Grayの行動抑制系と前頭前野における脳波の非対称性 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   行動抑制の論文  »  Grayの行動抑制系と前頭前野における脳波の非対称性

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

同じ行動抑制(behavioral inhibition)という術語が使われていて紛らわしいですが、今回はKagan教授ではなく、Gray教授が提唱した気質モデル(強化感受性理論:reinforcement sensitivity theory)における行動抑制系(Behavioral inhibition system)に関わる論文です。

なお、ハーバード大学のJerome Kagan教授の行動抑制に関してはこちらをご覧ください(Gray教授の行動抑制系とKagan教授の行動抑制は違う概念です)⇒行動抑制の概念 by Jerome Kagan

○行動抑制系とは

行動抑制系が働くと新奇性を有する物や人だけでなく、罰や恐怖、無報酬も避けるため、行動を抑制します。警戒感や不安感も引き起こされます。アイゼンクの性格理論でいうところの内向性と神経症傾向の間にあるとも言われています。そして、行動抑制系が優勢な場合、不安障害になりやすいことが知られています。一方、行動賦活系(behavioral activation system)が働くと報酬を求めて行動が開始され接近戦略をとることになります。いわゆる、リスクをとる行動が行動賦活系の働きです。両者にはそれぞれ脳内における特定の神経回路が想定されています。初めは動物実験で行動抑制系と行動賦活系が確証されました。それを人間にも応用していこうとする動きがあります。

Shackman, A. J., McMenamin, B. W., Maxwell, J. S., Greischar, L. L., & Davidson, R. J.(2009). Right dorsolateral prefrontal cortical activity and behavioral inhibition. Psychological Science, 20, 1500-1506.

★概要

行動抑制系と行動賦活系の程度を質問紙調査し、背外側前頭前野の脳波と関連付けています。脳波を測定するにあたって問題となる空間解像度の低さを改善しようとする試みです。ただ、その方法にlow-resolution brain electromagnetic tomography(LORETA)という最新技術を用いており、私にはよく分かりません

その結果、左側よりも右側の背外側前頭前野後部が安静時に活発に働く人は行動抑制系の尺度得点が高いことが分かりました。なお、ここでいう「活発」とはリラックスしている時に出るα1波(8-10Hz)が減少したという意味です。一方、行動賦活系と脳波には統計的に意味のある関係が見出せませんでした。

★コメント

実は、女性だけを対象にした研究です。その点注意する必要があります。

不安などのネガティブな感情をもちやすい人で、安静時に前頭前野の右側の方が活発である理由は現段階では不明です。しかし、著者らはその理由を3つに分けて先行研究にも言及しながら考察しています。この考察は憶測ではなく、先行研究に基づくだけに説得力があります。

なお、行動抑制系には中隔・海馬系が、行動賦活系には中脳辺縁系のドーパミン系が関わっており、前頭前野だけが関与しているわけではありません。また、Grayは気質モデルにおいて闘争・逃走系も仮定していますが、ここでは触れません。

研究グループの中にはデビッドソン博士の名前もあります。デビッドソン博士らは社会不安障害の人がこれからスピーチしなければならない時に、右半球が賦活するという研究を発表したことがあります。右大脳半球が活発になるのは行動抑制系が稼働している時だけではなく、社会不安障害の人が不安を感じている時にも認められるというわけです。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP