不安が高いと不正行為に手を染めやすい | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  不安が高いと不正行為に手を染めやすい

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(要旨)を読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害を合併していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は不安が高いと脅威知覚が高まり、非倫理的行動を起こす可能性が高まるという研究です。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒心の理論が発達している幼児は独裁者ゲームで他の子供との共有が少ない
↑独裁者ゲームとは実験者が1人のプレーヤー(独裁者)にお金を渡し、そこから第二のプレーヤーにどれだけの金額を分配するかを調べる経済ゲームのことです。あげる額は0円でもよく、受取人には選択の余地がありません。ただ、子供版の独裁者ゲームは大人版の独裁者ゲームとは少し異なります。

Kouchaki, M., & Desai, S. D. (2015). Anxious, Threatened, and Also Unethical: How Anxiety Makes Individuals Feel Threatened and Commit Unethical Acts. Journal of Applied Psychology, 100(2), 360-375. doi:10.1037/a0037796.

アメリカイリノイ州のノースウェスタン大学のビジネススクール、ケロッグ経営大学院とノースカロライナ大学ケナンフラグラー・ビジネススクール(Kenan-Flagler Business School)の研究者らによる論文です。

Study1(研究1)とStudy2は中性的な心理状態の人と比較して、不安が高い人は仮想シナリオで非倫理的な行為を行うと回答し、お金を稼ぐためにカンニングを多くしました。

Study3とStudy4では心理学的メカニズムを調査しました。その結果、不安が脅威知覚を高め、それが非倫理的な行動を増加させました。

Study5では中性条件と比較して不安が高まった人は他者の非倫理的行動よりも自身の非倫理的行動の問題性を過小評価しました。

Study6では上司と部下のペアで職場での不安と脅威経験や非倫理的行動とに正の相関関係がありました。

以下、BPS Research Digest:Blogging on Brain and Behaviourからの情報。BPS Research Digestとは英国心理学会(British Psychological Society:BPS)の公式ブログのことです。

不安を高める実験的操作の1つとしてバーナード・ハーマンのサイコ(Psycho)という音楽を聞かせていたようです。サイコとは1960年に製作されたアメリカのサスペンス映画『サイコ』で使われている音楽のことです。サイコ・ホラー系のサスペンス映画になります。

少なくとも1つの実験では、不安が高まった人がいかさまをすることが多いかどうかはカンニングの方法があからさまなコンピュータ課題で行っていました。

また、第三者の非倫理的行動(翌日の就職面接でされる質問へパスワードを不正に入手してアクセスすること)に対する評価は不安を高めてもそうでなくても変わらなかったことから、道徳的判断そのものが麻痺したわけではないと考えられます。

○コメント

嘘(つき)は泥棒の始まりといいます。このことわざがどれだけ現実世界に当てはまるかどうかは分かりません。しかし、もしことわざが確かならば、今回の研究成果は考えさせられる内容です。実際、不安障害と犯罪・非行は関連していますし、矯正施設にいる少年の13%が場面緘黙症という調査報告(Stevens et al., 2007)もあります。

○参考URL(2015年3月14日現在)
We're more likely to cheat when we're anxious from BPS Research Digest
http://digest.bps.org.uk/2015/01/were-more-likely-to-cheat-when-were.html

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP