睡眠紡錘波のfast spindleが弱い社交不安障害 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(社会不安)に関する興味深い研究  »  睡眠紡錘波のfast spindleが弱い社交不安障害

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクトだけ読んだ、社交不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ、社交不安(障害)なのかというと、場面緘黙児(選択性緘黙児)は社交不安(社会不安)が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き第5版)では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は、社交不安障害の児童青年は睡眠紡錘波のfast spindleが弱いという研究です。

なお、社交不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒生身の人間とのアイコンタクトで一人称代名詞の使用が増加する
最近の記事2⇒チョコを食べると笑顔の認知力が上がる

Wilhelm, I., Groch, S., Preiss, A., Walitza, S., & Huber, R. (2017). Widespread reduction in sleep spindle activity in socially anxious children and adolescents. Journal of Psychiatric Research, 88, 47–55. doi:10.1016/j.jpsychires.2016.12.018.

スイスのチューリッヒ大学小児科医院、同大学精神科病院精神医学心理療法心身医学研究室&児童青年精神医学心理療法研究室、同大学実験精神病理学心理療法研究室の研究者による論文です。

〇背景と目的と方法

社交不安障害の生物学的脆弱性要因として、前頭前野の成熟が遅く、辺縁系の反応が高いことで情動反応が高まることが指摘されています。これがもとで社交不安障害が発現し、維持されるとされます。

一方、睡眠徐波活動や睡眠紡錘波活動は脳の成熟や情動制御を反映しているとされています。例えば、青年期の睡眠徐波活動の低下はシナプス刈り込みによるという仮説があります。睡眠紡錘波も神経発達に伴って変化します。

なお、睡眠徐波とは、ノンレム睡眠のステージ3で出現する脳波のことです。周波数帯域は研究によってまちまちですが、本論文では0.75–4.5 Hzと紹介されています。英語で徐波活動はSlow Wave Activityなので、SWAともいわれます。

睡眠紡錘波とは、ノンレム睡眠のステージ2で生じる脳波のことです。研究によってまちまちですが、本論文では周波数帯域は9–16 Hzとされています。睡眠紡錘波には周波数が13–16 Hzと速いものと9-12 Hzと遅いものの2種類があります(これも研究によって若干の違いがあります)。英語で睡眠紡錘波はSleep Spindlesです。睡眠紡錘波の速い方がFast Spindle、遅い方がSlow Spindleと呼ばれています。Fast Spindleのソースは喫前部、Slow Spindleのソースは内側前頭領域とされています。

ちなみに、ステージ2ではK複合波(K-complex)と呼ばれる脳波も出現します。ステージ2は軽睡眠期とも呼ばれ、浅い睡眠段階です。ステージ3になると、さらに睡眠が深まります。一番深い睡眠がステージ4での睡眠です。

本研究の目的は、健康統制群の児童青年と社交不安障害の児童青年で睡眠徐波活動と睡眠紡錘波活動を比較し、情動反応との関係を探求することとしました。睡眠脳波の計測には高密度脳波計測器(high density EEG,hdEEG)を用いました。情動反応の計測には、情動絵?(情動写真?)単語連合課題を用い、主観的覚醒を評価しました。

〇結果

睡眠徐波活動は、健康統制群と社交不安障害群とで有意に違いませんでした。しかし、健康統制群と比較して、社交不安障害群はfast spindle activity(13–16 Hz)、すなわち睡眠紡錘波の速い周波数帯域が低下していました。社交不安障害群はネガティブ刺激の覚醒を高く評定し、ネガティブ刺激への覚醒評定が高いほどfast spindle activityが低くなりました。

〇コメント

午後の90分間の昼寝において、ホワイトノイズで非侵襲的にfast spindleとslow spindleを別々に増加させることが可能です(Antony & Paller, 2017)。したがって、社交不安障害の児童青年の睡眠中のfast spindleを非侵襲的に高めることができるか?できたとしたら睡眠の質などへの影響は?という点が気になります。

また、本研究では、社交不安障害群でネガティブ刺激への覚醒評定が高いほど、fast spindleが弱かったことから、非侵襲的方法によるfast spindleの増大でネガティブ刺激の主観的評価、ひいては社交不安症状へどのような影響がでるか調べる価値があります。

〇引用文献(アブストラクトだけ読みました)
Antony, J. W., & Paller, K. A. (2017). Using Oscillating Sounds to Manipulate Sleep Spindles. Sleep, 40(3): zsw068. DOI:10.1093/sleep/zsw068.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP