ホラー映画鑑賞後に興奮するとリスク行動が増加する | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  ホラー映画鑑賞後に興奮するとリスク行動が増加する

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(要旨)、実験方法、実験結果を読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙症児は不安が高いか、もしくは不安障害を合併していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症(選択性緘黙症,選択的緘黙症,選択緘黙症)が不安障害(不安症)になりました。

今回はホラー映画の視聴で恐怖・不安が高まった後に、経済的意思決定ゲームをカジノゲームとフレーミングされると興奮しやすくなり、その興奮がリスク行動を増加させるというお話です。

不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒恋人がいる大学生に多い遺伝子型はセロトニン受容体1Aに関係する
↑恋人がいる大学生に多い遺伝子型、逆に言えば恋人がいない大学生に多い遺伝子型が発見されました。これは世界で初の発見で、さらなる追試が求められます。

Lee, C. J., & Andrade, E. B. (2015). Fear, excitement, and financial risk-taking. Cognition & Emotion, 29(1), 178-187. DOI:10.1080/02699931.2014.898611.

韓国ソウルの国立大学KAIST経営大学(KAIST College of Business)マーケティング学部、ブラジルリオデジャネイロのジェトゥリオ・ヴァルガス財団(Fundação Getulio Vargas:FGV)行政経営学ブラジリアン学校(Brazilian School of Public and Business Administration)マーケティング学部の研究者達による論文です。ちなみにKAISTとはKorea Advanced Institute of Science and Technologyの略で、日本語に邦訳すると韓国科学技術院となります。

○目的

恐怖を興奮と解釈することがリスク行動に影響するかどうかを調べることを目的としました。研究チームの仮説は、恐怖を興奮と再解釈するとリスクテイキングが増加するというものでした。

○方法

117人の学生(女子が80人、平均年齢は20.7歳)が参加。実験は被験者間計画(between-subjects design)で、情動(恐怖 or 統制)×フレーミング条件(株式市場への投資 or カジノゲーム)の4種類。4条件におよそ30人ずつランダムに割り当て。

情動喚起はビデオの評価と称する実験で密かに行いました。恐怖誘導群は2つのホラー映画の一部(ムービークリップ)を鑑賞しました。その2つのホラー映画とはシックス・センスとザ・リングでした。統制群はドキュメンタリー映画のムービークリップを視聴しました。ベンジャミン・フランクリンとフィンセント・ファン・ゴッホのドキュメンタリーでした。

動画視聴後、ビデオや情動状態に関する質問に回答してもらいました。質問項目には恐怖や不安、興奮度を測るものが含まれていました。

動画による情動喚起(+質問への回答)後、金銭的意思決定課題『cash-out game(清算ゲーム:売却ゲーム)』を行いました。株式市場への投資をフレーミングする群では自分の株式証券を取引しているように行動するよう求めました。一方、カジノゲーム群ではカジノで楽しくなるように振る舞うことを求めました。株式市場群でもカジノゲーム群でも全く同じゲーム課題を実施したのですが、フレーミングだけが異なるということがポイントです。

清算ゲームでは参加費用15ドルの内、10ドルが手持ちの資産となりました。資産価値の変動はコンピュータモニターを通して見ることができました。ラウンドは25回あり、それぞれのラウンドごとに現在の資産価値の情報を呈示し、資産を売却するかどうか決定しました。資産を売却して得た金額または最後まで資産を保持した場合は最終的な資産価値が実際の被験者のポケットマネーとなりました(お金ゲッツ!)。

被験者には1ラウンドごとの資産の絶対価格の変動はランダムであると伝えました。しかし、資産価値の変化の方向(増加 or 減少)は被験者「群」の以前の意思決定によって決まると教示しました。つまり、株式市場群でもカジノ群でも30人ほどの被験者のグループで実験を行っていましたが、他の被験者の売却行動も資産価値に影響すると教示しました(実際は資産価値の変動は実験者があらかじめ決めていたことに注意)。

実験のイメージが全然わいてきませんが、以下の点だけ押さえておけば大丈夫です(ではなぜ長ったらしく実験の説明をしたのか!とお怒りかもしれません。しかし、実験は細かい相違点で結果が違ってくることもあるので、詳細まで書いた方が良いというのが私の考えです)。実験結果はできるだけ早い時期に資産を売却する方がリスク嫌悪で、遅い時期に売却する方がリスク志向であると解釈されました。したがって、資産の売却が遅い=ラウンド回数が多い=リスク志向という解釈になります。

早い時期に資産を売ることをリスク嫌悪(または売却が遅ければリスク志向)と解釈する理由は不確実な資産価値の変動に身をゆだねるよりは、資産価値が明らかな段階で売却した方がリスク嫌悪だと解釈できるためです。実際の株式市場を想像してみてください。資産価値が分かりきっているうちに売却するよりも、市場の流れに任せる方が資産価値が変動し、不確かです。したがって、清算ゲームのラウンド回数が多い方が資産価値の変動に身をゆだねるということですので、リスク行動になります。

清算ゲーム終了後、9件法によりゲーム中の情動状態(不安・恐怖・幸福・悲しみ・退屈・リラックス・興奮)を評価しました。

○結果

統制群(ドキュメンタリー群)よりもホラー映画群で恐怖・不安が高くなりました。ホラー映画群は興奮よりも恐怖・不安が高くなりました(興奮レベルは統制群と変わらず)。また、ホラー映画×カジノフレーミング群でのみ、清算ゲーム後の情動評価で恐怖・不安よりも興奮が高くなりました→解釈:恐怖・不安を興奮と再解釈した

統制群はフレーミング(株式市場 or カジノゲーム)が清算ゲームのラウンド回数に影響を与えませんでした。しかし、ホラー映画を観た恐怖・不安群は株式市場フレーミング群よりもカジノフレーミング群の方がラウンド回数が多くなりました。

株式市場群に限定すると、ホラー映画群はラウンド回数が少なくなりました(統制群との比較)→解釈:恐怖・不安でリスク嫌悪が強まった(ただし、恐怖・不安レベルという連続変量では恐怖・不安が強いとリスク行動が低くなりましたが、有意ではありませんでした)。

カジノ群に限定すると、ホラー映画群はラウンド回数が多くなりました(統制群との比較)。恐怖・不安レベルという連続変量でも、恐怖・不安が高いとリスク行動が増えました→解釈:恐怖・不安がカジノの興奮とごっちゃになってリスク行動を増加させた?

一方、恐怖・不安ではなく、興奮に関する統計的分析では上記のような結果は検出されませんでした。

恐怖・不安群で媒介分析を行ったところ、カジノフレーミングで清算ゲームでの興奮が増加し、その興奮がリスク行動に影響することが示されました。この現象はドキュメンタリーを鑑賞した統制群では生じませんでした。また、興奮以外の情動が媒介しているとのエビデンス(証拠)も得られませんでした。

○まとめ

ホラー映画を視聴すると恐怖・不安が高まりました。ホラー映画鑑賞群でのみ、カジノフレーミングで興奮が高まりました。その興奮がリスク行動を増加させました。また、株式市場フレーミングではホラー映画鑑賞でリスク嫌悪が強まる可能性も示唆されました。

関連記事⇒冷静になるよりも、不安=興奮と再評価する方が良い

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP