人を信頼しているようで信頼しない抑制気質人 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   行動抑制の論文  »  人を信頼しているようで信頼しない抑制気質人

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

交流相手が道徳的に良い人なのか悪い人なのかよく分からない場合、抑制的気質が高い大学生は自己報告上は相手に感じる信頼度は特段低くないが、行動レベルでは相手を信頼していないという結果が得られた論文を読みました。

なお、抑制的気質(行動抑制)とは、新奇な人や物、状況を警戒し回避する気質傾向のことです。基本的なことは「行動抑制の概念 by Jerome Kagan」という記事を参考にしてください。抑制的気質は社交不安障害(社会不安障害)のリスクを7.59倍高めるというメタ解析研究があります(Clauss et al., 2012)。また、行動抑制は過剰不安障害(全般性不安障害)や恐怖症、回避性障害、分離不安障害、うつ病、自殺企図、アルコール問題、薬物使用問題、PTSD(心的外傷後ストレス障害)のリスクを高めるという研究もあります。

Radell, M. L., Sanchez, R., Weinflash, N., & Myers, C. E. (2016). The personality trait of behavioral inhibition modulates perceptions of moral character and performance during the trust game: behavioral results and computational modeling. PeerJ, 4:e1631. doi:10.7717/peerj.1631.

★概要

〇目的

本研究の目的は、行動抑制という性格特性が、相手に感じる信頼レベルや信頼ゲームでの意思決定に与える影響を調べることとしました。

○方法

大学生114人が参加(女性73人)。平均年齢21.4歳(SD = 5.0)。白人/コーカソイドが28人、黒人/アフリカ系米国人が20人、アジア人が19人、太平洋諸島系が2人、米国の先住民族が1人、その他や混血人種が44人、ヒスパニック系が29人。

行動抑制(抑制的気質)は行動抑制成人尺度(Adult Measure of Behavioural Inhibition,AMBI)で評定。AMBIとは、成人期の行動抑制傾向を測る尺度のことです。

AMBIは満点で32点で、得点が高いほど行動抑制が強いことを意味します。今回はAMBIが16点未満の人を非抑制気質(uninhibited)で、16点以上の人を抑制気質だと分類しています。

AMBIに回答後、信頼ゲームの準備。まず、無表情の白人男性の顔写真と名前、人物紹介文を提示。人物紹介文は道徳的に信頼できる行動(火災現場での人命救助)をとった経歴について書かれている場合、道徳的に信頼できない行動(偽造された駐車許可証の販売)をとった経歴について書かれている場合、道徳的に中性な人について書かれている場合の3種類でした。なお、信頼ゲームでの相手の行動選択がこの人物紹介文と一致したものであるとは明示しませんでした。後にもう一度、顔と名前を提示し、7件法で相手が信頼できると感じるか評定してもらいました。

顔写真に写っている男性の信頼性評定の後、信頼ゲームを実施。パートナーは先に述べた信頼できそうな相手、信頼できそうにない相手、信頼性情報を提示しない相手の3タイプ。写真と名前を提示することで、相手がどのようなパートナーか分かるようにしました。信頼ゲームで、実験参加者は$1を自分の手元に置いておく(キープする)か、$3を相手に渡すかを選択しました。$3渡した場合は、道徳的信頼性描写によらず、相手が$1.5を返す確率が50%、全く返さない確率が50%としました。信頼ゲームは各々のパートナーとの試行を24回繰り返すタイプでした(24×3=72試行)。

信頼ゲームの後にもう一度、パートナーの信頼性を評定しました(7件法)。

計算モデルとして強化学習モデルを適用。人物紹介文の内容から期待される互恵確率を基点として、試行の進行とともに相手の選択反応に応じて、互恵期待確率を更新。試行経験に応じた互恵確率の期待値の変化(学習率)を個々のパートナーごとに設定。(互恵を期待して)相手に金銭を与えるかどうかの決定確率の計算では、以前に強化されたパートナーとの交流を活用(exploitation)する度合いや別の選択を探索(exploration)する傾向を気質パラメータとして設定。赤池情報量規準(Akaike's Information Criterion,AIC)で行動データへの適合度の高いモデルを発見した後に、パラメーター値が性別や行動抑制群のタイプによって異なるかどうかを解析。

○結果

行動抑制成人尺度(AMBI)得点が16点以上で抑制気質と判断された人は44人(38.6%)。女性で抑制気質だとされたのは74人中35人(47.3%)で、男性で抑制気質だとされたのは31人中9人(29.0%)と、男性より女性の方が有意に抑制気質の人が多くなりました。抑制気質群の平均年齢は21.4歳(SD = 5.2)、非抑制気質群の平均年齢は21.3歳(SD = 4.9)と有意差は検出されませんでした。

信頼ゲーム実施前で、信頼できると評定された順に、道徳的に信頼できそうなエピソードを持つ「良いパートナー」>道徳的信頼性に関する情報を提示しなかった「中性パートナー」>道徳的に信頼できないエピソードを持つ「悪いパートナー」の順でした。しかし、信頼ゲームの後は「良いパートナー」で信頼性評定が低下し、「中性パートナー」で有意な変化が起きず、「悪いパートナー」で信頼性評定が増加しました。

多重線形回帰分析では、AMBI得点も、参加者のジェンダーも、信頼ゲームの前の信頼性評定や、信頼ゲーム後の信頼性評定の変化を予測しませんでした→性別や抑制的気質は、ベースラインでの相手への信頼性評定や信頼ゲーム後の信頼性の評価の変化(信頼学習)には影響しない

信頼ゲームでパートナーのタイプに応じてキープ反応の多寡が異なりました。すなわち、キープ反応が多い順に、「悪いパートナー」>「中性パートナー」>「良いパートナー」となりました。

信頼ゲームでの行動選択では、「中性パートナー」が相手の場合のみ、行動抑制傾向が高いほど相手に金銭を渡さず、自分のところにキープしておく選択が多くなりました(性別ではキープ選択を予測できませんでした)。また、信頼ゲームの前の「中性パートナー」に対する信頼性評定が低いほど、キープ選択が多くなりました。「悪いパートナー」や「良いパートナー」が相手では回帰モデルが有意となりませんでした。また、「中性パートナー」が相手の信頼ゲームで非抑制気質群よりも抑制気質群の方が、全試行を通して(信頼ゲームの前半でも中盤でも後半でも)キープ選択が多くなりました。

計算モデルの結果、研究参加者は信頼ゲームでの意思決定をランダムに行っておらず、パートナーとの交流経験に基づいて行っていることが判明しました。また、各々のパートナーの人物特性に基づく初期の信頼性(期待互恵確率)の推定値、変動(フリー)学習率(獲得と損失で同じ学習率)、活用/探索気質というパラメーターを用いたモデル、または各々のパートナーの人物特性に基づく初期の信頼性の推定値、固定学習率、フリー活用/探索気質というパラメーターを用いたモデルが最もデータへの当てはまりが良くなりました。

先行研究によれば、抑制的気質が強い大学生は、視覚刺激と確率的な報酬(罰)の関連を学習(連合学習)するのが得意/早い(Sheynin et al., 2013)です。したがって、抑制気質が高い方が、金銭を預託した相手の互恵反応の有無に基づいて行う、相手が信頼できるかどうかの信念の更新学習が得意/早いと予想されました。また、赤池情報量規準(AIC)も低かったので、各々のパートナーの人物特性に基づく初期の信頼性の推定値、変動(フリー)学習率(獲得と損失で同じ学習率)、活用/探索気質というパラメーターを用いたモデルを採用して解析しました。その結果、最初は「悪いパートナー」より「中性パートナー」、「中性パートナー」より「良いパートナー」を信頼する(期待互恵確率が高い)という行動実験と同様の結果が再現されました。また、フリー学習率(獲得と損失で同じ学習率)と活用/探索気質には性別、抑制気質、両者の交互作用が有意でありませんでした。しかし、各々のパートナーの人物特性に基づく初期の信頼性の推定値に関しては、相手が中性パートナーである場合のみ、非抑制気質群よりも抑制気質群の方が相手を信頼していませんでした(性別の影響は検出されず)→抑制的気質が強いと、相手がお返しをしてくれないという損失の学習率が高いというわけではなく、単に最初から中性パートナーを信頼していないだけ。

★コメント

以上の結果から、本論文では抑制的気質が強い人は、パートナーの道徳的信頼性に関する情報がない場合に、相手に感じる信頼性と信頼ゲームでの行動に解離が生じると議論しています。すなわち、抑制的気質の高低は中性パートナーへの信頼性評定には影響しない一方で、信頼ゲームでの行動選択では抑制的気質が強いほど、道徳的に信頼できるかどうか分からない相手にお金を渡さないのです。また、計算モデルでのシミュレーションでは、抑制的気質の人は最初から中性パートナーを信頼していないだけで、相手が互恵行動をとらないということを学習するのが格段に得意なわけではないという結果が得られました。

要するに、パートナーの道徳性に関する情報がない場合には、抑制的気質が強い人は自分で思っているほど、相手を信頼する行動をとらないということです。別の言い方をすれば、抑制的気質が強い人は自分の信頼行動に対する自覚が低いとも言えます(潜在レベルでの行動バイアス)。もっとも、抑制的気質が高い人が相手の信頼性を評価する際に「社会的望ましさバイアス/社会的望ましさ反応バイアス(social desirability bias)」がかかっていて、本心よりも相手に感じる信頼感を高く評価している可能性もありますが。

〇限界・問題点・疑問点

今回の信頼ゲームの相手は男性だけでした。したがって、相手が女性あるいはLGBT(性的少数派)の場合については不明のままです。相手の男性の人種も白人ということで、白人以外の場合どうなるかは分かりません。

男性より女性の方が有意に抑制気質の人が多かったとのことですが、これは本当に性差があるのか、それとも男性の方が行動抑制傾向が否定的に評価されるため、社会的望ましさバイアスや男性性ステレオタイプ、男らしさ規範などで、男性の方が行動抑制質問紙に正直な回答が反映されないからなのか、あるいは他の原因があるのかは不明です。

行動抑制傾向の定量化には行動抑制成人尺度(AMBI)という、成人期の行動抑制傾向を測る質問紙が使われていました。「行動抑制を測る質問紙-場面緘黙症の研究に使ってほしい!」という記事で詳述しているように、行動抑制質問紙には他にも様々なタイプが存在します。また、質問紙と行動観察を組み合わせて、乳児期から行動抑制レベルを定量化する方法(Pérez-Edgar et al., 2014)もあります。

行動抑制は社会的文脈で取り上げられることの多い性格特性ですが、非社会的因子もあるという研究者もいます。たとえば、Burkhouse et al.(2011)は、行動抑制を「学校と社会的状況」という社会的側面と「恐怖と病気」という非社会的側面にわけて、母親の養育スタイル(特に過保護)や子供のセロトニントランスポ一夕ー遺伝子多型(5-HTTLPR)と行動抑制との関係を調査していました。今後、行動抑制を社会的側面と非社会的側面に分けた方が良いのかどうか十分に検討する余地があります。

本実験での信頼ゲームはあくまでも相手がお返ししてくれるかどうかという意味での信頼であり、他の意味での信頼で同様の結果が得られるかどうかは不明です。

道徳的に中性なパートナーの人物紹介文は、1年前に高速道路の渋滞のため航空機事故を逃れた男性が地元新聞のインタビューで遺族に同情心を表明し、「運命はコントロールできない」という発言をするというものでした。こういうシナリオを選択したのは、おそらく火災現場での人命救助や偽造された駐車許可証の販売のシナリオと情動的覚醒水準を合わせるためだと考えられますが、それでもやはり情動の影響は気になります。また、中には「航空機事故を逃れたのは日頃の行いが良いからだ」という推論をする人もいるかもしれず、その場合には道徳的信頼性の判断に影響すると考えられます。もっとも、信頼性評定や不信行動(キープ選択)の実験結果を見ると、信頼操作は上手くいっているようですが。

$3を相手に渡し、$1.5が返ってくる確率は50%でしたので、パートナーにお金を預託した場合の獲得金額の期待値は$1.50×0.50=$0.75となり、ずっとキープしておく時の期待値$1.00×1.00=$1.00の方が高かったです。したがって、本実験では、中性パートナーが相手の場合に、抑制的気質が高い方が合理的な選択をしていることになります。中性パートナーが相手だと抑制的気質が高い方が合理的になるという解釈を検証するためには、相手に金銭を預託した方が期待値が高くなる実験も実施する必要があります。

行動抑制が高いと相手を信頼する選択が少ないのは中性パートナーが相手の場合だけでした。しかし、なぜそうなるのかは本研究だけでは分かりません。、中性パートナーが相手だと互恵的選択をしてくれるかどうか予測不能という、不確実性やリスク、曖昧性が高い状況にあると考えられるので、そのことが関係しているのかもしれません。もし、不確実性嫌悪やリスク嫌悪、曖昧性嫌悪が高いならば、道徳的清廉さが不明な相手に金銭を渡すよりもキープして確実に金銭を確保しておく行動が多くなることが予想され、行動抑制と不確実性嫌悪、リスク嫌悪、曖昧性嫌悪等の関係を調べる必要があるかもしれません。

子供が参加しておらず、大人の行動抑制との関係を調べた研究なので発達的側面については不明のままです。たとえば、抑制的気質の人は子供の頃は行動面でも道徳的に中性な相手を信頼するが、大人になると信頼しなくなるというのであれば、社会経験や脳発達が相手への信頼行動に影響している可能性が考えられます。特に抑制的気質児の行動特性として、自分が知らない人を警戒、回避するというものがあり、これが他者の信頼性を学習する機会を喪失することにつながることもあり得るかもしれません。さらに、行動面で相手を信用しない→相手から信頼されない→抑制気質の人に対する相手の反応がネガティブになる→さらに相手を信用しなくなる、人を回避するようになる、人に対する恐怖心、社交不安が増すという悪循環が生じる可能性もあります。

本研究では、論文著者の予想に反して、行動抑制レベルは信頼ゲームでの(試行錯誤)学習率や信頼ゲーム前後の相手への信頼性評価の変化とは関係しませんでした。抑制的気質が強い大学生は連合学習が得意/早いという結果になった先行研究(Sheynin et al., 2013)は非社会的な刺激を用いた実験でした。対して、本研究は社会的刺激を用いた実験です。これは、非社会的な連合学習の結果を社会的な連合学習(ここでは顔-名前-人物の特徴と信頼ゲームでの相手の反応の関係の学習)の結果に外挿するのは難しいということを示唆します。今後、非社会的連合学習と社会的連合学習を直接対比させた実験が必要になります。

〇神経科学的には?

本論文に引用されている論文(要するに孫引き)によると、信頼ゲームでパートナーが良いヤツだという情報があるよりも、情報がないか、もしくは情報が中性的である場合に尾状核の活動が高くなり、良いパートナーが相手の場合は島皮質や帯状皮質が関与するとのことです。尾状核といえば、乳幼児期の行動抑制と青年期の親評定不安の間の関係を決定する要因の1つとして、報酬獲得・損失手がかりに対する尾状核の活動が指摘されています(Pérez-Edgar et a., 2014)。また、乳幼児期に抑制的気質だとチャットしたい相手から良い返事をもらえても尾状核が活性化しない(Guyer et al., 2014)というように、幼少期の抑制的気質は社会的報酬処理での尾状核の活動と関係するという指摘もあります。さらに、行動抑制がリスク要因の1つである社交不安障害(社交不安症)では、潜在系列学習で左尾状核頭の活動が低く(Sareen et al., 2007)金銭報酬を用いた課題で獲得金額・損失金額が多くなればなるほど、予期段階で尾状核の活動が高い(Guyer et al., 2012)という研究があります。今後、信頼ゲームを実験課題とした抑制気質の脳イメージング研究が望まれます。

〇抑制的気質が強い方が詐欺社会に有利?

人は顔から信頼性の高い人と信頼性の低い人を見分けることができるとされますが、Calabrese et al.(in press)によると、特に不信感が高い人は弁別能力が高いそうです。不信感が高い人は相手が信頼性のある人だと判断する際の基準が高いのだとか。これらの結果は、不信感が高い人が信頼性の低い人を信頼性の高い人と誤解する傾向が低いことによるものであり、信頼性の高い人を信頼性が高いと正しく判断する能力が低いことによるものではないそうです。したがって、もしかしたら、対人的不信感は適応的なのかもしれません。特にオレオレ詐欺など各種特殊詐欺が蔓延している現代社会では不信感が高い方が良いかもしれません。詐欺に引っかからないという意味では、抑制的気質が高い方が現代社会に適応できるともいえます。もっともオレオレ詐欺は電話でのやり取りが主なので、詐欺師の顔で信頼性を判断するのではなく、声から判断しなければなりませんが。

〇信頼ゲーム研究一覧
社会不安障害患者は信頼ゲームで内側前頭前野の活動が低い
社会不安障害患者は信頼ゲームで非協力的な人にも報酬系が興奮
信頼ゲームで扁桃体損傷者は相手に親切

〇引用文献(アブストラクトだけ読みました)
Calabrese, J. R., Brown, M., & Sacco, D. F. (in press). Casting a Wary Eye: Individuals Higher in Dispositional Distrust Demonstrate More Accurate Discrimination of Trustworthy and Untrustworthy Faces. Evolutionary Psychological Science, DOI: 10.1007/s40806-016-0072-6.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP