失敗過敏、行為疑念、高目標設定が高いと不安が高まりやすい | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  失敗過敏、行為疑念、高目標設定が高いと不安が高まりやすい

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、論文アブストラクト(抄録)と序論や結果の一部だけ読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害になりました。

今回は完全主義の失敗過敏、行為疑念、高目標設定が高いとフォローアップ後に不安が高まりやすいという研究です。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒いじめられっ子が学校に武装登校するリスクを高める要因は?
最近の記事2⇒顔写真は自分で選択するより他者が選択する方が赤の他人への印象が良い
↑記事1はこの緘黙ブログで以前取り上げた「いじめの減少後に「残された子供」の社交不安等が悪化」といういじめ研究にひっかけたものです。

Smith, M. M., Vidovic, V., Sherry, S. B., Stewart, S. H., & Saklofske, D. H. (2018). Are perfectionism dimensions risk factors for anxiety symptoms? A meta-analysis of 11 longitudinal studies. Anxiety, Stress, & Coping An International Journal, 31, 4-20. doi:10.1080/10615806.2017.1384466.

カナダのウェスタンオンタリオ大学心理学研究室、ダルハウジー大学心理学神経科学研究室&精神医学研究室の研究者による論文です。  

〇完全主義とは?

まず完全主義に関する基本的事項を押さえておきましょう。完全主義は多次元からなりますが、高次の2次元は完全主義的懸念(Perfectionistic Concerns,PC)と完全主義的努力(Perfectionistic Strivings,PS)です。

完全主義的懸念は社会規定的完全主義(Socially Prescribed Perfectionism,SPP)、失敗過敏(Concern over Mistakes,CM)、行為疑念(Doubts about Actions,DA)から成ります。他方、完全主義的努力は自己志向的完全主義(Self-Oriented Perfectionism,SOP)と高目標設定(Personal Standards,PS)から構成されます。

以下は、それぞれについての定義
社会規定的完全主義とは、他者から完全性を求められていると感じること。
失敗過敏とは、失敗を過度に気にすること。
行為疑念とは、自分の行動パフォーマンスに半信半疑であること。
自己志向的完全主義とは、自己に完全性を求めること。
高目標設定とは、不合理なほど高い目標を自己に課すこと。

〇背景と方法

50年以上もの間、不安における完全主義の役割について理論的、実証的研究が行われてきました。しかし、完全主義の各次元が不安のリスク要因として機能するかどうかについては、まだ決着がついていません。

そこで、完全主義の各次元が後の不安を予測するかどうか縦断研究で検討した研究をメタ分析(メタ解析)しました。組み入れ基準に該当した研究は11報で、児童、青年、大学生、コミュニティの成人、精神障害者から成りました。

〇結果

ランダム効果モデルを使ったメタ分析の結果、失敗過敏(r+ = .11)、行為疑念(r+ = .13)、高目標設定(r+ = .08)が高いと、追跡後の不安が高くなりやすかったです。一方、社会規定的完全主義(r+ = .04)や自己志向的完全主義(r+ = .03)が高くても、追跡後の不安は有意に高くなりませんでした。これらは、ベースラインの不安を統制した結果でした。

〇コメント

アブストラクトの最後には、完全主義と不安の関係が強まる条件(ストレス等)に関する研究が必要だと締めくくられています。

なお、完全主義は追跡後の抑うつの増悪リスクだという縦断研究のメタ分析(Smith et al., 2016)もあります。それによると、ベースラインの抑うつや神経症傾向を統制しても、社会規定的完全主義、失敗過敏、行為疑念、高目標設定、完全主義的態度、自己批判、自己志向的完全主義が後の抑うつの悪化を予測します。

また、完全主義は自殺傾向との関わりも指摘されています。とあるメタ分析研究(Smith et al., in press)によると、自殺念慮と小~中程度の関連を示す完全主義は、完全主義的懸念(社会規定的完全主義・失敗過敏・行為疑念・不一致・完全主義的態度)、完全主義的努力(自己志向的完全主義・高目標設定)、親の批判、親の期待でした。特に、社会規定的完全主義は追跡後の自殺念慮の高まりを予測するそうです。また、完全主義的懸念、親の批判、親の期待は自殺企図と弱い正の関連があるとのことです。特に完全主義的努力は健康的、適応的で、望ましいという考え方があるので、それが自殺念慮と関連しているのは注目に値します。

ちなみに私なんかは場面緘黙症の人は完全主義が高まりやすいのではないか?それは特にソーシャルサポートが低い場合に顕著ではないのか?なんていう仮説を持っています。というのも、場面緘黙症だと困ったことがあっても自分から助けを求めることができず、失敗に神経質になりやすそうだと思うからです。たとえば、場面緘黙児は、学校で忘れ物(消しゴム等)をしても、自分から積極的に他の生徒に「貸してほしいんだけど…」と言えません。また、緘黙児が積極的に言わなくても他の子が気づいて貸してもらえることもありそうですが、それはソーシャルサポートが高いからだと思うのです。とすると、ソーシャルサポートが低いと、家で学校の準備をしている時に忘れ物をしていないか、普通の子よりも気になってしまい、完全主義、特にこの例では失敗過敏が高まりやすいと考えられます。だとすると、今回取り上げた研究を踏まえれば、失敗過敏からさらに緘黙児の不安が少しばかり高まりそうです。誰か研究テーマに場面緘黙と完全主義、不安の関係を調べることを掲げる人はいないのでしょうかね(アンタがやれ!というツッコミはなしでお願いします)。

〇引用文献(アブストラクトだけ読みました)
Smith, M. M., Sherry, S. B., Chen, S., Saklofske, D. H., Mushquash, C., Flett, G. L., & Hewitt, P. L. (in press). The perniciousness of perfectionism: A meta-analytic review of the perfectionism–suicide relationship. Journal of Personality, DOI:10.1111/jopy.12333.

Smith, M. M., Sherry, S. B., Rnic, K., Saklofske, D. H., Enns, M., & Gralnick, T. (2016). Are Perfectionism Dimensions Vulnerability Factors for Depressive Symptoms After Controlling for Neuroticism? A Meta-analysis of 10 Longitudinal Studies. European Journal of Personality, 30(2), 201-212. DOI:10.1002/per.2053.

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。