単純接触効果は不安が高いと生じにくい | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  単純接触効果は不安が高いと生じにくい

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(要旨)、実験方法、実験結果を読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害を合併していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は不安が高いと単純接触効果(mere exposure effect,MEE)が弱いという研究です。単純接触効果とは繰り返し同じ刺激に接すると好感度が高まるという現象のことです。恋愛や営業に単純接触効果を活用している人もいるかもしれません。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒瞑想する人は仕事パフォーマンスが良い
↑論文では瞑想としか書かれていませんでしたが、マインドフルネスのことでしょうか?日本のビジネスパーソン(ビジネスマン)で瞑想を実践している人は3万665人中3.9%(1,208人)だそうです。その他にも瞑想実践家は若く、教育水準が高く、世帯収入が高いなどさまざまなことが結果としてでてきました。瞑想者は仕事パフォーマンスだけでなく、仕事満足感も高いそうです。

Ladd, S. L., & Gabrieli, J. D. E. (2015). Trait and state anxiety reduce the mere exposure effect. Frontiers in Psychology: Emotion Science, 6:701. doi: 10.3389/fpsyg.2015.00701.

米国マサチューセッツ州のボストン大学医学部医学大学院行動神経科学研究科、米国マサチューセッツ州ケンブリッジ市のマサチューセッツ工科大学脳認知科学研究科の研究者達による論文です。

○研究1

研究1の目的は特性不安と単純接触効果の関係を調べることとしました。

被験者は男性9人(平均年齢29歳)と女性15人(平均年齢25歳)。

使用尺度
・特性不安の評定:状態-特性不安尺度特性形式(State-Trait Anxiety Inventory–trait form:STAI-TF)
・肯定的感情・否定的感情の評定:ポジティブ・ネガティブ感情スケジュール特性形式(Positive and Negative Affect Schedule-trait form:PANAS-TF)

尺度への回答後、単純接触効果の実験をコンピュータで行いました。単純接触効果の実験の流れは学習(符号化)フェイズ→テスト(検索)フェイズでした。ただし、被験者にはテストフェイズの存在をあらかじめ知らせませんでした。

単純接触効果のテストで用いた刺激は無意味つづり語48種類。24種類はリストA、残り24種類はリストB。被験者はリストAかリストBのどちらかを学習フェイズで符号化(声に出して読む)。テスト試行ではリストAからの無意味語とリストBからの無意味語を対呈示し、選好する方を選択させました。ただし、テストフェイズで呈示した刺激のどちらか片方が実は以前読んだものであるということは被験者に知らせませんでした。

処理流暢性(反応時間)も指標として活用。符号化段階ではテスト試行で選好された無意味語への反応時間と選好されなかった無意味語への反応時間を比較。検索段階では学習した刺激の中で選好された刺激に対する反応時間と選好されなかった刺激に対する反応時間を比較。ここでの反応時間とは符号化段階では声に出して読むまでにかかった時間、検索段階では好きな方を選ぶまでにかかった時間。面倒くさいので、先に結果を述べますが、これらの比較では有意差が検出されませんでした(これは研究2でも再現されました)→処理流暢性では単純接触効果を説明できない。

実験1の結果、単純接触効果が生じました。すなわち、50%よりも高い確率で以前学習した無意味語を選好しました(d=0.59)。特性不安が高いほど学習した無意味語に対する選好が弱くなりました(=特性不安が高いほど単純接触効果が小さい)。

特性不安が高いほど、ネガティブ感情特性が強く、ポジティブ感情特性が弱くなりました。一方、先に述べたように単純接触効果は処理流暢性では説明できないという結果が得られました。

○研究2

研究2の目的は状態不安と単純接触効果の関係を調べることとしました。

被験者は男性18人(平均年齢25歳)と女性30人(平均年齢24歳)。

使用尺度は研究1と同じ。ただし、質問紙への回答は単純接触効果の実験の前と後の2回。また、状態-特性不安尺度(STAI)は状態不安を採用。ポジティブ・ネガティブ感情スケジュール(PANAS)も状態形式を採用。

単純接触効果の実験は研究1と同じ手続き。

実験2の結果、単純接触効果が生じました(d=0.57)。また、状態不安が高いほど単純接触効果が低くなりました。ただし、実験前(ベースライン)の状態不安だけが単純接触効果の弱さと相関(r=-0.42)し、実験後の状態不安は単純接触効果とは関係しませんでした(r=-0.052)。

状態不安が高いほどネガティブ感情状態が高く、ポジティブ感情状態が低くなりました。

○コメント

以上をまとめると、

・特性不安や状態不安が高いほど単純接触効果が弱い。ただし、状態不安では実験前の不安だけが単純接触効果の低さと関連

・特性不安が高いほど、ネガティブ感情特性が強くポジティブ感情特性が弱い。これは状態不安と状態感情の関係でも同様。

・処理流暢性では不安と単純接触効果の関係を説明できない


となります。本研究は不安と単純接触効果の間に因果関係があることを実証した論文ではありません。実は論文には因果関係を示すために実験的検討をしたという記述がありました。しかし、残念ながら実験操作が状態不安を変化させることはなく、失敗に終わったようです。

因果関係の立証にはあと一歩というところでしたが、今回の実験は案外重要な意味を持つかもしれませんね。不安が高いと同じ刺激に繰り返し接触しても好感度や印象が上がらない。不安障害の維持メカニズムに単純接触効果が関係しているのではないか?と思えてしまいます。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP