自分が相手に与える印象を想像すると、見られている感覚が強まる | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(社会不安)に関する興味深い研究  »  自分が相手に与える印象を想像すると、見られている感覚が強まる

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト、序論の一部、実験方法、実験結果を読んだ社交不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社交不安(障害)なのかというと、場面緘黙児(選択性緘黙児)は社交不安(社会不安)が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き第5版)では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は、評価的自己注目で見られている感じが強まるという研究です。評価的自己注目とは、原語のself-focussed evaluative attention(SFEA)を私が勝手に翻訳した用語です。私の読んだ限りではという条件つきで論文中には、評価的自己注目に関する明確な定義が記述されていませんでした。しかし、社交不安症の認知モデルにおいて、社交不安症者は社会的状況で自己モニタリングや自己評価が亢進(自己注目)し、不安感情やネガティブイメージといった内的情報を用いて他者へ与える印象について過剰に否定的な推論を下すと序論で述べられていますから、自己注目で、自分から見た他者からの評価が過剰にネガティブになるようになるみたいなことを言っているのかもしれません。

なお、社交不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒精神科医の表情認知力に関する調査
最近の記事2⇒見つめられると信じてしまう
↑記事1について、精神科医やサイコロジスト(心理士)が自らSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)のパロキセチン(パキシル)または偽薬(プラセボ)を飲んだ研究(Besnier et al., 2010)がありますが、今回は精神科医自身の表情認知力に関する調査です。しかも、精神科医が心理療法重視なのか精神薬理学重視なのか、児童青年の精神疾病を専門とする児童青年精神科医なのか成人の精神疾病を専門とする医者なのかといった違いの影響も調べています。

Canvin, L., Janecka, M., & Clark, D. (2016). Focussing Attention on Oneself Increases the Perception of Being Observed by Others. Journal of Experimental Psychopathology, 7(2), 160-171. DOI:10.5127/jep.047315.

オックスフォード大学の研究者3名による共著論文です。

○方法

社交不安が高い人52人と社交不安が低い人52人が参加。平均年齢は20.6歳(SD = 2.8)。高社交不安群も低社交不安群も女性30人、男性22人。

なお、社交不安の高低はネガティブ評価恐怖尺度短縮版(Brief Fear of Negative Evaluation Scale,BFNES)得点で判別しました。また、ベックうつ評価尺度(Beck Depression Inventory,BDI)で抑うつ状態や自殺念慮・希死念慮が高くなく、心理療法や薬物療法を受けたことがないことを確認しました。これは、抑うつなどによる交絡の影響を統制するために実施しました。

BFNESとBDI以外に用いた質問紙は以下の通り(APPQSPだけ実験の最後に回答)
・オールバニーパニック恐怖症質問紙の社交恐怖下位尺度(Albany Panic and Phobia Questionnaire-Social Phobia subscale,APPQSP):複数の異なる社会的状況での恐怖を評定
・自己注目尺度(Self-Focused Attention Scale,SFAS):SFAS-覚醒(SFAS-arousal)とSFAS-パフォーマンス・行為状況(SFAS-performance)の下位尺度あり
・自意識尺度・自己意識尺度(Self-Consciousness Scale,SCS):下位尺度は公的自己意識、私的自己意識、社交不安の3種類。

*低社交不安群よりも高社交不安群の方がBFNES得点、BDI得点、APPQSP得点、SFAS得点、SCS得点が高くなりました。

・顔課題(Faces Task):スクリーン画面に18人の異なる人の顔(顔マトリックス)を呈示。表情は無表情。スクリーン画面は5×4の20の区間に分けたのですが、中央の2つには顔を呈示しませんでした。18人のうち、実験参加者の方を直視している人を4人(22%)~14人(78%)の範囲で1人ずつ増減させました。直視顔以外は、逸れた顔で上下左右のいずれかの方向で45°の角度をもってそっぽを向いていたり、顔を下に向けていたりしました。顔刺激は男女半々、14人が白人、4人が黒人や民族マイノリティでした。実験参加者には18人のうち、何割の人が自分の方を向いているか判断させました。時間制限なし。視覚アナログ尺度(Visual Analogue Scale:VAS)を使用。

試行の流れは十字点の固視(1,000 ms)→顔マトリックスの呈示(2,750 ms)→直視顔の割合を回答→試行間間隔(1,000 ms)。

・時計課題(Clocks Task);顔課題と似た実験を時計刺激を用いて実施(統制課題)。

・評価的自己注目の操作:まず、それぞれ別の赤の他人が映っている写真4枚からなるA4シートを参加者に渡しました。次に実験が終わったら写真に写っている4人に会ってもらうと教示しました。評価的自己注目を高める条件では、自分が4人に与える第一印象について、自己注目しながら考えてもらいました。一方、評価的自己注目を高めない条件では、4人のうち誰と会いたいか、会いたくないか、その理由とともに考えさせることで思考を自分の外に向けさせました。これらの想像を、顔課題や時計課題をしている時に持続させるよう教示しました。評価的自己注目の操作がうまくいったかどうかは各々の課題後の自己注目、自己評価、不安、課題注目の評価で実施。視覚アナログ尺度(VAS)による0~100%の百分率評定。

課題の種類(顔課題 or 時計課題)×2種類の評価的自己注目の操作で、4種類の実験を実施しました。この4種類すべての実験を全員が経験しました。

○結果

顔課題でも時計課題でも、実際に刺激がこちらを向いている割合が高いほど、参加者のこっちを向いている割合の判断が大きくなりました。これは2,750 msという短い時間の刺激呈示でも、顔や時計の向きの判断ができることを意味します。なお、先に実施したのが顔課題か時計課題かは、参加者の割合推定を予測しませんでした。評価的自己注目の2種類の操作のどっちを先に行ったかも予測変数とはなりませんでした。

評価的自己注目の操作が上手くいったかどうか統計学的に調べました。その結果、顔課題でも時計課題でも評価的自己注目の操作ができていたことが判明しました。具体的には、顔課題でも時計課題でも、評価的自己注目を高める実験誘導の方が自己注目や自己評価が高まりました。時計課題で評価的自己注目を高める実験誘導の方が不安が高くなりました(効果量η2 = .30)が、顔課題では有意傾向でした(η2 = .04)。

また、顔課題でも時計課題でも低社交不安群よりも高社交不安群の方が自己注目や自己評価、不安が高くなりました。

顔課題でも時計課題でも、評価的自己注目を高めない実験操作を最初に行うよりも、評価的自己注目を高める実験操作を最初に行う方が、自己評価が高くなりました。

顔課題では、評価的自己注目を高めない実験操作を受けるよりも評価的自己注目を高める実験操作を受ける方が自分の方を向いている人を多く感じました。一方、時計課題では評価的自己注目を高める実験操作を受けても、自分の方を向いている時計が多いという知覚 and/or 認知は高まりませんでした。顔課題でも時計課題でも社交不安の影響が検出されませんでした。

実際に参加者の方を向いている顔の割合(客観値)よりも、主観的にこっちを向いていると感じられた顔の割合が低くなりました(過小評価,d = 1.41)。一方、時計では逆に過大評価で、実際に参加者の方を向いている時計の割合(客観値)よりも、主観的にこっちを向いていると感じられた時計の割合の方が多くなりました(d = .23)。顔課題では、評価的自己注目を高めない実験操作を受けるよりも評価的自己注目を高める実験操作を受けた方が、過小評価が小さくなりました(時計課題では有意差が検出されず)。

○コメント

これらの結果をまとめると、

・自己注目をしながら、自分が他者に与える第一印象を想像する(評価的自己注目を高める)と、顔が自分の方を向いていると感じやすくなるが、時計がこちらを向いているという知覚・認知には影響しない→評価的自己注目の影響は社会的刺激特異的

・顔課題でも時計課題でも、社交不安は顔/時計がこちらを向いているという知覚・認知には影響しない(ただし、この点に関しては下述する内容を参考のこと)


となります。Figure 3が興味深かったです。評価的自己注目を高めるか否かに関わらず、顔よりも時計の方がこっちを向いていると感じやすいことを示唆する内容でした。しかも、棒グラフを見る限り、時計の方がこっちを向いているかどうかの判断が正確で(それでも統計学的検定では過大評価ですが)、顔だと過小評価の程度が大きい印象を持ちました(グラフの描き方がそのような印象を強めているだけかもしれませんが…)。これは社交不安が高くても低くても、参加者(被験者)の方を向いている顔の割合が過小評価されたという先行研究(Bolt et al., 2014)と一致します。

社交不安が高い群と社交不安が低い群とで顔や時計がこっちを向いていると感じる割合の推定に有意差が検出されませんでした。これは低社交不安群と比較して、高社交不安群は顔をこちらに向けている人の割合を高く感じたというBolt et al.(2014)とは異なります。ですが、論文中では、この違いの原因はBolt et al.(2014)よりも本研究の方が群間の社交不安の差が小さかったからだと考察されていました。実際、Bolt et al.(2014)と同程度の差を設けると、社交不安の影響が顔課題で有意傾向になったそうです(時計課題では有意差がないまま)。

○目・視線研究一覧(顔そのものの研究とは違うかもしれませんが参考までに)
社会不安が高いと逸れた視線を直視と感じやすい
cone of gazeが広いのは社会不安が高い男性
認知行動療法で社会不安障害患者は視線を感じる範囲が狭まる
寒冷昇圧試験で視線を向けられている感覚が強まる
トライポフォビアが社交不安と目・顔集合体への不快感の関係を媒介

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP