本当の自分を隠す人は対人交流不安が高い | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(社会不安)に関する興味深い研究  »  本当の自分を隠す人は対人交流不安が高い

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクトだけを読んだ社交不安/社会不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げる予定でしたが、今回は全文読んでしまいました。ただ、全文読んだのが1週間ほど前なので序論と考察の内容をほとんど忘れている状態で本記事をしたためています。

なぜ、社交不安/社会不安(障害)なのかというと、場面緘黙児(選択性緘黙児)は社交不安(社会不安)が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き第5版)では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は、本当の自分を隠す人は対人交流場面での不安が高く、特に他者からの批判や称賛が怖い人は、隠蔽自己が高いと対人交流不安が高いことが多い、褒められ恐怖の高さに隠蔽自己の高さが合わさると、全般性社交不安障害の可能性が高まるという研究です。

なお、社交不安/社会不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒怒ると人を騙すようになるのは共感を感じにくくなるから
最近の記事2⇒スパイシーな食物を食べるとリスク追及行動が強まる
↑記事2は味の好みと性格特性の関係についての研究で、食べる物によって意思決定が変化することを示唆する結果も得られています。味の好みと性格特性の関係についての論文は、この他に苦い味が好きな人はサディスティックでサイコパシー傾向が高いという研究(Sagioglou & Greitemeyer, 2016)があります。

Levinson, C. A., Rodebaugh, T. L., Lim, M. H., & Fernandez, K. C. (2017). The Core Extrusion Schema-Revised: Hiding Oneself Predicts Severity of Social Interaction Anxiety. Assessment, 24(1), 83–94. DOI: 10.1177/1073191115596568.

アメリカ、ミズーリ州のセントルイス・ワシントン大学の研究者による論文です。

〇方法

3つの研究データ(N = 699)を1つのデータセットとして扱いました。

データセット1:全般型社交不安障害者32名とそうでない人26名および、全般性社交不安障害の診断基準は満たさないが社交不安が重篤な人10人。白人が46人(67.6%)、女性が42人(61.8%)。年齢の中央値は34.50歳(SD = 12.03)。

データセット2:データセット1と同じラボが募集。全般型社交不安障害者73名とそうでない人56名。白人が70人(54.3%)、女性が96人(74.4%)。年齢の中央値は35歳(SD = 13.50)。

データセット3:大学生502人。白人が318人(63%)、女性が349人(70%)。平均年齢は19.04歳(SD = 1.04)。

使用尺度一覧
・中心突出スキーマ改訂版(The Core Extrusion Schema–Revised,CES-R):本当の自分をさらけ出したら拒絶されるという信念の度合いを評定する尺度。隠蔽自己(Hidden Self,HS)と自己拒絶(Rejection of the Self,Rejection of the True Self,RTS)の2因子。0~9までの10段階評定。
・対人交流不安尺度(Social Interaction Anxiety Scale,SIAS):対人交流場面での不安を計測。
・否定的評価懸念尺度短縮版(Brief Fear of Negative Evaluation,BFNE):他者からの否定的評価への恐怖を計測。逆転項目を排したstraightforward-BFNE(S-BFNE)を使用。
・肯定的評価懸念尺度(Fear of Positive Evaluation Scale,FPES):他者からの肯定的評価への恐怖を計測。
・正負感情スケジュール-特性版(Positive and Negative Affect Schedule-Trait version,PANAS-T):ポジティブ感情特性・ネガティブ感情特性を計測。
・ミニ国際性格質問項目プール尺度(Mini-International Personality Item Pool Inventory,MINI-IPIP):性格の5因子(外向性・神経症傾向・調和性・勤勉性・開放性)を計測する尺度。本研究では、下位尺度の外向性と神経症傾向を使用。

*肯定的評価懸念尺度(FPES)については「緘黙児・緘黙者は褒められることが怖いか?」や「日本語版Fear of Positive Evaluation Scale(FPES)が出版されました」を参考にしてください。他の褒められ恐怖研究に関しては「解釈バイアス、肯定的評価恐怖、社交不安の関係」や「批判も称賛も怖い人が最も重篤な内在化問題を示す」、「社交不安→ポジティブ評価恐怖尺度得点が高い→注意バイアス」などを参考にしてください。

〇結果

確認的因子分析の結果、中心突出スキーマ改訂版(CES-R)の2因子構造が支持されました。その2因子とは、自己拒絶(RTS)と隠蔽自己(HS)のことです。自己拒絶の質問項目の候補は6つありましたが、その内5つが採用されました。隠蔽自己の質問項目の候補は6つありましたが、4つが採用されました。自己拒絶も隠蔽自己も内的整合性の指標であるクロンバックのα係数は.89でした。

民族/人種は白人が391人、アジア系が149人、黒人が60人、ヒスパニック系などその他99人だったのですが、少なくとも白人、アジア系、黒人に関してはCES-Rの不変性が因子負荷量で確認されました。つまり、CES-Rは民族によらず同質の構成概念を計測していると推測されました。同様に女性は556人、男性は143人いたのですが、こちらもCES-Rの不変性が因子負荷量で確認されました。サンプルがコミュニティ(地域社会)でも大学生でもCES-Rは同質な尺度であるようでした。

全般性社交不安障害群だけでも、それ以外の人を含めても、隠蔽自己が対人交流不安を予測しました(増分妥当性を確認)。これは否定的評価懸念(否定的評価恐怖)や肯定的評価懸念(肯定的評価恐怖)、神経症傾向、外向性、ポジティブ感情特性、ネガティブ感情特性とは独立した予測でした。一方、自己拒絶は対人交流不安を予測しませんでした。サンプルが全般性社交不安障害群だけだと対人交流不安を有意に予測したのは、隠蔽自己と外向性でしたが、サンプル全体では隠蔽自己と外向性に加えて、否定的評価懸念、肯定的評価懸念、ポジティブ感情特性、ネガティブ感情特性も対人場面での交流不安を予測しました。

全般性社交不安障害でない群よりも全般性社交不安障害群の方が、隠蔽自己、自己拒絶が高くなりました。受信者操作特性解析・受信者動作特性解析(Receiver Operator Curve analysis,ROC解析)の結果、ROC曲線下面積(Area Under the Curve,AUC)は隠蔽自己で.78(95%信頼区間:.71, .85)、自己拒絶で.75(95%信頼区間:.68, .82)でしたので、両方とも全般性社交不安障害かどうかの診断能が中程度以上はあることになりました。しかし、否定的評価懸念尺度短縮版(BFNE)の方がAUC = .92(95%信頼区間:.89, .86)と識別能が高くなりました(BFNEの95%信頼区間は間違っているような感じがしますが、原文ママで済ませています)。

否定的評価懸念が高く肯定的評価懸念が低い人は、隠蔽自己が高いと対人交流不安が有意に高くなりました。否定的評価懸念が低く肯定的評価懸念が高い人でも同様に、隠蔽自己が高いと対人交流不安が有意に高くなりました。否定的評価懸念と肯定的評価懸念の両方が高い人でも、隠蔽自己が対人交流不安を予測しました。一方、否定的評価懸念も肯定的評価懸念も低い人では、隠蔽自己が高くても対人交流不安は有意に高くなりませんでした。

ロジスティック回帰分析の結果、否定的評価懸念が高いと、たとえ肯定的評価懸念や隠蔽自己が低かったとしても全般性社交不安障害である可能性が高くなりました(否定的評価懸念が高く、肯定的評価懸念が低い場合には、むしろ隠蔽自己が高い方が全般性社交不安障害である可能性が低くなりました)。しかし、否定的評価懸念が低く肯定的評価懸念が高い場合には、隠蔽自己が高いと全般性社交不安障害の可能性が高くなりました。 否定的評価懸念や肯定的評価懸念、隠蔽自己の二次の交互作用、三次の交互作用をロジスティック回帰モデルへ投入した方がNagelkerkeのR2値が.73から.81に増加し(=データのモデルへの当てはまりレベルが向上し)、全般性社交不安障害かどうかを88.1%の識別正確性でもって判断できました(主効果だけだと識別正確性は51.2%)。

〇コメント

中心突出スキーマ改訂版(CES-R)は隠蔽自己と自己拒絶の2因子ですが、オリジナルのCES尺度(Rodebaugh, 2009)はこの2つに加えて存在?現在?拒絶(Present Rejection)と瑕疵回避(Avoid Mistakes)がありました。

隠蔽自己は行動的側面、自己拒絶は認知的側面です。私が勝手につけたCES-Rの日本語訳は中心突出スキーマ改訂版という、意味不明な邦訳です。中心突出スキーマとは、本当の自己は他者から拒否されるだろうから、本当の自分は隠さないといけないという信念のことで、「本当の自己が他者から拒否されるだろう」が自己拒絶、「本当の自分は隠さないといけない」が隠蔽自己に対応します。

さて、以下はCES-Rの具体的な質問項目です。0~9までの10段階で評価してください。皆さん、どれぐらい当てはまりますか?本論文によると、自己拒絶よりも隠蔽自己の方が、対人交流場面での不安を予測し、全般性社交不安障害だと、隠蔽自己、自己拒絶ともに高い傾向があります。特に他者から批判や称賛を受けることを心配する(否定的評価懸念や肯定的評価懸念が高い)人は、隠蔽自己が高いと対人交流不安が高くなります。また、褒められるのが怖い人は、隠蔽自己も高いと全般性社交不安障害の可能性が高いです。

●隠蔽自己
・周りに他の人がいると、「(本当の)自分のよう」に振る舞うことはめったにない(I rarely act “like myself” around others.)
・私と親しいと思っている多くの人は、本当のところ私のことを良く知らない(Many people who think they are close to me don’t actually know me very well.)
・ほとんどの人に芝居をしている(I put on an act around most people.)
・他者と交流している時は、たいていの場合本心を隠す(I generally put up a front while interacting with people.)

●自己拒絶
・もし他者が私のことを知ったとしたら、私のことをそんなに好きにならないだろう(If people really knew me, they wouldn’t like me as much.)
・ほとんどの人は本当の私のような人を好きでない(Most people don’t really like the kind of person I really am.)
・私が本当に思っていることを言ったとしたら、他者は十中八九私のことを拒絶するだろう(If I said what I really think, people would probably reject me.)
・私の本当の姿を他者に知られるのが怖い(I’m afraid that people will realize what I’m really like.)
・もし他者に心を開いたとしたら、状況は悪い方へと転がるだろう(If I opened up to people, it would go badly.)

場面緘黙児・者には本当の自分を出せない人、本当の自分を出すのが苦手な人が多いという話をネット上で見かけることがあります(ただし、私の知る限り、現時点では実証的研究は皆無)。私の記憶違いでなければ、中には場面緘黙症を克服した後でも自分が出せないという方もいらっしゃいます。実は私の場合は、特に母親の前で本当の自分を出しませんでした(母親で隠蔽自己が強いという人は少ないかもしれませんが)。これは昔からの私の性質です。なぜかといえば、母は過剰反応気味なので、私の言動で大げさな反応が返ってくるのが怖かったからです。もっとも、母親の過大反応そのものが嫌だったのか、過大反応に伴う他者からの注目が嫌だったのか、あるいはその両方なのか、それとも他の要因が関わってくるのかは、たとえ自分自身のことでも判断が難しい問題ですが。

場面緘黙経験者には社交不安が高い人や社交不安障害を併存する人が多いという話もよく見かける話です。しかし、もし場面緘黙経験者は隠蔽自己・自己拒絶が強いのだとしたら、社交不安の高さは表面的なことで、実は隠蔽自己・自己拒絶の方が問題だということもあり得るかもしれません。つまり、隠蔽自己(・自己拒絶)→社交不安→場面緘黙症状という媒介関係がある可能性があります。また、隠蔽自己・自己拒絶→場面緘黙症状という直接関係が主で、場面緘黙症状と社交不安の関係は隠蔽自己・自己拒絶の高さに付随する交絡現象に過ぎないという想像/妄想も可能です(もちろん最も可能性がありそうなのは隠蔽自己・自己拒絶と社交不安、この両方が場面緘黙症状と関係するという説ですが)。

このあたりの考えを想像や妄想で終わらせないためにも、今後CES(-R)を活用した場面緘黙症状の研究が望まれます。

ちなみに、他者に個人情報を意図的に伝えない人は他者から否定的に評価され、そのメカニズムの1つには個人情報が隠されると、隠蔽者が信頼できないように感じることがあるという研究(John et al., 2016)があります。また、John et al.(2016)によると、たとえ問題のある行動でも、それを開示した人のことをポジティブに評価する傾向が人間(少なくとも研究実施時点における研究参加者)にはあるのだとか。しかし、自分に都合の悪い情報は他者に開示しないという意思決定を下す人が多いそうです。しかも、情報を伝えないことによる悪影響は薬物使用や成績不振、性感染症といった都合の悪い情報ばかりでなく、献血といった自分に好ましい情報でも生じるみたいです。デートの相手の選択から雇用する相手の選択まで、幅広く同様の現象が認められるのだとか。どうやら、自分のことを明らかにすると、相手から否定的評価を受けるという、対人交流不安が高い人が抱きがちな信念は間違っているようです。

自己開示研究一覧
社会不安が高い人の第一印象が悪い原因は自己開示が少ないから
社交不安が高い人は不安を打ち明けることが少ない
自己概念明確性は嘘の自己開示で低下する(高社交不安群)
↑特に3番目の研究は今回取り上げた論文と一緒に考察すると面白いかもしれません。社交不安特性が高い人はたとえ自分の意見があっても他者に迎合したことを言うと、自己明確性が低下する(=自分がブレる,自分を見失う)というのが3番目の研究の趣旨です。今回の論文は本当の自分を隠している人は対人交流不安が高いということですから、隠蔽自己が高い人は自分を見失いやすいのかもしれません。自己概念明確性との関係でもCES(-R)尺度を使った研究ができそうです。

〇引用文献(アブストラクトだけ読みました)
John, L. K., Barasz, K., & Norton, M. I. (2016). Hiding personal information reveals the worst. Proceedings of the National Academy of Sciences, 113(4), 954-959. doi: 10.1073/pnas.1516868113.

Rodebaugh, T. L. (2009). Hiding the self and social anxiety: The core extrusion schema measure. Cognitive Therapy & Research, 33, 90-109. doi:10.1007/s10608-007-9143-0.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP