または罰せられなかった)のと同じ反応をすること、lose-shift行動とは前と同じ刺激が出た時に報酬がなかった(または罰せられた)のと逆の反応をすることです。

反応潜時(反応時間)は報酬試行より罰試行で長く(遅く)なりましたが、抑制的気質の影響はありませんでした。

○実験2の手続き

健康な大学生79名が参加しました(内、29人が抑制的気質群で、群間に性差、年齢差はなし)。実験1に参加しなかった学生たちでした。平均年齢は20歳、女性が62%を占めていました。

実験課題は実験1と同じでした。ただし、強制選択させた実験1とは異なり、カテゴリーA、カテゴリーBという選択肢の他に回答しない選択肢、"スキップ"(opt-out選択)を導入しました。スキップをするとその試行は終了で、罰を受けることはなくなりますが、報酬をもらう機会もなくなります。

○実験2の結果

最低1回スキップをした人は44人(56%)でした。スキップの有無で性別、年齢、行動抑制成人尺度(AMBI)得点が違うこともありませんでした。両群ともに40~45%が1回もスキップしませんでした。スキップをしたことのない人で抑制的気質の影響はありませんでした(最適反応率が指標)。

ただし、最低1回スキップをしたことのある人だけで比べると、抑制気質群はスキップ数が多くなりました(非抑制気質群との比較)。スキップは試行ブロックを重ねるごとに多くなり、スキップの増加は罰試行だけで有意でした(報酬試行のスキップ率は両群ともに10%以下。罰試行でのスキップ率は10~50%で、最大スキップ率は抑制気質群の最終ブロック)。

最低1回スキップをしたことのある人限定で分析をすると、最後の試行ブロックで罰試行より報酬試行の最適反応率が高かったのに対し、スキップを1回もしたことのない人では有意差が検出されませんでした。

11人は少なくとも1つの試行ブロックで全試行をスキップしました。この11人と残りのスキップした人33人とを比べると、前者の方が行動抑制が強いことが分かりました。

スキップした人も込みで最適反応率の群間差に統計的検定を施すと、抑制気質群の方が成績が悪くなりました(非抑制気質群との比較)。また、報酬試行と罰試行での各々の総正解数も抑制気質群の方が低くなりました(非抑制気質群との比較)。罰試行で、スキップが多い人は最適反応率が低い結果となりました。

●罰試行でのスキップを適応的とした分析

しかし、罰試行でスキップすることは適応的であるので、罰試行の時にはスキップした時も最適反応をしたときも「良い反応」として、適応反応率を算出しました。ただし、報酬試行では、スキップすることは適応的ではないので、適応反応=最適反応となります。

最適反応率とは違って、適応反応率では抑制気質の影響は認められませんでした。

⇩●補足事項:反応潜時(反応時間):遅い>早い

少なくとも1回スキップした群>スキップしたことのない群
罰試行>報酬試行
最適でない反応>最適反応
抑制的気質群で少なくとも1回スキップした人>スキップしたことのない抑制的気質群の人
*非抑制的気質群ではスキップ者と非スキップ者で有意差は検出されませんでした。

学習バイアス得点、win-stay行動率、lose-shift行動率に抑制気質群と非抑制気質群、スキップした人とスキップしなかった人の各々で有意差はありませんでした。バランスのとれた学習者、安定した学習者の比率にも差はありませんでした。

★コメント

以上をまとめると、

1.健康でも抑制的気質が強い大学生は、視覚刺激と確率的な報酬(罰)の関連を学習するのが得意または早い(連合学習が得意または早い)

2.行動抑制が高い人は、特に罰試行でスキップする回数が多い(スキップをした人だけで群間比較した場合)

3.罰試行でのスキップを適応的でないとした場合、抑制気質群の成績が悪いが、スキップを適応的であるとすると、成績に差は認められない


ということになります。

先行研究で抑制的気質な人は古典的な条件学習が早いということが分かっており、研究チームはそれが認知課題にも当てはまるとしています。

確率的な事象、すなわち曖昧な事柄についての実験であるということが重要な感じがします。というのも、不確かさへの不寛容性(intolerance of uncertainty:IOU,intolerance for uncertainty)が不安障害(特に全般性不安障害や強迫性障害)と関連していることが分かっていますので。不確かさへの不寛容性と社会不安の関係を指摘する研究もあります。

*不確かさへの不寛容性とは曖昧さの知覚閾値が低い、曖昧な状況で心配が強まりやすい等の理由でどんなに低い確率であろうと、ネガティブなことが起きる可能性に耐えられないという意味の(臨床)心理学用語です。

実験1では報酬試行と罰試行のどちらでも抑制気質群が確率的分類課題を上手にこなしていました。これは行動抑制・不安(障害)と報酬系の関係を指摘する研究が増えていることと無関係でないのかもしれません。

たとえば、乳幼児期に行動抑制が強かった子供が16歳になったとき、自分自身の行為が金銭報酬の獲得に影響すると思っていたら側坐核が活性化する(Bar-Haim et al., 2009)乳幼児期の抑制的気質と思春期での金銭報酬や損失に対する線条体活動の高さが合わさると、成人期に物質使用(薬物使用)の問題が深刻になる(Lahat et al., 2012)…という論文が出現してきており、行動抑制と報酬系、不安障害と報酬系の関連性を指摘する研究が2000年代から多くなってきました。ちなみに社会不安障害と報酬系については後々、このブログでも取り上げることにします。

*側坐核とはモチベーションや報酬、快楽に関わる脳部位のことです。線条体とは大脳基底核を構成する脳領域の1つで、運動機能を担う他、報酬系としての役割を果たしています。

*特に、Bar-Haim et al.(2009)は本研究と同じく、被験者自身の行為が報酬獲得の有無に影響するものの、その結果は不確かである時に側坐核(Nucleus accumbens;NAc)の活動を見出しており注目に値します。

抑制的気質群でもスキップをしなかった人が半分ぐらいいるにもかかわらず、スキップをした人だけで分析するとスキップ回数が抑制的気質群で多くなりました。このことから、同じ抑制的気質でも個人差があることが示唆されます。その個人差の原因を調査するのが今後の研究課題です(この論点は後述する限界の考察と関連することに注意)。

○スキップ反応を許した実験2

本論文のミソはなんといってもスキップしても良い実験2です。研究チームはこれにより、確率的分類課題が上手なのは単に連合学習が得意なのか、回避傾向が高いからなのかが分かるとしています。もし本当にスキップが回避傾向を反映しているのなら、行動抑制が強い人で実験的に回避反応が多いということを示したことになり、非常に重要な知見になります。

しかし、本当にそうでしょうか?罰試行で用いられた刺激が現れたらスキップするというのも連合学習が得意な人で上手になる気がします。いつも最適反応をしても20%は必ず間違う仕掛けになっていますから、それならば罰試行ではスキップした方が適応的です(もちろん、どの刺激が罰と関連しているのかを学習するのにある程度の試行数が必要ですが)。

本実験では罰試行でスキップすることが「適応的」であるという分析も実施していました。たしかに、短期的には適応的かもしれませんが、スキップは罰試行を学習する機会を奪うことになるので、長期的にみると「非適応的」になるような気もします。スキップのコストを正確に定量化できるような実験が必要です。

○限界

大人が被験者ですから、子どもでも実験してみる必要がありますが、その際には子供でも簡単にできる課題にしなければなりません。今回の連合学習課題は非社会的なものですから、社会的な要素を持たせた実験も必要です。

抑制的気質群に振り分けわれた人が実験1で30%、実験2で37%を占め、少し多いような気がします。群の振り分けは行動抑制成人尺度(AMBI)の得点がある値以上かどうかということを基準に実施されており、これが原因の1つなのでしょう。

上の理由から、行動抑制の基準が若干緩い可能性があります。これが抑制的気質群でスキップの個人差が大きかった原因かもしれず、行動抑制がより極端な被験者とそうでない被験者との比較実験が求められます。

これらはあくまでも実験室での実験ですから、日常生活でどのように回避傾向が生じているのかは不明です。経験回避尺度(Experiential Avoidance Scale:EAS)や経験回避質問紙(Experiential Avoidance Questionnaire:EAQ)、ウェアブルカメラ等、抑制的気質が強い人は実際の生活場面でどのような行動特性を示すのかに関する調査が必要です。

○場面緘黙症の発症メカニズム(または重症化メカニズム)の研究に使える?

論文著者はスキップが負の強化(negative reinforcement)で促進されると述べています。負の強化とは刺激(たいていの場合、嫌悪刺激)が除去されることで反応(たいていの場合、嫌悪刺激を除去する反応)が増加することです。本実験では試行をスキップすることで罰せられなくなるので(刺激の除去)、スキップ反応が増加するというわけです。実際に本実験でも、試行が進行するとともに罰試行でスキップ反応の増加が生じました。

一方、場面緘黙症では喋ることに対する不安から身を守るために沈黙しているという説明を見かけることがあります。これも喋らないことで話すことの不安が取り除かれ、さらに喋らなくなるという負の強化のサイクルです。ただ、実際にそのことを実験的に確かめた研究はありませんから、あくまでも1つの仮説にすぎません。しかし、本研究で用いたような実験をすれば、場面緘黙児・者(または緘黙症リスクの高い人)が負の強化のサイクルに嵌りやすいか検証することも可能かもしれません。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP