離人感は認知療法で低減する(社交不安障害) | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(障害)の治療法(最新の研究)  »  離人感は認知療法で低減する(社交不安障害)

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(摘要)だけを読んだ、社交不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社交不安(障害)なのかというと、場面緘黙症児(選択性緘黙症児)は社交不安が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を併発していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害(不安症)になっています。

今回は、社会的ストレッサーを受けた後に社交不安障害者が感じやすい離人感が認知療法の後で低下するという研究です。特に治療反応性が高かった者で離人感の低下が著しかったようです。

なお、社交不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒Twitterで情報過多だと友達ではなく、見るツイートを減らす
最近の記事2⇒Googleで去年の西暦の検索が多い地域は自殺率が高い
↑記事1は東京経済大学の佐々木裕一准教授と北村智准教授、東京大学の河井大介助教による共著論文です。このお三方は誠信書房から『ツイッターの心理学:情報環境と利用者行動』という本を出版されておられます。
記事2は去年に起こった出来事の検索のことではなく、「去年の西暦」、すなわち、「去年の年」の検索のことです。注意してください。


Schwedena, T. L. K., Pittiga, A., Bräuera, D., Klumbiesb, E., Kirschbaumb, C., & Hoyera, J. (2016). Reduction of depersonalization during social stress through cognitive therapy for social anxiety disorder: A randomized controlled trial. Journal of Anxiety Disorders, 43, 99–105. doi:10.1016/j.janxdis.2016.09.005.

ドイツのドレスデン工科大学臨床心理学心理療法研究所、同大学生理学的心理学研究室の研究者による論文です。

○序論

社交不安障害者は社会的な恐怖状況で離人感を感じることがあります。しかし、標準的な治療マニュアルには離人感への取り組みがありません。また、研究もされていないため、社交不安障害そのものへの効果が立証済みの治療法で離人感が低下するかどうかは不明です。

なお、離人感とはなんぞや?という方は「ストレスで離人症・現実感喪失症になりやすい社会不安障害患者」という記事を参考にしてください。リンク先の記事には離人症とありますが、離人感と同義と思っていただいて結構です(社会不安障害も社交不安障害と同義と捉えてください)。研究グループの所属も同じですし。

○目的

本研究の目的は、社交不安障害への認知療法で離人感が低下するかどうかを検証することとしました。また、治療開始前の離人感の重篤度が治療後の状態を予測、または媒介するかどうかも調査しました。

○方法

ランダム化比較試験(Randomized Controlled Trial,RCT)に社交不安障害者が参加。割り当ては認知療法群(n = 20)と待機群(n = 20)。認知療法/待機の期間の前後に標準化された試験官社会的ストレステスト(Trier Social Stress Test,TSST)を実施し、健常統制群(n = 21)と比較。いずれにおいてもTSSTの直後に離人感を自己評定。

*TSST(試験官社会的ストレステスト)とは何ぞや?という方は「TSSTで発話の機能性が高まり、ポーズ時間が長くなる」や「ストレスで離人症・現実感喪失症になりやすい社会不安障害患者」などの記事を参考にしてください。

○結果

認知療法の後に、TSST関連の離人感が低下しました。離人感の低下は特に治療反応性がでた患者で顕著でした。治療前(ベースライン)の離人感は治療後の社交不安の重篤度を予測せず、媒介関係もありませんでした。

○コメント

軽度の離人感・現実感喪失感(現実感喪失症)を含めると、社交不安障害患者の92.9%がTSSTで離人感・現実感喪失感を示したのに対し、健常者では52.9%(重篤な離人感・現実感喪失感に限定すると、社交不安障害患者で76.4%、健常者で32.4%)だったという先行研究(Hoyer et al., 2013)があります。今回は、社交不安障害者に対する認知療法で社会的ストレッサー後の離人感が緩和されたという報告で、臨床的意味合いが強くなっています。

ただ、社交不安障害ではインターネットを用いた認知行動療法(+注意バイアス修正訓練・注意バイアス統制訓練)で副作用が生じることがあり、特にベースラインの社交不安症状が重篤だと、治療直後に社交不安・うつ症状・QOLのいずれかが悪化している可能性が高いという報告(Boettcher et al., 2014)を踏まえると、認知療法で副作用が生じるか?生じるとすれば、どの程度起こりやすいか?どのような内容の副作用なのか?どの程度の強さの副作用なのか?副作用の発生を予測する要因は何か?などが気になります。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP