社会恐怖症患者は潜在学習で尾状核頭の活動が低い | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   神経科学  »  社会恐怖症患者は潜在学習で尾状核頭の活動が低い

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

社会恐怖症(社会不安障害、社交不安障害)の神経科学的(脳科学的)研究では、表情などを用いた情動課題が用いられてきました。たとえば、恐怖の表情(Labuschagne et al., 2010)怒りの顔文字のようなもの(Evans et al., 2008)など社会的脅威となる表情で扁桃体が活性化することを見出してきました。

脅威表情よりも不安を煽る課題を用いた神経科学的研究もあります。たとえば、全般性社会不安障害の男性は4人の聞き手に対する即興スピーチが間近に迫っていると、扁桃体や海馬傍回、鉤といった辺縁系が活性化する(Lorberbaum et al., 2004)6~8人の聴衆の前でスピーチをすると、社会恐怖症(社交恐怖症)患者は右扁桃複合体で局所脳血流量が増加する(Tillfors et al., 2001)といった報告がされています。

しかし、社会恐怖症患者は情動課題での脳活動だけが異常なのでしょうか?そうではなく、潜在学習(implicit learning)という認知課題でも異常が認められるというのが今回の論文です。

Sareen, J., Campbell, D. W., Leslie, W. D., Malisza, K. L., Stein, M. B., Paulus, M. P., Kravetsky, L. B., Kjernisted, K. D., Walker, J. R., & Reiss, J. P. (2007). Striatal function in generalized social phobia: a functional magnetic resonance imaging study. Biological Psychiatry, 61(3), 396-404. DOI:10.1016/j.biopsych.2006.05.043.

★概要

○実験手続き

最終的にデータが有効になったのは健常者10人、社会恐怖症全般型患者10人でした(健常者群の平均年齢は28.4歳、社会恐怖症群の平均年齢は29.1歳)。

潜在系列学習(implicit sequence learning)課題を用いました。 潜在系列学習課題とは系列反応時間(serial reaction time:SRT)課題の一種で、潜在学習の計測に使用されます。潜在系列学習中にfMRI(機能的磁気共鳴画像法)で脳活動を計測しました。

潜在系列学習では被験者に気付かれないように刺激系列(刺激順序)を学習させました。ここではディスプレイを4つの区間に区切り、その内の1つに*を表示しました。被験者にはその位置に対応するキーを押してもらいました。これを複数行うことで、1つの刺激系列が完成しました。

ランダムな系列条件では刺激場所の順序をほぼランダムにしました。潜在学習条件ではいつも同じ位置の刺激系列を用いました(12個の刺激をいつも同じ位置、同じ順序で呈示)。ランダム系列条件と潜在学習条件は交互に実施しました。

*実験後、被験者に潜在学習条件、すなわちいつも同じ順番の刺激が入っていたことを教え、思い出すよう求めたところ平均して4つの順列まで想起することができました(社会恐怖症群と健常者群で有意差なし)。先行研究に従えば、これは顕在学習(explicit learning)ができていないことを示すそうです。

○実験結果

健常者群と社会恐怖症患者群で潜在系列学習課題の成績(反応時間、reaction time advantage:RTa、エラー反応率)に違いはありませんでした。両群ともに、潜在学習条件の方がランダム条件よりも反応時間が短くなりました(潜在学習の成立)。

reaction time advantageとは【(ランダム条件の反応時間-潜在学習の反応時間)/ランダム条件の反応時間×100】のことで、潜在学習の指標となります。反応時間は平均値ではなく、中央値であることに注意。

両群ともに、潜在学習条件で右尾状核尾、右上側頭回、右中心後回、右被殻が活性化しました(ランダム条件との比較)。

健常者群で潜在学習条件の方が脳活動が高くても、社会恐怖症患者群では潜在学習条件で活動が低い脳領域がありました(ランダム条件との比較)。それらは左尾状核頭、両側島皮質、左下頭頂葉でした。

実は社会恐怖症患者10人の内4名が他の精神疾患を合併していました。すなわち、大うつ病性障害、全般性不安障害、全般性不安障害とパニック障害、全般性不安障害とディスチミア(気分変調性障害,気分変調症)を合併していた患者がいたのですが、少なくとも左尾状核頭では合併患者を除外しても同じ結果でした。

社会恐怖症患者群ではreaction time advantage(RTa)が次の脳領域の活動と正の相関を示しましたが、健常者群では相関しませんでした(論文中ではこれらの脳領域が代償的機能を果たしているかもしれないと考察されています)。右中前頭回、右喫前部・上頭頂小葉(BA7)、右中心後回・下頭頂小葉/縁上回(BA40)、左小脳山腹(declive)、左帯状回(BA24)、中前頭回、中後頭回

補足:脳活動(BOLD信号)とリーボビッツ社会不安尺度(Liebowitz Social Anxiety Scale:LSAS)得点やスピールバーガー状態-特性不安質問票(Spielberger State-Trait Anxiety Inventory:STAI)の状態不安得点、ベック抑うつ質問票(Beck Depression Inventory:BDI)得点との相関は有意でありませんでした。

★コメント

以上をまとめると、

健常者群と比較して社会恐怖症群は潜在系列学習で反応時間やエラー率等行動成績に有意差はなかったものの、左尾状核頭、両側島皮質、左下頭頂葉の活動が低い

ということになります。潜在学習は主に線条体を活動させることから、研究チームは特に左尾状核頭の活動低下を重視しているようです(というか、研究の目的自体が社会恐怖症患者の線条体活動の調査にあったのですが)。


*尾状核とは大脳基底核を構成する神経核のことで、線条体の1つです。尾状核は被殻とセットで線条体を形成しています。後に述べる側坐核も線条体の一部です。尾状核・被殻は背側線条体、側坐核は腹側線条体と呼ばれることもあります。

不安惹起や表情刺激などの情動・感情的要素がない本研究はなにも単なる思いつきで行われたのではなく、きちんとした論拠があります。社会恐怖症(社会不安障害)とドーパミン、社会恐怖症とパーキンソン病の関連性が疑われていることが本研究の背景にありました。

社会恐怖症とドーパミンに関してはたとえば、単一光子放射型コンピュータ断層撮影法(SPECT:Single Photon Emission Computed Tomography)を用いた研究によって、全般性社会不安障害者の線条体で、ドーパミントランスポーターの密度が低下していること(Tiihonen et al., 1997)社会不安障害者の線条体でドーパミン受容体の一種であるD2受容体の結合能が低下していること(Schneier et al., 2000)が示されていました。

また、社会恐怖症とパーキンソン病に関しては、パーキンソン病患者の半数が社会不安障害であるという報告もあります。パーキンソン病はドーパミンが欠乏することが原因であることは周知の事実です。ドーパミンは線条体の主要な神経伝達物質です。

したがって、社会恐怖症患者の線条体機能が異常である可能性があったのですが、それを潜在学習において初めて実証したのが本論文です。潜在学習には線条体が関与しているとされていますから、課題も妥当なものです。ただ、サンプルを増やした追試や拡張型の研究(extended research)がほとんどされていないのが残念ですが。

近年、社会恐怖症のリスクである行動抑制と線条体の関係に注目が集まっています。たとえば、乳幼児期に行動抑制傾向のあった人は青年期になると、自らの行為が金銭報酬の獲得を左右すると思っている時に側坐核が活性化する(Bar-Haim et al., 2009)乳幼児期に抑制的気質であった人が思春期になってから実施した金銭報酬遅延課題(Monetary Incentive Delay task:MID)で線条体が活発であると、成人後に物質使用問題(薬物使用問題)が重篤になる(Lahat et al., 2012)といった研究が出てきています。場面緘黙症の背景には抑制的気質があるといわれていますが、緘黙関係者も扁桃体ばかりに注目せずに、線条体にも注目してもらいたいものです。

*抑制的気質が強いと扁桃体の興奮閾値が低いと考えられています。

社会恐怖症患者群には軽度のうつ症状がありました。これが実験結果に影響した可能性があります。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP