じっと手を見る社交不安が高い学生 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(社会不安)に関する興味深い研究  »  じっと手を見る社交不安が高い学生

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクトだけ読んだ、社交不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社交不安(障害)なのかというと、場面緘黙児(選択性緘黙児)は社交不安(社会不安)が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き第5版)では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は、社交不安が高い学生は目や顔よりも手を見るという研究です。

なお、社交不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒右角回が瞬きの回数を制御する
最近の記事2⇒ナルトレキソンで音楽が楽しめなくなる
↑角回とは、縁上回とセットで下頭頂小葉を構成する脳領域のことです。角回の役割には意味処理や記憶、空間認知等があるとされています。また、ナルトレキソンとは、オピオイドμ受容体拮抗薬(アンタゴニスト)のことです。

Kret, M. E., Stekelenburg, J. J., de Gelder, B., & Roelofs, K. (2017). From face to hand: Attentional bias towards expressive hands in social anxiety. Biological Psychology, 122, 42–50. doi:10.1016/j.biopsycho.2015.11.016.

オランダのライデン大学心理学研究所認知心理学ユニット、ライデン脳認知研究所、ティルブルフ大学社会行動科学認知神経心理学研究科、マーストリヒト大学認知神経科学研究科、ラドバウド大学ナイメーヘン校行動科学研究所&ドンデルス脳認知行動研究所の研究者らによる論文です。

〇序論と目的

目には重要な情動情報を伝える機能があり、自発的に注意が向けられる領域です。社会的服従、社交不安を示す人は他者の視線を避けるとされますが、これは他者の表情を回避しているためとされます。しかし、情動情報を伝えるのはなにも顔だけではありません。今回は視線回避が高い人が手の情動シグナルに注意を向けるかどうか検証することを目的としました。

〇方法

アイトラッキング(視線追跡)で眼球運動を記録し、高社交不安の学生群と低社交不安の学生群の固視を比較。実験1は身体表現のラベリング、実験2は身体表現とマッチした表情またはミスマッチの表情がある身体表現のラベリング課題、実験3は受動視課題。

〇結果

実験の結果、低社交不安群と比較して、高社交不安群は手に注意を向けることが多くなりました。このことから論文では、社交不安が高い人が情動に注意を向ける際には目や顔とは違う領域(手)を見るという議論になっています。

〇コメント

社交不安が高い学生は手を見るとの結果ですが、これはただ単にそのような現象がある可能性があるという報告にすぎません。手を見ることが多いことが原因でなにか特別なことが生じる可能性はないのでしょうか?それにどの年齢から手を見ることが多くなるのかという発達科学的視座も欠けています。また、社交不安が高いから手を見ることが多くなるのか、それとも手を見ることが多い(+顔や目を見ない)から社交不安が高まるのか、それとも両方か、あるいは両者に共通の要因があるのか不明なままです。

本実験はあくまで、ラボでの結果であり、現実生活でも社交不安が高い人達が手を見ているという保証はありません。ラボ(実験室)での顔への視線の向け方とマサチューセッツ工科大学キャンパスを自由歩行中というリアル世界での顔への視線の向け方が強い相関関係を示すことが示唆されている(Peterson et al., 2016)とはいえ、顔以外の領域については不明です。不安とアイコンタクトの関係については、ウェブカメラ(webcam)による女子大生と女性のサクラとの4分間の会話という比較的生態学的妥当性が高い研究が報告されています(Howell et al., 2016)。Howell et al.(2016)によると、特性社交不安が高いほど、ウェブカメラを使用した会話でのアイコンタクトの時間が短く、アイコンタクトの回数も少なく、予期状態不安が高いほど最初の1分間のアイコンタクトが少ないという結果になったそうです。ただ、これもアイコンタクトに注目しており、手など他の身体領域への視線の向け方を解析した研究ではありません。

社交不安が高いとサブリミナル呈示された怒り顔から視線を逸らすのが早い傾向は、少なくとも女性ではテストステロンの単回投与で低下するという報告(Terburg et al., 2016)があります。もし仮に高社交不安群の手を見る傾向がサブリミナル刺激でも認められるのだとしたら、テストステロン投与で視線の向け方が変わるのか、もし変わるのだとしたらそれはどのような変化なのかが気になります。

最後に1つ、歌を。

はたらけど はたらけど 猶わが生活 楽にならざり ぢっと手を見る(by 石川啄木『一握の砂』)


関連記事⇒シャイな子は目を見る時間が長い

〇引用文献一覧(アブストラクトだけ読みました)
Howell, A. N., Zibulsky, D. A., Srivastav, A., & Weeks, J. W. (2016). Relations among social anxiety, eye contact avoidance, state anxiety, and perception of interaction performance during a live conversation. Cognitive Behaviour Therapy, 45(2), 111-122. doi: 10.1080/16506073.2015.1111932.

Peterson, M. F., Lin, J., Zaun, I., & Kanwisher, N. (2016). Individual differences in face-looking behavior generalize from the lab to the world. Journal of Vision, 16(7):12, 1–18. doi:10.1167/16.7.12.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP