両眼視野闘争で笑顔が見えない社会不安障害患者 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(社会不安)に関する興味深い研究  »  両眼視野闘争で笑顔が見えない社会不安障害患者

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(要旨)全文と実験方法の一部、実験結果の全文を読んだ、社会不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社会不安なのかというと、場面緘黙症児(選択性緘黙症児)は社会不安が高いか、もしくは社会不安障害(社交不安障害,社交不安症)を合併していることが多いという知見があるからです。

今回は社会不安障害者は両眼視野闘争で笑顔が意識に上る時間が短いという研究です。

両眼視野闘争とは左右の眼で異なる画像を見た時にどちらか片方の画像だけ見えているように感じ、時間の経過とともに意識に上る画像が切り替わる現象のことをいいます。たとえば、右目にバナナの画像を、左目にイケメン男性の画像を呈示すると、ある時にはバナナだけが見えて、ある時にはイケメン男性しか見えないのです。英語だと両眼視野闘争はbinocular rivalryという表記になります。

なお、社会不安以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒3歳の子どもでもシャーデンフロイデを示す

↑シャーデンフロイデとは他者に不幸が起こったことを知って喜ぶことです。「他人の不幸は蜜の味」という感情が3歳の子供でもあるわけです。

Anderson, E. C., Dryman, M. T., Worthington, J., Hoge, E. A., Fischer, L. E., Pollack, M. H., Barrett, L. F., & Simon, N. M. (2013). Smiles may go unseen in generalized social anxiety disorder: Evidence from binocular rivalry for reduced visual consciousness of positive facial expressions. Journal of Anxiety Disorders, 27(7), 619-626. doi:10.1016/j.janxdis.2013.07.004.

アメリカボストンにあるノースイースタン大学心理学部、マサチューセッツ総合病院/ハーバード大学医学大学院不安・外傷性ストレス障害センター(Center for Anxiety and Traumatic Stress Disorders)、ラッシュ大学医療センター精神医学部の研究者達の論文です。

○実験手続き

参加者は健常者73人(平均年齢41歳)と社会不安障害全般型患者56人(平均年齢35歳)、全般性不安障害患者36人(平均年齢41歳)。以下、全般型社会不安障害をGSAD(Generalized Social Anxiety Disorder)、全般性不安障害をGAD(Generalized Anxiety Disorder)と称す。

両眼視野闘争実験では人間の顔と家を重ね合わせた画像を刺激として用いました。顔は赤色で、家は緑色でしたので、赤いフィルターをかけたグラスを通して見ると家の画像しか見えず、緑色のフィルタグラスを通して見ると顔の画像しか見えません。したがって、左右の眼で異なる色のフィルターを使えば、同じ刺激画像でも違う画像を目に与えることができるわけです。

顔の表情は笑顔、しかめっ面、中性表情(無表情)を用いました。

○実験結果

両眼視野闘争でGSAD群は笑顔を見る時間が減少していました(GAD群・健常者群との比較)。しかし、しかめっ面では有意差が検出されませんでした。家を見る時間も精神障害の有無と関係しませんでした。

また、健常者群と比較してGSAD群は両眼視野闘争の最初に意識に上る刺激が顔であることは少ない結果となりました。ちなみに不安障害の有無にかかわらず、ポジティブ感情が強いと最初に顔を見る可能性が高まりました。

*ポジティブ感情はポジテイブ・ネガテイプ感情尺度改訂版(Positive and Negative Affect Schedule–Revised:PANAS-X)で評定。

○コメント

この結果は社会不安障害患者はポジティブ刺激から注意を逸らすのが早いという研究(Chen et al., 2012)と呼応します。他にも社会不安が高い人は指示性忘却でポジティブ語を忘れるのが得意(Liang et al., 2011)高社会不安群は笑顔を高評価するのに、回避する(Heuer et al., 2007)といった研究が社会不安とポジティブ刺激への反応傾向の異常性の関係を示しています。

先行研究とは違い、今回の論文は両眼視野闘争という実験方法を用いているところがユニークで、面白いと感じました。上にあげた複数の研究と考え合わせると、社会不安の影響は視線や認知、接近-回避傾向だけでなく、低次元の視知覚にまで及んでいるのかもしれません。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP