トライポフォビアが社交不安と目・顔集合体への不快感の関係を媒介 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(社会不安)に関する興味深い研究  »  トライポフォビアが社交不安と目・顔集合体への不快感の関係を媒介

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、全文を軽く読んだ、社交不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社交不安(障害)なのかというと、場面緘黙児(選択性緘黙児)は社交不安(社会不安)が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を併発していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き第5版)では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は、目や顔が多くなるほど不快感が高まり、トライポフォビアが社交不安と目・顔集合体への不快感の関係を媒介するという研究です。トライポフォビアとは無数の穴に対する恐怖心のことです。しかし、恐怖を感じるのは穴に限られず、何かがたくさん集まった光景を目にすると生じるようです(ただし、トライポフォビアの定義はまだ定まっていません)。つぶつぶ恐怖症、斑点恐怖症、集合体恐怖症ともいわれます。

なお、社交不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事⇒誕生日に受ける罰は厳しくなる
↑飲酒運転に関するシナリオ調査・フィールド研究、エッセーコンテストにおける実験で検証した論文です。誕生日に受ける罰は軽くなると思いがちです。しかし、実際には厳罰化するそうです。

Chaya, K., Xue, Y., Uto, Y., Yao, Q., & Yamada, Y. (2016). Fear of eyes: triadic relation among social anxiety, trypophobia, and discomfort for eye cluster. PeerJ, 4:e1942. doi: 10.7717/peerj.1942.

福岡県の九州大学大学院人間環境学府の茶谷研吾氏、薛玉婷(Yuting Xue)氏、宇土裕亮氏、 Qirui Yao氏(漢字が分かりませんでした)、九州大学基幹教育院人文社会科学部門の山田祐樹准教授による共著論文です。

○実験1

英語が母語の参加者が87人(男性66人,女性21人)。平均年齢は18.8歳(SD = 11.1)。日本語が母語の参加者もおり、122人(男性71人,女性51人)。平均年齢は25.3歳(SD = 9.6)。

Qualtricsを用いたオンライン実験でした。

*名古屋大学五十嵐祐研究室のHPで公開されているPDF資料「日本語版 Qualtrics マニュアル(非公式版)Ver. 1.07」によると、Qualtricsとは「Web 上でアンケートを作成・実施することのできるサービス」のことです。このマニュアルのURLは"http://tasukuigarashi.com/pdf/qualtrics_japanese.pdf"です(2016年5月26日現在)。

使用尺度一覧
・リーボヴィッツ社交不安尺度(Liebowitz Social Anxiety Scale,LSAS)英語版・日本語版:恐怖感/不安感、回避を評定し、合算。
・トライポフォビア質問紙/集合体恐怖症質問紙(Trypophobia Questionnaire,TQ)英語版・日本語版+蓮の種子の頭の写真、ハチの巣の写真:英語でも日本語でも1因子構造。
・不快感評定得点(Discomfort Rating Score,DRS):目の写真の不快感をDRSで評定。顔写真ではなく、本当に目玉(+周囲の皮膚領域)だけの刺激。目の数(1(2),4,16,64の4通り)×ペア条件(同じ個体からとってきた目を対にするか、対を作らないかの2通り)=8通りの刺激(目の数が1つ・2つの試行はデータ解析しませんでした)。目刺激は以下の写真を参考のこと(論文のFigure 1より転載)。
トライポフォビア
*写真上部a.(1)~(4)が目を対にしない条件、下部b.(1)~(4)が目を対にする条件。

実験1の結果、目の写真の不快感が高い順に、64個の目>16個の目>4個の目となり、これは英語圏の人でも日本語圏の人でも同様でした。また、すべての実験条件で、英語が母語の人よりも日本語が母語の人の方が、目の写真の不快感が高くなりました。さらに、ペア条件の主効果も有意で、対となる目が同じ個体の場合よりも対を作らない方が不快感が高くなりました。

以下のデータ解析では、日本語と英語の両方を一緒に分析しました。

相関関係が強い順に、対でない目の集合体(目クラスター)に対する不快感と対の目クラスターに対する不快感(.90)、対の目クラスターに対する不快感とトライポフォビア(.44)、対でない目クラスターに対する不快感とトライポフォビア(.39)、社交不安とトライポフォビア(.27)、社交不安と対の目クラスターに対する不快感(.19)、社交不安と対でない目クラスターに対する不快感(.15)となりました(すべて有意)。

どちらのペア条件でも、社交不安→トライポフォビア→目クラスターに対する不快感という媒介関係が支持され、社交不安から目クラスターに対する不快感への直接効果は支持されませんでした。

○実験2

実験1で社交不安から目クラスターに対する不快感への直接効果が見いだされなかったのは、刺激に目そのものを使用していたからである可能性がありました。したがって、実験2では目玉がある顔刺激を用い、直接効果の有無を検証することを目的としました。

英語が母語の参加者が499人(男性340人,女性159人)。平均年齢は34.6歳(SD = 9.8)。

実験1と同様、Qualtricsを用いたオンライン調査。手続きも実験1と同様。ただし、目だけの刺激ではなく、両目がある顔刺激を使用。顔は中性表情(無表情)で、男女半々。顔の数を 2、8、32としました(目の数だと4、16、64)。顔刺激は以下の図を参考のこと(論文のFigure 4より転載)。ただし、実験ではリアルな顔刺激を用いました。
トライポフォビア2

実験2の結果、顔刺激の不快感が高い順に、32個の顔>8個の顔>2個の顔となりました。

相関関係が強い順に、トライポフォビアと顔クラスターに対する不快感(.56)、社交不安と顔クラスターに対する不快感(.36)、トライポフォビアと社交不安(.32)となりました(すべて有意)。

また、実験1と同様に、社交不安→トライポフォビア→顔クラスターに対する不快感という媒介関係が検出されました。しかし、実験1とは異なり、社交不安から顔クラスターに対する不快感への直接効果が見いだされました。

○コメント 

以上をまとめると、

・目でも顔でも多くなるほど、不快感が高まる

・社交不安→トライポフォビア→目・顔クラスターに対する不快感という媒介関係が存在

・目だけをくり抜いた刺激クラスターを用いると、社交不安から目クラスターに対する不快感への直接効果は検出されないが、顔集合体を刺激とすると、直接効果が検出される(目だけがいっぱいあるよりも顔がいっぱいある方が、社交不安がダイレクトに集合体への不快感に影響する)


となります。また、相関係数を見ると、目・顔クラスターに対する不快感との関係が深いのは、社交不安よりもトライポフォビアでした。さらに、英語が母語の人よりも日本語が母語の人の方が、目の写真の不快感が高くなったことから、文化要因の影響が示唆されます。なお、論文の総合考察(General Discussion)で、目に対する不快感の文化差の原因を詳しく議論していました。

私的には目や顔の集合体に対する不快感が目・顔の凝集性の影響を受けるのかという点が気になりますね。たとえば、目や顔が同じ数でも、まばらな分布よりも密集している(空間がある)方が嫌悪感を催すとか。もしそうならば、人前でプレゼンテーションをする時に人を密集させない方が心理的負担感が和らぐことが予想されます。そうなると、プレゼンが怖い人への段階的暴露療法として、まばらからスタートして、徐々に凝集性を高くしていく方法が考えられます。

社交不安→トライポフォビア→目・顔クラスターに対する不快感という間接効果は、統計学的な因果推論です。社交不安を実験操作で高めたり、あるいは介入で低下させたりして検証する方法もあります。トライポフォビアに対する介入が、目や顔の集合体に対する不快感に与える影響を検証するのも良いでしょう。多角的な検証が望まれます。表情や視線の方向(直視か逸視か)の影響も気になるところです。目や顔が多くなると表情筋や脳の反応にどのような影響があるのか?もし影響があるとしたら、表情筋や脳活動と社交不安との関係は?等々、探求すべき課題がまだまだあります。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP