自己高揚的ユーモアは状態不安を低下させる | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  自己高揚的ユーモアは状態不安を低下させる

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、論文アブストラクト(抄録)、序論の一部、実験方法、実験結果だけを読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害になりました。

今回は、自己高揚的ユーモアは難しい数学試験を受けることを想像することに伴う状態不安を低下させるという研究です。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒オキシトシンで女性心理士からのアドバイスに従順になる
最近の記事2⇒開放性が高い人は裸でダラダラ過ごすことが多い(自宅)
↑性格特性と日常生活での行動の関係を調べたのが2番目の記事です。「開放性が高い人は裸でダラダラ過ごすことが多い(自宅)」という関係以外にも、調和性が高い人は車の中やシャワーを浴びている最中に歌うことが多いなど、興味深い結果となっています。

Ford, T. E., Lappi, S. K., O’Connor, E. C., & Banos, N. C. (2017). Manipulating humor styles: Engaging in self-enhancing humor reduces state anxiety. HUMOR: International Journal of Humor Research, 30(2), 169-191. doi:10.1515/humor-2016-0113.

アメリカノースカロライナ州のウェスタンカロライナ大学心理学研究室、ワイオミング大学心理学研究室の研究者による論文です。

実験1~3のすべてにおいて、アマゾンメカニカルターク(Amazon Mechanical Turk,Mturk)を用いました。Mturkとは、オンライン環境で短時間、低コストで大規模な調査・実験ができるアマゾンのクラウドソーシングサービスのことです。

なお、以下に登場する自己高揚的ユーモアとは、ストレッサーがあっても状況のおかしなところを考えて気分を良くするユーモアスタイルのことです。自虐的ユーモアとは、自分の弱さを笑いの種にして、直面する問題やネガティブ感情に対処するユーモアスタイルのことです。

〇実験1

参加者は米国在住の123人(女性80人,男性43人)。平均年齢38.38歳(SD = 14.08)、年齢の中央値は34.00歳、範囲は18~74歳。白人108人、アフリカ系米国人6人、ヒスパニック系/ラテンアメリカ系2人、アジア人4人、その他2人。

以下の3群のすべてにおいて、ロールプレイ(役割演技)で、緊張し難易度が高い大学進学適性試験(Scholastic Assessment Test,SAT)の数学テストのような文章題試験を受ける状況を想像してもらいました。

参加者を以下の3つの群のどれか1つにランダムに割り当て(被験者間実験計画)。
・自己高揚的ユーモア(自己促進的ユーモア)群:サプライズの数学テストのばかげた状況を滑稽に考えるよう教示。題材として数学試験、数学一般についてからかう漫画、ジョークを用意し、読んでもらい、ストレス状況をユーモラスに気楽に考えられるようにする。

・自虐的ユーモア(自己卑下的ユーモア)群:自分の数学能力を笑いの種にし、数学テストでの困難に対して自分をこきおろすことで、数学テストを受けなければならない状況をユーモラスに考えるように教示。題材として自分の数学能力をからかう漫画、ジョークを読み、自己卑下をユーモラスに行い、試験の出来が悪いことによる痛みを和らげられるようにする。

・ユーモアなしの統制群:漫画、ジョークを読まず。

なお、74人が参加した予備研究において、題材として呈示した漫画、ジョークの自己高揚ユーモアレベルが、自虐的ユーモア群で用いた漫画、ジョークよりも自己高揚的ユーモア群で用いた漫画、ジョークの方が高いことが確認されていました。また、自己高揚的ユーモア群で用いた漫画、ジョークよりも自虐的ユーモア群で用いた漫画、ジョークの方が自虐性が高いことも確認済みでした。さらに、別の41人が参加した予備研究では、自己高揚的ユーモア群で用いた漫画、ジョークの面白さ評定と自虐的ユーモア群で用いた漫画、ジョークの面白さ評定との間に有意差が検出されませんでした。

自己高揚的ユーモア群と自虐的ユーモア群は読んだジョークの中で最も友達に伝えたいお気に入りのジョークを選択(これは単にユーモア素材へのエンゲージメントを高めるために行われた手続きで、読み飛ばしてもらっても理解に支障はありませんが、何せ実験は細かい条件の違いで結果が変わることがあるので本ブログ記事で書いておきます)。

ユーモアの実験操作の後、スピールバーガー状態不安尺度に回答(7項目7件法)。ここでのスピールバーガー状態不安尺度とは、状態-特性不安尺度(State-Trait Anxiety Inventory,STAI)の状態不安質問紙のこと。ただし、状態不安尺度に回答中も数学試験の想像ロールプレイ状態を保つように教示。クロンバックのα係数は0.90(実験2は0.85、実験3は0.93)。

実験の結果、統制群や自虐的ユーモア群よりも自己高揚的ユーモア群の方が、数学試験の想像状況での状態不安が低くなりました。また、統制群よりも自虐的ユーモア群の方が状態不安が低かったのですが、統計学的には有意傾向にとどまりました。

〇実験2

実験1で自己高揚的ユーモアが、難しい数学試験の想像に伴う状態不安を低下させる可能性が示唆されました。しかし、自己高揚的ユーモアを自分ですること自体が状態不安を低下させたのかどうかは結論できません。「ストレス状況をユーモラスに見なさい」という教示自体が状態不安を低下させたのかもしれません。そこで、このリサーチクエッションに挑むため実験2を施行しました。

参加者は米国在住の158人(女性67人,男性91人)。平均年齢31.82歳(SD = 8.93)、年齢の中央値は30.00歳、範囲は18~63歳。白人74人、アフリカ系米国人6人、ヒスパニック系/ラテンアメリカ系13人、アジア人59人、その他5人。

基本的な実験手続きは実験1と同じ。以下の3群を設定(被験者間実験計画で割り当てはランダマイズ)。
・自己高揚的ユーモア+教示群:実験1の自己高揚的ユーモア群と同じ。
・教示のみ群:漫画やジョークは呈示しないが、ストレス状況をユーモラスに気楽に考えるように教示(サプライズの数学テスト状況のばからしさにおかしさを発見するよう教示)。
・ユーモアなし統制群:漫画もジョークも教示もなし(実験1のユーモアなしの統制群と同じ)。

実験の結果、統制群や教示のみ群よりも自己高揚的ユーモア+教示群の方が数学試験の想像状況での状態不安が低くなりました。教示のみ群と統制群では状態不安の有意差が検出されませんでした。

実験2の結果から、単にストレス状況をユーモラスに考えるよう教示するだけでは状態不安が低下せず、自己高揚的ユーモアが必要である可能性が示唆されました。

〇実験3

実験1では、自己高揚的ユーモアで難しい数学試験の想像に伴う状態不安が低下する可能性が示唆されました。しかし、漫画やジョークの自己高揚的ユーモアに自発的に反応したのかどうかは不明で、教示なしでも自己高揚的ユーモアで状態不安が低下するかどうか分かりませんでした。そこで、このリサーチクエッションに挑むため実験3を実施しました。

参加者は米国在住の170人(女性92人,男性78人)。平均年齢37.24歳(SD = 10.97)、年齢の中央値は35.00歳、範囲は19~61歳。白人134人、アフリカ系米国人9人、ヒスパニック系/ラテンアメリカ系13人、アジア人10人、その他4人。

基本的な実験手続きは実験1・2と同じ。以下の3群を設定(被験者間実験計画で割り当てはランダマイズ)。
・自己高揚的ユーモア+教示群:実験2と同じく、実験1の自己高揚的ユーモア群に相当。
・自己高揚的ユーモアのみ群:自己高揚的ユーモアの漫画やジョークを読むだけで、これらの題材を使ってストレス状況をユーモラスに気軽に考えるように言う教示はしない。
・ユーモアなし統制群:これまでの実験とは違って、ユーモア要素のないポエムを読む。

スピールバーガー状態不安尺度に回答後、「ジョークや漫画(統制群はポエム)は数学の試験を深刻に考えないことにどの程度役立ったか?」と「ジョークや漫画(統制群はポエム)は数学の試験をユーモラスに捉えるのにどの程度役立ったか?」という2種類の質問に1~7の7件法で回答。両者の回答の相関係数はr = 0.78と高かったので、平均値を算出してユーモア視点の指標としました。

実験の結果、ユーモア視点が高かった順に、自己高揚的ユーモア+教示群>自己高揚的ユーモアのみ群>統制群となりました。

状態不安に及ぼすユーモアの主効果は有意傾向にとどまりました。しかし、計画的比較の解析結果によると、統制群よりも自己高揚的ユーモア+教示群の方が状態不安が低くなりました。自己高揚的ユーモア+教示群と自己高揚的ユーモアのみ群の間に状態不安の有意差は検出されませんでした。また、自己高揚的ユーモアのみ群と統制群の間でも状態不安の差は有意でありませんでした。

〇コメント

以上をまとめると、

・自己高揚的ユーモアで、難しい数学試験の想像に伴う状態不安が低下(実験1、2、3)

・単にストレス状況をユーモラスに考えるよう教示するだけでは状態不安が低下せず、自己高揚的ユーモアを使って初めて状態不安が低下する(実験2)

・自己高揚的ユーモアの漫画やジョークを読むだけで、数学の試験に対するユーモア視点が高まる(数学の試験をそんなに思いつめず、ユーモラスに捉えることができるようになる)が、自己高揚的ユーモアの使い方を教示した方がさらにユーモア視点が高まる(実験3)

・自己高揚的ユーモアの漫画やジョークを読むだけでは、状態不安の低下が生じない。自己高揚的ユーモアの使い方の教示があって初めて状態不安が低下する(実験3)


となります。なお、3つの実験のいずれにおいてもジェンダーの効果は検出されませんでした。

実験1、2、3は想像状況でのベースラインの状態不安を計測していなかったため、最初から群間で状態不安の差があったと言われればおしまいです。ただ、すべての実験において、群の割り当ては無作為化していたため、初めから状態不安に差があった可能性は低く抑えられています。

なお、ユーモアスタイルは遺伝するとされています。たとえば、18~74歳の双子が協力したカナダ・アメリカの双生児研究(Vernon et al., 2008b)では、狭義の遺伝率は自己高揚的ユーモアで41%(95%信頼区間:24~50%)、自虐的ユーモアで5%(0~37%)、親和的ユーモアで44%(13~57%)、攻撃的ユーモアで17%(0~46%)という結果が得られています。ただ、17~90歳の双子が参加したイギリス、ロンドンにある聖トーマス病院(セントトーマス病院)の双生児研究(Vernon et al., 2008a)では、狭義の遺伝率はそれぞれ、自己高揚的ユーモアで39%(27~43%)、自虐的ユーモアで34%(18~44%)、親和的ユーモアで49%(37~53%)、攻撃的ユーモアで39%(24~46%)で、特に自虐的ユーモアと攻撃的ユーモアで北米の結果と英国の結果が異なっていたことから、文化的要因などの影響が示唆されます。とにもかくにも、状態不安を低下させるために自己高揚的ユーモアを自分の意思で実施しようと試みた場合に遺伝の影響をどれだけ乗り越えられるかどうかが気になります。

また、Vernon et al.(2008b)によると、自己高揚的ユーモアは神経症傾向(表現型相関係数.32)と負の相関関係を示し、外向性(.40)、経験への開放性(.26)、調和性(.14)、勤勉性(.09)と正の相関関係にあります。さらに、自己高揚的ユーモアは神経症傾向(負の遺伝相関係数 = -.39, 95%信頼区間:-.54~-.22)、外向性(正の遺伝相関係数 = .50, 95%信頼区間:.33~.65)、経験への開放性(正の遺伝相関係数 = .30, 95%信頼区間:.14~.45)と共通の遺伝要因の存在が示唆されています。したがって、自己高揚的ユーモアの影響を調べる場合には性格の効果も考慮しなければなりません。性格の重要性は、開放性が面白いことを思いつく能力を予測するという研究(Nusbaum et al., 2017)からも窺われます。

ちなみに、Vernon et al.(2008b)によると、自己高揚的ユーモアとの非共有環境相関係数は神経症傾向で負の-.32(-.38~-.16)、外向性で正の.30(.19~.41)、経験への開放性で.25(.13~.36)、調和性で.14(.02~.26)と、共通の非共有環境要因の存在が示唆されています。ただ、ユーモアスタイルと性格特性の間の共有環境相関はどれも有意ではなかったことから、ユーモアスタイルと性格特性の間に共通の共有環境要因はないかあったとしても弱い関係しかないと考えられます。

〇引用文献:Nusbaum et al.(2017)はアブストラクトだけ、それ以外はアブストラクトと方法の一部、結果欄の表だけ読みました
Nusbaum, E. C., Silvia, P. J., & Beaty, R. E. (2017). Ha ha? Assessing individual differences in humor production ability. Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts, 11(2), 231-241. doi:10.1037/aca0000086.

Vernon, P. A., Martin, R. A., Schermer, J. A., Cherkas, L. F., & Spector, T. D. (2008a). Genetic and environmental contributions to humor styles: A replication study. Twin Research & Human Genetics, 11(1), 44-47. doi:10.1375/twin.11.1.44.

Vernon, P. A., Martin, R. A., Schermer, J. A., & Mackie, A. (2008b). A behavioral genetic investigation of humor styles and their correlations with the Big-5 personality dimensions. Personality & Individual Differences, 44(5), 1116-1125. doi:10.1016/j.paid.2007.11.003.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP