間欠性爆発性障害の生涯有病率が高い不安障害経験者 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  間欠性爆発性障害の生涯有病率が高い不安障害経験者

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(要旨)、調査方法、調査結果だけを読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果ですが、印刷中(in press)状態が解除されるのを待っているため、ブログに反映するのが遅れていることが多いです。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併発していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害になりました。

今回は不安障害経験者は間欠性爆発性障害の生涯有病率が高いというお話です。それ以外にも様々な結果が得られています。間欠性爆発性障害とは攻撃衝動の制御不全をきたし、身体的暴力や所有物の破壊を引き起こす精神障害のことです。言語的攻撃性も含まれます。間欠性爆発性障害は衝動制御障害の1つです。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒腐敗・汚職が蔓延している社会だと笑顔でも信頼されにくい
↑笑顔の人の方が好印象を与える文化もあれば、与えない文化もあります。日本では笑顔だとおバカさんに見えるという結果が得られています。もちろん、腐敗・汚職と笑顔の印象の関係についての研究成果も得られていますよ。

Keyes, K. M., McLaughlin, K. A., Vo, T., Galbraith, T., & Heimberg, R. G. (2016). Anxious and aggressive: the co-occurrence of IED with anxiety disorders. Depression & Anxiety, 33(2), 101–111. DOI: 10.1002/da.22428.

アメリカ、ニューヨーク州ニューヨーク市のコロンビア大学メールマン公衆衛生大学院(Mailman School of Public Health)疫学研究科、シアトルのワシントン大学心理学研究科、ペンシルベニア州フィラデルフィアのテンプル大学心理学研究科の研究者らによる論文です。

○方法

次の2つの全国調査のデータを用いました。

全米併存症調査・再調査(National Comorbidity Survey Replication,NCS-R):NCS-Rとはアメリカ合衆国の18歳以上の成人を対象とした精神保健疫学研究のことです(N = 9,282)。間欠性爆発性障害を含む精神障害の構造化面接を受けたのは5,692人

全米併存症調査青年付録(National Comorbidity Survey Adolescent supplement,NCS-A):NCS-Aとは13~18歳の思春期青年期の若者とその(両)親を対象とした精神保健疫学研究のことです(N = 10,148)。親がNCS-Rに参加した青年の家庭サンプルがn = 904、学校サンプルがn = 9,244。最終的にデータ解析に用いたのは9,632人。

NCS-R、NCS-AともにWHOの統合国際診断面接(Composite International Diagnostic Interview,CIDI)で精神障害を評価。間欠性爆発性障害の診断基準はDSM-IVによる。不安障害もDSM-IV基準で、社交恐怖症(社会恐怖症)、特定恐怖症、全般性不安障害、パニック障害に限定。他の精神障害もDSM-IV基準で診断。

シーハン障害尺度(Sheehan Disability Scale,SDS)でメンタルヘルスの問題のために家庭や学校、仕事などにどの程度支障が生じたかを自己評価。シーハン障害尺度とは社会機能障害の指標となる数値を算出する評価法のことです。

○結果

4つの不安障害(社交恐怖症・特定恐怖症・全般性不安障害・パニック障害)のいずれかになったことのある青年は、なったことのない青年と比較して、怒り発作(爆発)の経験が多く、間欠性爆発性障害の生涯有病率が高くなりました(22.9% vs. 7.8%)。

ストレッサーレベルとは不釣り合いな怒り発作も不安障害の罹患歴がある青年の方が多くなりました(統制不能な怒り発作で22.9% vs. 8.0%,統制不能ではない怒り発作で13.1% vs. 10.6%)。

個別の不安障害ごとにみても、怒り発作や間欠性爆発性障害の生涯有病率は社交恐怖症、特定恐怖症、全般性不安障害、パニック障害を発症した青年の方が多くなりました。また、大人の調査(NCS-R)でも、怒り発作や間欠性爆発性障害の全般的な有病率は青年より低かったものの、青年と似た結果が再現されました。たとえば、不安障害歴がない成人の間欠性爆発性障害の生涯有病率は3.3%であったのに対し、不安障害歴がある成人だと13.5~16.4%になりました。

NCS-Aのデータ、すなわち13~18歳の若者のみ、全般性不安障害歴がない青年よりも全般性不安障害歴がある青年の方が、間欠性爆発性障害の発症年齢が若い結果となりました(10.1歳 vs. 9.0歳)。

特定恐怖症以外の不安障害(社交恐怖症、全般性不安障害、パニック障害)では、間欠性爆発性障害の発病年齢の方が若く、不安障害の発病年齢の方が上でした。

全般性不安障害歴がある成人では、間欠性爆発性障害歴がない群よりもある群の方が、0.43年全般性不安障害の持続期間が長くなりました(95%信頼区間:0.23–0.63)。青年でも成人でも、間欠性爆発性障害歴の有無にかかわらず、不安障害の発病年齢に大差はありませんでした。

間欠性爆発性障害を経験したことのない不安障害歴のある青年と比較して、間欠性爆発性障害歴も不安障害歴もある青年は、不安障害関連で学業や対人領域に支障がでていました。具体的には、少なくとも1つのドメインで重篤な機能障害があったのが、間欠性爆発性障害歴も不安障害歴もある青年で39.3%、不安障害歴だけの青年で29.2%となりました。成人でも同様に、間欠性爆発性障害歴がある方が家庭、対人関係、社会の各々のドメインにおいて機能障害をきたしていました。具体的には、少なくとも1つのドメインで重篤な機能障害があったのが、間欠性爆発性障害歴も不安障害歴もある成人で45.7%、不安障害歴だけの成人で28.2%となりました。

青年でも成人でも間欠性爆発性障害歴がある方がないよりも、気分障害(青年OR = 1.96, 95%信頼区間:1.46–2.64, 成人OR = 1.59, 95%信頼区間:1.10–2.28)や物質使用障害(青年OR = 3.30, 95%信頼区間:2.30–4.71, 成人OR = 1.68, 95%信頼区間:1.21–2.34)、衝動制御障害(青年OR = 1.95, 95%信頼区間:1.33–2.84, 成人OR = 1.76, 95%信頼区間:1.21–2.58)の生涯有病率が高くなりました。成人では不安障害リスクも間欠性爆発性障害歴がある方が高くなりました(OR = 1.79, 95%信頼区間:1.08–2.97)。特に社交恐怖症/特定恐怖症と間欠性爆発性障害の経験者で、他の精神障害の併存率が高くなりました。

全般的に、青年でも成人でも不安障害の専門的な治療経験の有無は間欠性爆発性障害歴の有無で異なりませんでした。しかし、成人ではパニック障害の治療で、間欠性爆発性障害歴がないよりもある方が不安障害の専門的な治療を受けたことがありませんでした。

○コメント  

以上をまとめると、

・青年でも成人でも、不安障害(社交恐怖症・特定恐怖症・全般性不安障害・パニック障害)の経験者は未経験者と比較して、怒り発作の経験が多く、間欠性爆発性障害の生涯有病率も高い。

・青年でも成人でも、間欠性爆発性障害歴は不安障害の発病年齢に影響しない。

・特定恐怖症以外は、間欠性爆発性障害の発病の方が早く、後に不安障害となることが多い

・青年でも成人でも、不安障害歴だけでなく、間欠性爆発性障害歴もあると、不安障害関連で学業や対人関係等での機能障害が大きく、他の精神障害(気分障害・物質使用障害・衝動制御障害)のリスクが高い。特に社交恐怖症や特定恐怖症は間欠性爆発性障害歴があると、他の精神障害の併存リスクが高くなる。

・大人のパニック障害以外は青年でも成人でも間欠性爆発性障害歴は不安障害の専門的な治療の利用に影響しない。


となります。

不安障害に関する論文を追っている人ならご存じでしょうが、不安障害者には衝動性や攻撃性が高かったり、癇癪持ちだったりする人がいることが分かっています。これは別にすべての不安障害者がそうだといっているのではなく、一部にそうした「サブタイプ」が存在する可能性があるという話しです。今回はその点に関する調査データを間欠性爆発性障害という形で示したものと捉えることが可能です。ただし、特定恐怖症を除くと、不安障害の発症が先というよりかは、間欠性爆発性障害の発症の方が先のようです。

自閉症スペクトラム障害(自閉症スペクトラム症)でも社交不安が高いと攻撃性が高いという報告(Pugliese et al., 2012; White et al., 2012)もありますし、社交不安と攻撃性の関係については今後も検討されるべき課題です。

(社交)不安と攻撃性が関係する原因の1つとして考えられるのは複数の精神障害に共通する精神病理の一般因子pの存在です(Caspi et al., 2014)。一般因子pの存在は青年をサンプルとした後の研究でも確認されています(Laceulle et al., 2015)。また、7歳~15歳までの縦断研究において、pの強さは一定であることが示唆されています(Murray et al., in press)。さらに、進化論に基づく分類モデルである精神病理の生活史モデルでシミュレーションしても、精神病理の一般因子pを再現できています(Del Giudice, 2016)。

そして、本記事で取り上げた論文との関係で重要なのは、内在化問題(抑うつや不安等)と外在化問題(攻撃性や衝動性等)との正の相関が、pをモデルに含めると負に変わるという結果です(Del Giudice, 2016)。つまり、一見すると(社交)不安と攻撃性などは正の関係があるように見えますが、それは精神病理の一般因子pの影響かもしれません。

関連記事⇒反社会性人格障害と社会不安障害の合併患者は多い
↑正確には合併ではなく併発(もしかしたら併存?)ですね。合併症は因果関係を想定した用語であり、反社会性人格障害(反社会性パーソナリティ障害)と社会不安障害(社交不安障害)に因果関係があるかどうか不明なためです。昔の記事ほど未熟なので、こんなことを言い出したらきりがなく、訂正したい箇所が山ほどでてきます(逆に言えば、ブログ記事も年度を重ねるにつれてどんどんレベルが高くなっていると考えることも可能です)。

そういえば、こんな研究も⇒関係性攻撃は抑うつよりも不安との関係の方が強い
↑不安が高いと無視や仲間外れ、陰口といった行動(関係性攻撃)をすることが多いというメタ分析研究です。

○引用文献(アブストラクトだけ読みました)
Caspi, A., Houts, R. M., Belsky, D. W., Goldman-Mellor, S. J., Harrington, H., Israel, S., Meier, M. H., Ramrakha S., Shalev, I., Poulton, R., & Moffitt, T. E. (2014). The p factor: One general psychopathology factor in the structure of psychiatric disorders?. Clinical Psychological Science, 2(2), 119-137. doi: 10.1177/2167702613497473.

Del Giudice, M. (2016). The life history model of psychopathology explains the structure of psychiatric disorders and the emergence of the p factor: A simulation study. Clinical Psychological Science, 4(2), 299-311. doi: 10.1177/2167702615583628.

Laceulle, O. M., Vollebergh, W. A. M., & Ormel, J. (2015). The structure of psychopathology in adolescence: Replication of a general psychopathology factor in the TRAILS study. Clinical Psychological Science, 3(6), 850-860. doi: 10.1177/2167702614560750.

Murray, A. L., Eisner, M., & Ribeaud, D. (in press). The development of the general factor of psychopathology ‘p factor’through childhood and adolescence. Journal of Abnormal Child Psychology, doi: 10.1007/s10802-016-0132-1.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP