水疱瘡、麻疹、おたふく風邪の発症が遅いと社交恐怖症リスクが高い | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(社会不安)に関する興味深い研究  »  水疱瘡、麻疹、おたふく風邪の発症が遅いと社交恐怖症リスクが高い

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクトだけを読んだ社交不安/社会不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げる予定でしたが、今回は全文読んでしまいました。

なぜ、社交不安/社会不安(障害)なのかというと、場面緘黙児(選択性緘黙児)は社交不安(社会不安)が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き第5版)では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は、水疱瘡、麻疹、おたふく風邪の発症が遅いと社交恐怖症(社会恐怖症)リスクが高いという研究です。なお、社交恐怖症という表現は原著論文のSocial Phobiaにあわせたものです。Social PhobiaはSocial Anxiety Disorder(社交不安障害)と同義です。

なお、社交不安/社会不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒オキシトシンで集団での犯人当てゲームの成績が向上する
最近の記事2⇒心理的ストレスを感じるのに生理的ストレス反応は不要
↑記事2はちょっと反省しています。生理的ストレスマーカーとして使用したのは唾液中のコルチゾール濃度、αアミラーゼ濃度、心拍数だけで、これらのストレス反応がなくても、「心理的ストレスを感じるのに生理的ストレス反応は不要」とまでは断言できません。というのも、もしかしたら未計測の生理的ストレス反応が心理的ストレスを生じさせているかもしれないからです。こういう瑕疵って投稿が終わってから気づくことが多いんですよね。

Ajdacic-Gross, V., Aleksandrowicz, A., Rodgers, S., Müller, M., Kawohl, W., Rössler, W., Castelao, E., Vandeleur, C., von Känel, R., Mutsch, M., Lieb, R., & Preisig, M. (2016). Social Phobia Is Associated with Delayed Onset of Chickenpox, Measles, and Mumps Infections. Frontiers in Psychiatry: Mood & Anxiety Disorders, 7:203. doi: 10.3389/fpsyt.2016.00203.

スイスのチューリッヒ大学精神病院精神医学心理療法心身医学研究室、同大学疫学生物統計学予防学研究所、スイス連邦工科大学コレギウム・ヘルベティクム(Collegium Helveticum)、ローザン大学病院精神医学教室、ベルン大学病院神経内科、バーゼル大学心理学研究科臨床心理学疫学部門、ブラジルのサンパウロ大学精神医学研究所神経科学研究室(LIM27)の研究者による論文です。

〇序論

幼少期の感染症が精神障害の原因になり得ることが示唆されています。たとえば、胎児期のトキソプラズマや風疹等の感染症は神経発達障害や統合失調症のリスクだとされています。産後の感染症も統合失調症や精神病リスクになることが示唆されています。レンサ球菌感染性小児自己免疫神経精神障害は、レンサ球菌(連鎖球菌)感染に伴う大脳基底核への抗体反応がADHDやトゥレット症候群、強迫性障害の症状をきたす障害で、感染症が精神症状の原因になることを示しています。そして、感染症は不安障害との関連も注目されています。

しかし、感染やその他の炎症性傷害のタイミングが精神障害のリスクに与える影響を体系的に調べた研究は少数です。そこで、本研究では、小児期の感染症のタイミングと早発性不安障害の関係を調べることを目的としました。なお、ここでの早発性不安障害とは、分離不安障害、過剰不安障害(小児版全般性不安障害)、特定恐怖症、社交恐怖症のことです。

〇方法

PsyCoLaus研究を用いました。PsyCoLausとは、スイスの疫学調査のことで、CoLausという心血管疾患のリスク要因や遺伝子型を調べた調査のサンプルによります。CoLaus研究には精神医学的パートというものがあって、それがPsyCoLausに該当します。CoLaus研究のサンプルはスイスのローザンヌ市からランダムに抽出されました。PsyCoLaus研究はCoLausの初回評定から1年後に開始され、参加者数は3,720人(参加率67%)でした。

PsyCoLaus研究ではDSM-IV1軸による精神疾患・精神障害評定を目的として、遺伝研究のための診断面接(Diagnostic Interview for Genetic Studies,DIGS)のフランス語版を使用(ただし、例外あり)。

解析対象とした感染症は百日咳、水疱瘡(水痘)、麻疹(はしか)、おたふく風邪(流行性耳下腺炎)、風疹、猩紅熱。感染症に関する情報はDIGSの病歴部分と自己申告で収集。

PsyCoLaus研究では不安障害や感染症の発症年齢が分かりましたが、2歳未満との回答や「発症が早すぎて覚えていない」や「物心ついてから」との回答は2歳~5歳の間のランダムな年齢をあてがいました。

〇結果

不安障害の初発症状の発生の平均年齢はそれぞれ…
・過剰不安障害:7.0歳(SD 3.5)
・分離不安障害:5.2歳(SD 2.2)
・特定恐怖症:12.1歳(SD 9.8)
・社交恐怖症:10.9歳(SD 8.2)

早発性不安障害歴のある人の各々の感染症の平均発病年齢(16歳超えを除く)は…
・水疱瘡:6.05歳(95%信頼区間:5.95-6.14)
・麻疹:6.06歳(5.97-6.6)
・おたふく風邪:7.04歳(6.93-7.16)
・風疹:7.55歳(7.01-8.01)
・百日咳:6.39歳(6.06-6.72)
・猩紅熱:7.46歳(6.97-7.95)

これが社交恐怖症の早発経験があると…
・水疱瘡:6.50歳(6.22-6.77)
・麻疹:6.67歳(6.40-6.93)
・おたふく風邪:7.60歳(7.25-7.95)
・風疹:7.54歳(6.07-9.00)
・百日咳:6.83歳(5.70-7.96)
・猩紅熱:8.15歳(6.84-9.46)

というわけで、統計学的に社交恐怖症で有意に発病年齢が高かったのは水疱瘡、麻疹、おたふく風邪で、男と女で結果が異なることはありませんでした。オッズ比については水疱瘡、麻疹、おたふく風邪で1より大きかったのですが、統計学的に有意になったのはおたふく風邪だけでした(OR = 1.26, 95%信頼区間 1.01–1.57)。

ちなみに、男性では分離不安障害でおたふく風邪の発病年齢が高くなりましたが、他の不安障害は有意ではありませんでした。性別、従属変数以外の他の早発性不安障害の影響を調整しても結果は変わりませんでした。教育水準、年齢、幼少期の不利な環境(親の罰への恐怖、両親の喧嘩、児童養護施設での生活)は適宜調整しても結果は変わりませんでした。また、麻疹については、ワクチンのためか麻疹が減少し始めた1963年以降に生まれた人を除外した解析でも結果は変わりませんでした。

なお、分離不安障害の男児でおたふく風邪の発病年齢が高かったことに関しては、分離不安症状がでてからのおたふく風邪の感染事例が期待値よりも多かったことに伴うものだという結果が得られています。社交恐怖症についてはどの感染症でも、期待値と実測値の間に有意差が検出されず、水疱瘡、麻疹、おたふく風邪の発病年齢が高かったのは、社交恐怖症を発症してから感染症になった事例が多かったからではなく、純粋に感染症の発病年齢が高いことによるものであると考えられました。

〇コメント

以上の結果から、本論文では、男児でも女児でも、水疱瘡、麻疹、おたふく風邪の発症年齢が遅いことが社交恐怖症と関連すると主張しています。また、オッズ比で統計学的に有意になった(社交恐怖症だと発症頻度が多くなった)のはおたふく風邪だけでした。

論文中に言及されている結果の解釈には4種類ありました。

1.ウイルス感染のタイミングが、(青年期以降の)免疫系の活動の変化に干渉する(欠点:社交恐怖症は青年期前に発症することが多く、水疱瘡、麻疹、おたふく風邪の発症の遅れは1年未満であり、青年期の関与は考えにくい)

2.水疱瘡、麻疹、おたふく風邪の報告は症状が見た目に出現するかに依存。見て症状が分かるなら、重篤な感染症のことが多い。重症リスク要因の1つに感染年齢の高さがある。したがって、ウイルス感染は社交恐怖症リスクと直接関連する、あるいは感染症の経過の重大さや症状の重篤性を媒介として関連する。

3.(発病年齢の高さに伴う)重篤な感染症と社交恐怖症に共通のリスク要因が存在する(欠点:現在のところそのような要因は見つかっていない)。

4.自由時間や学外での活動で社会的コンタクトを避けるなど社交恐怖症者のコーピングによる(欠点:分離不安障害や過剰不安障害でも同じ理屈が当てはまるはずだが、結果はそうではなかった)

で、結局のところ、本論文では幼少期のウイルス感染自体が社交恐怖症のリスク要因の1つである可能性が最もありそうだという論調になっています。2つ目の説明を支持するという意見表明だと考えられます。感染年齢が高いと、重症化しやすく、免疫系が活性化しやすいので、社交恐怖症の原因には免疫系も関わるはずだという議論がされています。脳発達の段階も考慮すべき、免疫系が関わるのは社交恐怖症のサブタイプの内のいくつかにすぎない(場合によっては1つ)との考えも表明されています。

私としては本研究から分離不安障害や過剰不安障害、特定恐怖症で免疫系の関与がないか、弱いという考察が(少なくとも私の頭の中では)導き出されることに関心を持ちました(もっとも、健康対照群との比較がされていないのが気がかりですが…)。著者が提言するように、社交恐怖症に免疫系が関与する(サブタイプが存在する)のだとしたら、それ以外の不安障害で免疫系との関係が弱くなるのはどうしてなのか?これは社交恐怖症の病因とその他の不安障害の病因の何が違うのか?という疑問になります。

研究の限界として論文で指摘があったのは、自己報告に依拠したデータ収集、精神障害の診断は疫学研究で用いた評定法によるもので、臨床的評価に依拠しているわけではないこと、ケース頻度が少ない病気が存在、感染症に関するデータ(病歴)が遺伝研究のための診断面接(DIGS)によるものもあれば、自己申告によるものもあり、想起バイアスの影響がデータ収集方法によって異なる可能性でした。

精神疾患と炎症の関係は現在盛んに研究されているホットトピックの1つで、精神疾患の神経炎症仮説というものもあります。DSM-5で不安障害として扱わなくなったPTSDにも免疫シグナルが関与するとされています(Deslauriers et al., 2017)。また、抑うつや不安のリスク要因の慢性ストレスが行動障害、感情様障害を引き起こすのは、脳の免疫細胞の活性化や向炎症性サイトカインの発現とそれに伴うストレス関連神経回路の神経伝達物質、シナプス可塑性の変化を介するとされ、うつ病や不安障害等のストレス関連精神障害で女性が多いのは、ストレスに対する神経炎症反応の性差が原因(の1つ)であると考える研究者もいます(Bekhbat & Neigh, in press)。今後、精神疾患の神経炎症仮説が社交恐怖症にも波及してくるかどうか注目に値します。

〇引用文献(アブストラクトだけ読みました)
Bekhbat, M., & Neigh, G. N. (in press). Sex differences in the neuro-immune consequences of stress: Focus on depression and anxiety. Brain, Behavior, and Immunity, doi:10.1016/j.bbi.2017.02.006.

Deslauriers, J., Powell, S. B., & Risbrough, V. B. (2017). Immune signaling mechanisms of PTSD risk and symptom development: insights from animal models. Current Opinion in Behavioral Sciences, 14, 123-132. doi:10.1016/j.cobeha.2017.01.005.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP