視点取得能力が低い社会不安障害患者 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(社会不安)に関する興味深い研究  »  視点取得能力が低い社会不安障害患者

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(要旨)、序論、研究方法、研究結果を読んだ、社会不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社会不安(障害)なのかというと、場面緘黙症児(選択性緘黙症児)は社会不安が高いか、もしくは社会不安障害(社交不安障害,社交不安症)を合併していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は社会不安障害の人は視点取得(Perspective Taking)が苦手という研究です。

視点取得とは他者の視点になって考えて、その意図を読んだり、自分の行動が相手に与える影響を推測したりする能力のことです。

なお、社会不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒注意能力が低い小学生に雑音を聞かせると実行機能が改善する

Janssen, G., De Mey, H., Hendriks, A., Koppers, A., Kaarsemaker, M., Witteman, C., & Egger, J. (2014). Assessing Deictic Relational Responding in Individuals With Social Anxiety Disorder: Evidence of Perspective-Taking Difficulties. The Psychological Record, 64(1), 21-29. DOI:10.1007/s40732-014-0013-3.

オランダのフィンセント・ファン・ゴッホ精神医学研究所神経精神医学中核的研究拠点(Centre of Excellence for Neuropsychiatry)、フィンセント・ファン・ゴッホ精神医学研究所不安障害センター、ナイメーヘンラドバウド大学行動科学研究所、ナイメーヘンラドバウド大学認知科学センタードンデルス研究所脳認知行動部門、司法精神医学ポンペ研究所の研究者達による論文です。

○基礎知識

近年、関係フレーム理論/関係枠理論(relational frame theory)と呼ばれる考え方が注目されています。関係フレーム理論とは複数の刺激間の関係を一方向にしか学習しなくても、双方向的な学習ができることをいいます。たとえば、A-B間の関係とB-C間の関係を学習すると、直接学習していないA-C間の関係を理解できるのです。関係フレーム理論はDerived Relational Responding(DRR,派生的関係づけ反応)という過程に基礎をおいています。Derived Relational Respondingとは物理的特性とは別に刺激を関連づける能力のことです。関係フレーム理論は人間の言語行動や認知機能の分析に役立ちます。

なお、関係フレーム理論はアクセプタンス・コミットメント・セラピー(Acceptance and Commitment Therapy:ACT)を支える理論となります。アクセプタンス・コミットメント・セラピーとは第3世代行動療法と呼ばれている心理療法のことです。

視点取得もDerived Relational Respondingの一種と考えることが可能で、専門的には直示的フレーミング(deictic framing)といいます。直示的フレーミングは対人的側面(私-あなた)、空間的側面(ここ-そこ)、時間的側面(今-あの時)の3次元から構成され、学習されます。また、本論文によればDerived Relational Respondingの発達は心の理論研究における視点取得能力の発達と並行するそうです。正信念(True Belief)や誤信念(False Belief)の理解力の発達とも関連するようです。

○方法

被験者は社会不安障害の大人13人(女性9人,平均年齢38歳)と健康な大人14人(女性9人,平均年齢34歳)。社会不安障害群の内3人がベンゾジアゼピン系抗不安薬を、2人がSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を服用中。

対人行動尺度(Scale for Interpersonal Behaviour:SIB)でアサーティブネス特性(自己主張特性)を評価。SIBは社会的状況でのパフォーマンスや社会的交流での快適度・恐怖を評価。SIBによって社会不安障害の人の回避や恐怖を確認。

レーヴン漸進的マトリックス検査(Raven’s Standard Progressive Matrices:RPM)という知能検査(IQテスト)で抽象的推論能力や類推能力を評価。

直示的フレーミング課題(Deictic Framing Task:DFT)で視点取得能力を評価。直示的フレーミング課題では、対人的(私-あなた)、空間的(ここ-そこ)、時間的(今-あの時)な情報を含む問題が呈示されます。反応は対人的・空間的・時間的要素と関係複雑性の2次元から分析されました。関係複雑性は3種類からなり、それによって要求される視点取得能力(難易度)が変わりました。

・関係複雑性が単純な問題の例:「私は赤のれんがを持っていて、あなたは緑のれんがを持っている。私が持っているのはどっちで、あなたがもっているのはどっち?」
・関係複雑性が逆転型の問題の例:「私は赤のれんがを持っていて、あなたは緑のれんがを持っている。もしあなたが私で私があなたなら、私が持っているのはどっちで、あなたがもっているのはどっち?」
・関係複雑性が2重逆転型の問題(対人的・空間的・時間的側面のいずれか2つを逆転させる問題)の例:「私はここの青い椅子に座っていて、あなたはそこの黒い椅子に座っている。もし私があなたであなたが私、ここがそこでそこがここなら、私はどこに座っていて、あなたはどこに座っている?」

○結果

統制群と社会不安障害群に知能の差はなし。統制群と比較して社会不安障害群は社会的交流で恐怖を強く感じ、社会的交流に参加することが少ない結果となりました。

直示的フレーミング課題が複雑になるにつれて正答率が減少し、この傾向は統制群でも社会不安障害群でも変わりませんでした。また、試行の種類で正答率が異なりました。正答率が高い順に対人的(私-あなた)≒時間的(今-あの時)>空間的(ここ-そこ)となりました(統制群でも社会不安障害群でも同じ結果)。しかし、試行ごとの正答率の違いは逆転試行でだけ生じました。反応潜時(反応時間)は試行の種類による影響を受けませんでした。

*対人的・時間的・空間的試行の間の差の分析は単純型の問題と逆転型の問題に対して行い、2重逆転型の結果は使用しませんでした。

統制群と比較して社会不安障害群は視点取得が苦手でした。しかしこれは逆転試行だけで、単純試行や2重逆転試行では有意差が検出されませんでした。なお、対人的・時間的・空間的な試行のいずれにおいても社会不安障害群の方が視点取得の成績が低い結果となりました。この結果はIQ(知能指数)を統制しても有意でした。

社会不安障害群は単純試行から逆転試行への成績の低下が有意である一方で、統制群は有意ではありませんでした。なお、前者は26%の成績低下で、後者は5%の成績低下でした。また、統制群は逆転試行から2重逆転試行での成績低下が有意で、28%でした。

統制群と比較して社会不安障害群は逆転試行の時間的・空間的試行で反応が遅く、2重逆転試行でも同様に反応時間(反応潜時)が長くなりました(ただし、有意傾向)。

○まとめ

健康統制群は逆転試行でも成績がそんなに低下せず、2重逆転試行で初めて顕著な成績の低下を示しました。一方、社会不安障害群は逆転試行の時点から成績が低下し始めました。対人的・時間的・空間的いずれにおいても社会不安障害群は視点取得が苦手でした。これはIQの違いでは説明できませんでした。

関連記事⇒心の理論課題に障害がある社会不安障害

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP