恐怖は触覚を鈍感にさせる | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  恐怖は触覚を鈍感にさせる

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(要旨)と実験の目的・実験方法・実験結果を読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙症児は不安が高いか、もしくは不安障害を合併していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会が発行するDSM-5では場面緘黙症(選択性緘黙症,選択的緘黙症,選択緘黙症)が不安障害(不安症)となりました。

今回は恐怖は触覚を鈍感にさせるというお話です。

*不安と恐怖は違います。不安とは不確かさや曖昧性が高い出来事や未来の事象に対して生じる比較的持続的な情動のことですが、恐怖とは目の前にあるネガティブ刺激や今現在起こっているネガティブな出来事に対して生じる、比較的短時間で終わる情動のことです。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒2D:4Dの男女差が少ない国は性的平等性が高い

↑2D:4Dとは何ぞや?という方もいらっしゃるでしょうが、人差し指と薬指の長さの比のことです。2D:4Dは胎児期のホルモン暴露量を反映していると考えられており、様々な心理尺度・行動尺度との相関を求める研究が盛んに行われています。胎児期のテストステロン暴露量を2D:4Dから推定することで、その影響を間接的に測ろうということです。ちなみに男性の2D:4Dは女性の2D:4Dよりも低いことが分かっていて、これもホルモンの影響だと考えられています。

Kelley, N. J., & Schmeichel, B. J. (2014). The effects of negative emotions on sensory perception: Fear but not anger decreases tactile sensitivity. Frontiers in Psychology: Emotion Science, 5:942. doi:10.3389/fpsyg.2014.00942.

アメリカのテキサス州カレッジステーション市に本部があるテキサスA&M大学心理学部の研究者達による研究論文です。

○背景と目的

情動と感覚に関する研究は視覚ばかりが優先的に研究されていて、それ以外の感覚については調査が少ないのが現状です。そこで、本実験では情動の中でも恐怖を取り上げ、恐怖が触覚に与える影響を調べることを目的としました。

○実験1

心理学専攻の大学生88人(女性55人:18~23歳)のデータが有効になりました。後に述べる情動記憶課題の中性情動条件に27人、怒り情動条件に30人、恐怖情動条件に31人がランダムに割り当てられました。

*情動はvalenceとarousalという二次元で表現できます。valenceとは情動価のことで、ポジティブかネガティブ(か中性)軸で、arousalとは覚醒水準のことで、高いか低いかです。怒りと恐怖はともに情動価がネガティブで覚醒水準が高い情動と考えられます。したがって、怒りを比較対象としました。ただし、情動は3次元で表現できるという研究者もいます。

質問紙は行動抑制系(Behavioral Inhibition System:BIS)と行動賦活系(Behavioral Activation System:BAS)を計測するもの、3ドメイン嫌悪感受性質問紙(three domain disgust sensitivity questionnaire:TDDS)、UCLA孤独感尺度(UCLA loneliness scale)、サウサンプトンノスタルジア尺度(Southampton Nostalgia Scale:SNS)を用いました。その他、怒りと恐怖を含むベースラインの情動状態を5件法で評価させました。

*ここでの行動抑制系はハーバード大学のJerome Kagan名誉教授のものとは違います。Jerome Kagan教授の行動抑制については「行動抑制の概念 by Jerome Kagan」を、行動抑制系/行動賦活系については「Grayの行動抑制系と前頭前野における脳波の非対称性」や「トリプトファン枯渇で脅威に対する扁桃体/海馬の反応が増強」を参考にしてください。

情動記憶課題(emotional memory task)で中性情動か怒り情動、恐怖情動を喚起した後、2点弁別課題(two point discrimination task)で触覚の感度を評価しました。情動記憶課題には自伝想起課題(autobiographical recall task)を用いました。自伝想起課題ではそれぞれの情動が起こった経験を思い出してもらいました。ただし、中性条件ではいつもと同じ時の経験を想起してもらいました。それらをメモ用紙に書きつけ、もう一度情動評価をしました。

2点弁別課題では人差し指の2点を刺激した時にその2つが別のものであると識別できるかどうか試しました。2点の距離は最小で2mm、最大で8mmとしました。なお、刺激部位は被験者から見えないようにしました。2点弁別課題の後、痛覚感受性質問紙(Pain Sensitivity Questionnaire:PSQ) に回答しました。PSQは仮想シナリオでどれぐらい痛みを感じるか想像してもらう質問紙です。

実験の結果、ベーラインの恐怖を統制すると、自伝想起課題で恐怖が高まったことが確認されました(中性条件と怒り条件では有意差なし)。怒りも自伝想起課題で高まりました(中性条件と恐怖条件では有意差なし)。ちなみに、ベースラインの恐怖・怒りは実験条件間で異なることはありませんでした。

恐怖記憶の想起で2点弁別課題の成績が低下し、触覚の敏感性が弱まったことが示されました(中性条件・怒り条件との比較/中性条件と怒り条件では有意差なし)。また、自伝想起課題が痛覚感受性に影響したことを示すデータがでなかったことや痛覚感受性が2点弁別課題のエラー数と相関しなかったことから、情動が痛覚に影響し、それが触覚敏感性の変化につながったという説明はできませんでした。

○実験2(再現実験)

実験2では中性・恐怖・怒り情動を強めるのに自伝想起課題ではなく、画像視課題(image viewing task)を用いました。被験者数は中性条件が43人、怒り条件が41人、恐怖条件が38人でした。写真は国際感情写真システム(International Affective Picture System:IAPS)やインターネットのものを用いました。

後の実験手続きは実験1とほとんど同じでした。

情動惹起は実験1と同じく成功しました。ただし、実験1とは違って怒り条件の被験者は中性条件の被験者よりも写真呈示後に恐怖を強く感じ、恐怖条件の被験者は中性条件の被験者よりも写真呈示後に怒りを強く感じていました。

情動条件が触覚感受性に与える影響は実験1と同じでした。すなわち、恐怖写真群は2点弁別課題でエラーが多くなり、触覚が鈍感になったことが示されました(中性条件・怒り条件との比較/中性条件と怒り条件では有意差なし)。

○実験3(素朴信念の影響を排除)

実験1、実験2ともに被験者に本当の研究目的を伝えていたことから、実験協力者の素朴信念(naïve beliefs)が原因の可能性があります。ここでの素朴信念とは情動が触覚感受性に与える影響についての被験者自身の考えのことです。素人理論ともいえます。したがって、実験3の目的は素朴信念の影響を調べることでした。

46人のテキサスA&M大学の大学生が参加しました。5つの情動(幸福・怒り・恐怖・悲しみ・嫌悪)が触覚感受性に与える影響についての信念を7件法で評価してもらいました。

その結果、テキサスA&M大学の大学生は恐怖は怒り・嫌悪・悲しみ・幸福よりも触覚感受性を高めるとの素朴理論を持っていることが示されました(ただし、幸福は有意傾向)。ゆえに、恐怖条件で触覚感受性が低下したという実験1・2の結果は素朴信念では説明できないといえます。

○コメント

本実験結果は恐怖が触覚の敏感性を高めると予測する進化論(または進化心理学)の仮説とは矛盾するようです。しかし、末梢系の生理心理学的研究の知見とはよく一致すると研究チームは考えています。

論文著者によれば、本実験は情動が触覚敏感性に与える影響について調べた初めての研究のようです。したがって、追試による再現性の確保や性別や年齢などの調整要因について深く掘り下げた研究が望まれます。

関連記事⇒特性不安が高い人はにおい検出課題が得意

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP