社会不安障害患者は信頼ゲームで内側前頭前野の活動が低い | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   神経科学  »  社会不安障害患者は信頼ゲームで内側前頭前野の活動が低い

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

社会不安障害(社交不安障害・社交不安症)の研究では表情課題を用いることがあります。たとえば、恐怖の表情(Labuschagne et al., 2010)怒りの顔文字のようなもの(Evans et al., 2008)を見た時の脳活動をfMRI(機能的磁気共鳴画像法)で計測した研究があります。他にも全般性社会不安障害の男性が被験者となりスピーチの予期不安をfMRIで検証した研究(Lorberbaum et al., 2004)社会恐怖症患者が6~8人の聴衆の前でスピーチをしたときの局所脳血流量の変化をポジトロン断層撮影法(PET)で検証した研究(Tillfors et al., 2001)があります。

*実際には表情課題やスピーチ課題以外にも、chat room task(チャットルーム課題)での脳活動をfMRIで計測した研究もあります。chat room taskとは自分がチャットしたい/したくないと思った相手からの評価を考えている時の脳活動を計測する課題のことです。詳しい実験手続きはGuyer et al.(2008)を参照して下さい。

しかし、表情課題やスピーチ課題だけでは、実際の社会的状況を十分に実験的に再現することができないことも事実です。特に社会的不安感情ではない社会認知的側面は以上のような実験では検証できません。したがって、今回取り上げる論文のように「信頼ゲーム」などの実験経済学的アプローチで、その限界を克服することが必要となります。

Sripada, C. S., Angstadt, M., Banks, S., Nathan, P. J., Liberzon, I., & Phan, K. L. (2009). Functional neuroimaging of mentalizing during the trust game in social anxiety disorder. Neuroreport, 20(11), 984-989. doi:10.1097/WNR.0b013e32832d0a67.

★概要

○実験手続き

健常者26人(平均年齢28歳)、全般性社会不安障害患者26人(平均年齢33歳)が参加。

信頼ゲーム(trust game)をfMRIで脳活動を計測しながら実施。

信頼ゲームとは実験経済学で用いられてきた研究手法のことです。近年神経経済学という分野が流行しています。これは経済ゲーム実験をfMRI等神経科学的アプローチで分析し、人の行動原則や人間心理に迫る研究分野のことで、信頼ゲームもfMRIによる検討がされてきています。

信頼ゲームは2人で行う経済ゲームです。被験者は全員、第一プレーヤーに割り当てられました。本実験では1試行ごとに第一プレーヤーに20ポイント与えられました。1試行ごとに、ポイントを2人で平等に分けるか(平等分配で10ポイント獲得)、20ポイントすべてを相手(第二プレーヤー)に「投資」するかどうかの選択を被験者に求めました。

*本論文ではポイントという表現ではなく、金銭ユニット(monetary units)という表現が使用されていますが、本ブログでは1金銭ユニット=1ポイントとします。

投資した場合は20ポイントが2倍になりました。第二プレーヤーはその40ポイントを平等分配して20ポイントずつ分けるのか、独り占めして被験者にはなにも渡さないのか決定しました。つまり、投資すると、投資しなかった場合よりも被験者の獲得ポイントが2倍になる可能性がありますが、逆にまったくポイントが手に入らない可能性もでてくるわけです。

第二プレーヤーが人間である(と思わされている)場合は第二プレーヤーが平等分配(互酬)する可能性が50%以上の場合、約50%の場合、50%未満の場合の3つのタイプの相手がいるよと被験者に教示しました。この3タイプのプレーヤーは顔写真の色で区別できました。また、第二プレーヤーとしてのコンピュータが50%の確率で平等に利得配分するよと教示した実験条件も設定しました。

*実際には3タイプの第二プレーヤー(人間)の互酬確率は固定されており、それぞれ75%、50%、25%でした(これは被験者には知らせない)。

投資するかどうかの意思決定後、第二プレーヤーの選択に関するフィードバックが呈示されましたが、投資しなかった場合でも相手の仮の選択を被験者に示しました(投資した場合は実際の第二プレーヤーの選択をフィードバック)。実験終了後に信頼ゲームの成果が実際の金銭に変換され、支払われました。

○実験結果

健常統制群でも社会不安障害群でも相手が平等分配(互酬)する可能性が高いほど、投資を選択しました。約50%の互酬性の場合、相手が人間であっても、コンピュータであっても投資選択率に有意差はありませんでした。

健常者群では人間相手の信頼ゲームで背内側前頭前野、右下前頭回、鳥距皮質、下後頭回、中後頭回、中側頭回、被殻、中心後回が活性化しました(コンピュータが相手の場合との比較)。社会不安障害患者群でも鳥距皮質、下後頭回、紡錘状回、海馬が人間相手の信頼ゲームで賦活しました(コンピュータが相手の場合との比較)。

しかし、社会不安障害群では人間相手の信頼ゲームで内側前頭前野の興奮がなく、健常者群との比較でも内側前頭前野の活動が低いことが分かりました(コンピュータが相手の場合との比較)。また、コンピュータが相手の信頼ゲームと注視点を比較しても内側前頭前野の活動に群間の有意差は生じませんでした(ベースライン条件に差なし)。

★コメント

近年、経済ゲームを神経科学的に解剖しようとする試みがされていますが、実はこれを精神疾患や発達障害の研究に応用しようとする動きが勃興しています。本研究もその流れを受けたものです。

経済ゲーム実験での内側前頭前野はメンタライジング(mentalizing)に関与しているとされます(ただし、因果関係かどうかは不明)。裏切られるリスクを冒してまで、相手にお金を付託(信頼)するかどうかを決める際には、相手の"心"を読もうとしますよね。したがって、本研究は社会不安障害の人が相手を信頼して、お金を預けるかどうか決定する際に他者に心を帰属することが適切にできていない可能性を示唆しています。

*メンタライジングとは他者の意図や目標などの心の状態を推論したり、他者に心があると認識する能力のこと。

人間相手の信頼ゲームで健常者群は背内側前頭前野を賦活させました。私の理解に間違いがなければ、背内側前頭前野はメンタライジングの中でも他者に関する判断を担う脳領域です。一方、腹内側前頭前野はメンタライジングの中でも自己に関する処理を行ったり、心の理論の感情的要素に関与する脳部位です。腹側は脳深部に近くて、背側は脳表面に近い領域ですから、進化論的に分かりやすいですよね(ちなみに線条体も腹側が感情的な要素を、背側が認知的要素を担っていると思われます)。

*腹内側前頭前野に関しては、他者が食物を不味いと言って吐き出す文よりも他者が食事でむせて、吐くという文を読んだ方が社会不安障害患者の左腹内側前頭前野が活性化するという研究(Blair et al., 2010)があります(健常統制群は患者群とは逆の脳活動)。

○限界

うつ症状が社会不安障害群で高くなっている(健常統制群との比較)ので、うつの影響を排除できないのが残念です。人間対コンピュータの比較で脳活動の差を出しているのですが、人間相手の語尾にsがついていたので、互酬確率が25%・75%のデータも一緒くたに分析していると考えられます。50%の互酬確率だけで人間対コンピュータの統計的検定をかけたらどうなったのか気になるところです。

探索的研究で、多重比較の補正を用いていません。したがって、有意差検出の基準が若干緩く、差がないのに差があると判断してしまう第1種の過誤(Type I error)を犯している可能性が高くなっています。

○経済ゲームは精神医学会に革命をもたらすか?

経済ゲームはなにも社会不安障害の研究だけに用いられているものではありません。社会神経経済学の基礎研究で使用されているのはもちろんのこと、AD/HD(注意欠陥・多動性障害)や自閉症スペクトラム障害等の発達障害、統合失調症や境界性人格障害、ダークトライアド(Dark Triad)と呼ばれるマキャベリズムやサイコパス等でも実験経済学的アプローチが試みられています。

*ダークトライアドとはサイコパス、マキャベリズム、ナルシシズムの3つの性格特性のこと。

2010年にNeuron誌に掲載されたKishida et al.(2010)や2012年にNeuroscience & Biobehavioral Review誌に掲載されたHasler(2012)は精神医学で神経経済学がいかに重要な研究パラダイムであるかを論考しています。

Hasler, G. (2012). Can the neuroeconomics revolution revolutionize psychiatry? Neuroscience & Biobehavioral Reviews, 36(1), 64-78. doi:10.1016/j.neubiorev.2011.04.011.

Kishida, K. T., King-Casas, B., & Montague, P. R. (2010). Neuroeconomic approaches to mental disorders. Neuron, 67(4), 543-554. doi:10.1016/j.neuron.2010.07.021. doi:10.1016/j.neuron.2010.07.021.

それだけでなく、2012年には生物学的精神医学会の学術誌、Biological Psychiatryの72巻2号に精神病理の研究における神経経済学的アプローチの近年の進歩(Recent Advances Using Neuroeconomics to Investigate Psychopathology)と題する特集号が組まれ、以下のレビュー論文等が掲載されました。

Chang, S. W., Barack, D. L., & Platt, M. L. (2012). Mechanistic classification of neural circuit dysfunctions: Insights from neuroeconomics research in animals. Biological Psychiatry, 72(2), 101-106. doi:10.1016/j.biopsych.2012.02.017.

King-Casas, B., & Chiu, P. H. (2012). Understanding interpersonal function in psychiatric illness through multiplayer economic games. Biological Psychiatry, 72(2), 119-125. doi:10.1016/j.biopsych.2012.03.033.

Kishida, K. T., & Montague, P. R. (2012). Imaging models of valuation during social interaction in humans. Biological Psychiatry, 72(2), 93-100. doi:10.1016/j.biopsych.2012.02.037.

Sharp, C., Monterosso, J., & Montague, P. R. (2012). Neuroeconomics: a bridge for translational research. Biological Psychiatry, 72(2), 87-92. doi:10.1016/j.biopsych.2012.02.029.

精神疾患や発達障害の神経経済学的アプローチは症状・障害の理解や治療法の確立だけでなく、エンドフェノタイプ(中間表現型:intermediate phenotype)の探求にも使用されています。

エンドフェノタイプとは精神疾患・発達障害の遺伝的因子の効果が心理学的/神経生物学的に現れた結果として認知機能や神経画像データを考える概念のことです。遺伝解析研究の結果が一貫しないことが少なからずあるので、エンドフェノタイプが重視されるようになっています。将来的には場面緘黙症のエンドフェノタイプが…なんていう議論が起こるかもしれませんよ(笑)。

なお、今回の信頼ゲームでは社会不安障害患者の内側前頭前野の活動が低いという結果になっていますが、反対に活動が増加する時もあります。それは「あなた(被験者)は馬鹿だ」という文を読んだ時です。「あなたは馬鹿だ」のように被験者を否定するような文を読むと、内側前頭前野だけでなく、扁桃体も活性化したとの報告(Blair et al., 2008)があります。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP