先延ばし行動は状態不安を高めると低下する | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  先延ばし行動は状態不安を高めると低下する

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、論文アブストラクト(抄録)、序論の一部、実験方法、実験結果、考察の一部だけを読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害になりました。

今回は、状態不安が高い方が先延ばし行動をとらなくなるという研究です。先延ばし行動とは、やろうとする意図がある行為を、不合理に不必要なまでに実行に移すのを遅らせることです。簡単にいえば、ぐずぐずしてなかなか始めようとしないことを先延ばし行動といいます。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒ネットで嘘つきが多いから自分も嘘をつく
最近の記事2⇒メールで間違いをした相手に抱く印象は読み手の性格によって違う
↑記事1に関して、ソーシャルメディア、オンラインデーティングサイト(出会い系サイト)、匿名のチャットルーム、性的なウェブサイトで他人が嘘をつかないと思っている人はほとんどおらず、皆何らかの嘘を書きこんでいると思っている人が98~100%もいたとは驚きです。

Xu, P., González-Vallejo, C., & Xiong, Z. H. (2016). State anxiety reduces procrastinating behavior. Motivation & Emotion, 40(4), 625-637. DOI:10.1007/s11031-016-9554-x.

アメリカ合衆国アセンズ市のオハイオ大学心理学教室、中国上海市の華東師範大学心理学認知科学研究科の研究者による論文です。

本研究の目的は、不安が低い状態よりも不安が高い状態の方が、次のテストに向けて練習する時間が長くなるかどうかを検証することにありました。

○実験1

実験参加者は中国の大学生、29人(女性21人,男性8人)。年齢の範囲は18~22歳。

使用尺度(自己評価)
・状態不安の評定:状態-特性不安質問紙(State-Trait Anxiety Inventory,STAI)中国語版
・特性先延ばしの評定:エイトケン先延ばし質問紙(Aitken Procrastination Inventory,API)

不安の誘導手続きは暗算課題で実施。すべての参加者にテスト得点によって報奨金額が異なり、正解すればするほどお金を多くもらえると教示。暗算は4桁か5桁の数字の足し算。制限時間は2分。以下、高不安群と低不安群の違いを記す(参加者の割り当てはランダム)。

・高不安群(15人):1つの問題の制限時間が12秒。コンピュータスクリーンの右上に12秒から0秒までカウントダウンをする時計を表示。
・低不安群(14人):1つ1つの問題に制限時間を設けず、カウントダウンをする時計も表示しない。

不安の誘導手続き後、STAIで状態不安を評価。次に、練習/エンターテインメント課題を12分間実施。

練習/エンターテインメント課題:ゲームをする、短編小説を読む、ビデオを視聴する、4・5桁の足し算(暗算)の練習をするの4種類のうち、どれか好きなものを選んで時間を過ごしてもらいました。ゲームを選択しても後にビデオや暗算に切り替えることも可能で、それはすべて参加者の自由にまかせました。なお、ゲームには2種類、短編小説には4種類、ビデオには4種類の選択肢があり、暗算の各設問には時間制限がありませんでした。この12分間の後にも暗算テストがあることを参加者に明示し、「練習で成績が上がるかもしれないけど、別に強制ではないよ」と教示しました。

練習/エンターテインメント課題の終了後、1つ1つの問題に時間制限がない形式で暗算問題(4分)を解いてもらいました。正解数が多いほど、報奨金額が多くなると教示。

最後にSTAIの特性不安項目、APIへの回答を求めました。

実験1の結果、低不安群よりも高不安群の方が状態不安が高くなりました(効果量のCohen’s d = 1.02)。低不安群より高不安群の方が特性先延ばしが高くなりました。

練習/エンターテインメント課題でずっと暗算の練習をしていたのは29人中7人で、高不安群が5人、低不安群が2人でした。低不安群と比較して、高不安群の方が練習する時間が長くなりました(Cohen’s d = .88)。また、回帰分析でも状態不安が練習時間を予測しました(自由度調整済みR2= .20)。状態不安と練習時間の間の相関係数rは.48で有意(5%水準)でした。なお、特性不安と練習時間の間の相関係数rは.16で有意ではありませんでした。

最初の不安誘導での暗算課題の成績が低いほど、練習時間が長く(r = -.37)、状態不安が高く(r = -.60)なりました。また、特性先延ばしが高いほど、状態不安が高くなりました(r = .55)。さらに、特性先延ばしが高いほど、不安誘導課題での暗算成績(r = -.45)と最後のテストの暗算成績(r = -.38)が低くなりました。不安誘導課題での暗算成績と2回目の暗算成績の相関係数は有意な関係で.48でした。

○実験2

実験1の結果から状態不安が高まると、将来のテストに備えて練習する時間を増加させることが示唆されました。しかし、別の解釈の余地が残されていました。すなわち、低不安群よりも高不安群の方が、次のテストが難しいと予想し、その結果として、練習時間が増加するという解釈です。この可能性が排除できるかどうか検討することを実験2の目的としました。具体的には、すべての参加者にあらかじめ2回目の暗算の例題を見せ、個々の問題には時間制限がないことを教示することで、問題の難易度に対する予想の違いが結果に影響した可能性を検証しました。

研究参加者は中国の大学生、30人(女性29人、男性1人)。年齢の範囲は18~22歳。高不安群が14人、低不安群が16人。

実験手続きは以下を除き、実験1と同様。

コンピュータ課題の最初に暗算で足し算と引き算の練習を3分間実施。2回目の暗算テストを引き算(2分間)に変更。2回目のテストを引き算にした理由は、足し算のままだと最初の足し算の暗算テストの影響を排除できないため。また、実験の説明時にすべての課題内容を開示し、2回目の暗算テストの時には個々の問題で時間制限がないことを強調。

実験2の結果、低不安群よりも高不安群の方が状態不安が高くなりました(Cohen’s d = 2.16)。低不安群と高不安群で特性先延ばしに有意差が検出されず。

練習/エンターテインメント課題でずっと暗算の練習をしていたのは30人中2人で、両方とも高不安群でした。低不安群と比較して、高不安群は練習時間が長くなりました(Cohen’s d = .96)。回帰モデルによると、練習時間を予測する説明変数は状態不安だけでした(自由度調整済みR2= .13)。

状態不安が練習時間と有意な正の相関関係を示しました(r = .39)。不安誘導での暗算テストの成績が状態不安と有意な負の相関関係を示しました(r = -.68)。特性先延ばしは不安誘導での暗算テストの成績と有意な負の相関関係を示しました(r = -.45)。最初の不安誘導での暗算成績と2回目の暗算成績は有意な正の相関関係となりました(r = .42)。

高不安群よりも低不安群の方が不安誘導課題での暗算成績が高くなりましたが、2回目のテストでは有意差が検出されませんでした。

○実験3

実験1・2は女性が多く、男性が少数でした。そこで、実験3では男性の数を増やしました。また、実験1と実験2はともに、特性不安と特性先延ばしの評価で質問紙への回答を実験の最後に求めていました。したがって、実験1で状態不安が高いほど特性先延ばしが高くなったのは、不安誘導手続きが原因である可能性がありました。この順序効果の検証のため、実験3では最初に特性先延ばしを評定しました。また、衝動性の評価を追加しました。

参加者はアメリカの大学生103人(女性64人,男性39人)。年齢の範囲は18~24歳。

基本的な実験手続きは実験2と同様。違いは以下の通り。

状態-特性不安質問紙(STAI)で特性不安の評価はせず、代わりに衝動的性格特性をバラット衝動性尺度(Barratt Impulsiveness Scale Version 11,BIS-11)で評定。BIS-11はエイトケン先延ばし質問紙(API)とともに、実験の最初に回答。STAIでの状態不安の評価はこれまでの実験と同様、不安の誘導手続き後。エンターテインメント課題の内容を米国の学生に合わせたものに変更。中国の学生よりも米国の学生の方が計算能力が低いため、暗算は3桁・4桁の数で実施。

実験3の結果、低不安群よりも高不安群の方が状態不安が高くなりました。低不安群でも高不安群でも、男性より女性の方が状態不安が高くなりました。一方、性別によって不安誘導の実験操作の影響が異なることはありませんでした(交互作用が有意でない)。

回帰分析の結果によると、状態不安が練習時間を予測しました。特に男性は状態不安が高いと練習時間が長くなりやすくなりました(女性は状態不安の高低に関わらず練習時間が長く、天井効果の影響が示唆されました)。また、特性衝動性が高いほど練習時間が短くなりました。

相関分析では、状態不安が高いほど練習時間が長くなりました(r = .27, ρ= .30)。特性衝動性が高いほど練習時間が短くなりました(r = -.27, ρ= -.24)。不安誘導での暗算成績が低いほど練習時間が長くなりました(r = -.25, ρ= -.27)。練習時間が長いほど2回目の暗算成績が低くなりました(r = -.33, ρ= -.25)。不安誘導での暗算成績が低いほど状態不安が高くなりました(r = -.40)。状態不安が高いほど2回目の暗算成績が低くなりました(r = -.26)。特性衝動性が高いほど特性先延ばしが高くなりました(r = .43)。不安誘導での暗算成績と2回目の暗算成績の正の有意な相関係数は.29でした。

○コメント

以上をまとめると、

・1つ1つの暗算問題に時間制限を設ける実験操作で状態不安が高まったと推測され、状態不安が低い群よりも状態不安が高い群の方が次の暗算テストに備えて練習をする時間が長くなる(実験1・2)

・状態不安が高い方が長時間練習するようになるのは、次のテストの難易度が高いという予想によるのではない(実験2)

・実験3によると、特性衝動性が高いほど、先延ばし行動をする(暗算の練習時間が短くなる)


となります。本研究は自己制御理論による予測から出発しています。自己制御理論によると、目標達成ができないという悪い結果を避けるために、不安が目標への努力の注入(動機づけ)を促し、先延ばしをしなくなると予想されます。状態不安が高いと暗算を練習する時間が長いという本研究結果は、不安が高いと目標(本実験では多くのお金を獲得すること)追及が促され、先延ばし行動(暗算の練習ではなく、ゲームをしたり、ビデオを視聴したりすること)が低下したというのが自己制御理論の枠組みでの解釈になります。もっとも、本当に不安で目標追及(の動機づけ)が促進されているかどうかは本実験だけでは不明で、さらなる研究が望まれます。

実験1・2・3の全てにおいて、不安の誘導手続き前に状態不安を測っておらず、最初から2群に状態不安に差があった可能性を否定しきれていません。実験1は研究協力者29人中女性が21人、実験2は協力者が30人いて女性が29人と女性偏重でしたが、実験3で改善されていました。ただ、年齢に関しては大学生が対象なためか18~24歳の範囲であり、それ以外の年齢層の人については不明です。

低不安群よりも高不安群の方が「次の暗算テストに備えて」練習をする時間が長くなると書きましたが、本当に次の暗算テストに備えて練習をしていたのかは不明です。この点を明らかにするためには、練習/エンターテインメント課題の後に暗算課題をしないことを参加者に教示する条件と暗算課題をすることを教示する条件の比較が必要となります。

実験2で予め最後の暗算の例題を見せることで、練習/エンターテインメント課題の後の暗算課題の難易度に対する予想が状態不安が高まった人を練習に駆り立てるという可能性を排除しました。しかし、これはあくまでも客観的な難易度という意味であり、主観的な難易度の話ではありません。同じ計算問題でも状態不安が高い方が難しく感じるということもあり得るわけで、その場合に状態不安が高い→暗算が難しく感じる→練習する時間が長くなるという媒介関係が存在する可能性を排除しきれていません。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP