お化け屋敷で他者を掴んでも子供は掴み返されない | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  お化け屋敷で他者を掴んでも子供は掴み返されない

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、論文アブストラクト(抄録)だけ読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げる予定でしたが、全文読んでしまいました。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害になりました。

今回はお化け屋敷で他者を掴むという社会的親和行動を調べた研究です。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒他者をサポートすると自己制御が難しくなる
最近の記事2⇒なぜ広告の時計の時刻は10時10分なのか?
↑記事2の「広告の時計が10時10分であることが多い」ということに皆さんは気づいていましたか?私は気づいていませんでした。記事の内容は、広告の時計が10時10分であることが多い理由を心理学的に検討した研究の内容についてです。

Dezecache, G., Grèzes, J., & Dahl, C. D. (2017). The nature and distribution of affiliative behaviour during exposure to mild threat. Royal Society Open Science, 4:170265. DOI: 10.1098/rsos.170265.

スイスのヌーシャテル大学生物学研究所、フランスのパリ科学人文研究大学?PSL Research University(L'université de recherche. Paris Sciences et Lettres) フランス国立保健医学研究所(Institut national de la santé et de la recherche médicale,Inserm)高等師範学校認知研究室認知神経科学実験室(ラボ)の研究者による論文です。

〇序論

集団でのヒトの脅威に対する反応を調べた研究です。

危険に対する即時反応は儚い故に観察するのが難しく、脅威にさらされたときに自己防衛動機が高まるのか、向社会的動機が高まるのかが議論の的になっています。

危険に対するヒトの反応は反社会的、自己防衛的だと思われています。しかし、危険暴露で親和動機が高まり向社会的反応が生じることもあります。これは社会的規範の維持によって説明されます。

しかし、先行研究は事後的報告に基づくものばかりです。ラボでの実験では、親和的、向社会的反応が示唆されていますが、危険に対するリアルタイムな反応によって、生態学的妥当性の高いデータによる裏付けがされていません。

〇目的

そこで、ナイトメア・フィアー・ファクトリー(Nightmares Fear Factory)のフリー写真を素材にした研究を企画しました。ナイトメア・フィアー・ファクトリーとは、カナダのナイアガラの滝のそばにあるお化け屋敷アトラクションのことです。写真には複数人が映っており、人間集団のお化け屋敷での脅威反応を調べることが可能です。

特に顕著な脅威反応として、他者の陰に隠れる行動と他者を掴む行動とを調べました。他者の陰に隠れる行動は自己防衛動機によりますが、他者を掴む行動は親和的行動で、自己防衛動機でも他者防衛動機でも生じえます。掴まれた人が掴み返す「相互的把持」が少ないことは、自己防衛方略の指標となり得ます。

〇方法

ナイトメア・フィアー・ファクトリーのFlickrアカウントの写真460枚に写っている1,293人を解析。写真の年度は2012年~2014年。写真撮影は、10~15分のアトラクションツアーの最中。写真には複数人が映っていましたが、彼らは知人同士であるとFAQ(よくあるご質問)には書かれていたそうです。人数は2人~6人に制限(7人目を見た評定者がいたと論文に書かれていますが、幽霊・幻視だったのでしょうか?)。写真は、研究仮説について知らない人の手でランダムに460枚選択。

盲検法の下に2名の評定者が全ての写真をチェックし、以下の項目について判断を下しました。
・被評定者は左から何番目か?(お化け屋敷で進む方向から考えて、最も右側にいる人が出口に近く、集団を牽引していると判断されました)
・性別(女性・男性):κ係数0.98
・年齢層(子供・少年/少女・大人):κ係数0.65
・人数(集団サイズ):κ係数0.98
・怖がっている表情をしているかどうか?:κ係数0.61
・他者の身体の陰に隠れているかどうか?:κ係数0未満
・手で他者を掴んでいるかどうか?掴んでいたとしたら掴んでいる相手は何人か?:κ係数0.84
・他者から掴まれているかどうか?その数は?:κ係数0.83
・手で他者を掴んでいるとして相手から掴み返されているか?(互いに掴み合っているか?)、その数は?:κ係数0.78
*κ係数とはカッパ係数のことで、写真サンプルの内の約20%で2人の評定者間信頼性を算出

実際の写真はこちらです(実際にご覧になった方が分かりやすいですよ)⇒Nightmares Fear FactoryのFlickrページ(URLはhttps://www.flickr.com/photos/nightmaresfearfactory)

〇結果

集団サイズと比した相対的な把持行動は、どの人数でも大体75%で、特に5人の時に多くなりました。しかし、集団サイズが大きくなると掴み合いの相対的数、互恵的掴み合い比が減少していきました。

*互恵的掴み合い比とは、掴み合いの相対数÷把持行動の相対数のこと(把持行動とは相手を掴むということです)。

集団の左側にいる(お化け屋敷の出口から最も遠い)ほど、把持行動の相対数が増えました。有意傾向ながら、集団の右側にいる(集団の先頭に近い)ほど、掴み合いの相対数が多くなりました。互恵的掴み合い比は集団の右側にいるほど高くなりました。特に集団の最後尾の人は、他者を掴むことが多かったのですが、相手から掴み返されることは少なくなりました。

男性より女性の方が把持行動の相対数、掴み合いの相対数、互恵的掴み合い比が大きくなりました。

年齢は把持行動の相対数に影響しませんでした。しかし、大人より少年・少女、少年・少女より子供で掴み合いの相対数、互恵的掴み合い比が低くなりました。

集団人数は恐怖表情を示している人の割合に影響しませんでした。恐怖表情の有無は把持行動の相対数、掴み合いの相対数、互恵的掴み合い比に影響しませんでした。

〇コメント

以上をまとめると、ナイトメア・フィアー・ファクトリーというお化け屋敷ツアーの最中に撮られた写真の中で、Flickrの公式アカウントに掲載されているものを分析すると、

・集団人数とは関係なく、他者を掴む人の割合はおよそ75%

・集団人数が多くなるほど、掴み合いが少なくなる(相手を掴んでも掴み返されることが少なくなる)→脅威に対して他者を掴むのは他者防衛のためではない可能性

・集団の最後尾に近いほど、他者を掴む

・集団の先頭に近いほど、掴み合いが多くなる

・男性より女性の方が、他者を掴むことが多く、掴み合いも多い→脅威に暴露されると女性はfight-or-flight(闘争・逃走反応)よりもtend-and-befriend(世話・友和反応)をすることと一致(tend-and-befriendとは、女性に特有のストレス反応のことで、ストレス暴露で自己と子どもを守り、ソーシャルネットワークを創成、保持することを促進します)。

・相手を掴むかどうかは年齢によって違うとはいえないが、子供だと他者を掴んでも掴み返されることは少ない

・恐怖表情の表出に集団人数は影響しない

・恐怖表情は、相手を掴む行動や掴み合い行動に影響しない


となります。他者を掴むことは社会的親和性の高さを意味し、把持の互恵性は他者防衛動機を示唆します。他者の後ろに隠れる行動は自己防衛行動だと考えられますが、本研究ではκ係数が0未満であり、評定者間信頼性が著しく低くなりました。

人命救助では女性や子供が優先されますが、本研究では子供は掴り返されることが少なく、矛盾しています。このことを論文では、本研究で調べた把持行動、掴み合い行動は、社会的規範とは異なる即時の反射様反応で、その場合には子供優先が消失すると議論しています。

ヒトが示す脅威に対する反応には反社会的で自衛的な側面があります。しかし、本研究では他者を掴むという親和的反応の存在が示唆されました。

研究の限界としては、論文中にお化け屋敷で何があったのか分からなかったという指摘がありました。他者を掴んでいるとして、それはゾンビや幽霊、はたまた他の客の悪ふざけに対する反応なのか、好きな人にわざと掴んでいるのかよく分かりません。また、Flickrにアップロードされる写真にはバイアスがかかっている可能性があります。また、そもそもお化け屋敷の構造上、列になって進むしかないわけで、遠くの人を掴むのは難しいという限界にも論文では言及されていました。

写真に写っている人の人間関係も知人である以外は不明です。人数が多いよりも人数が少ない方が絆が強いとも考えられ、それが、集団サイズが大きくなると掴み合いが少なくなる原因の1つになっている可能性も論文では指摘されていました。

今回はお化け屋敷の話でしたが、場面緘黙児が親や友達、先生のことを掴んできた場合、掴み返すことが多いのか少ないのか普通なのか、気になりました。

本研究は、集団状況における脅威に対するヒトの反応を、お化け屋敷ツアーでの写真を使って解析したというユニークな方法が特長です。お化け屋敷で好きな人から掴まれたいと願う邪な心を持つ人に役立つことでしょう。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP