顔がでかい人の表情は幸福よりも恐怖に見えやすい | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  顔がでかい人の表情は幸福よりも恐怖に見えやすい

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、論文アブストラクト(抄録)、方法、結果だけ読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害になりました。

今回は、顔がでかい人は幸福よりも恐怖の表情をしていると判断されやすいという研究です。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒言語性IQが高い犯罪者は逮捕されないことが多い
最近の記事2⇒相貌失認チェックリスト&病識を持った年齢は?

Wang, S. (2018). Face size biases emotion judgment through eye movement. Scientific Reports, 8:317. doi:10.1038/s41598-017-18741-9.

アメリカのウエストバージニア大学化学生体医工学研究室&ブランシェット・ロックフェラー・ニューロサイエンスィズ・インスティテュート(ブランシェットロックフェラー神経科学研究所)の研究者による単著論文です。

〇方法

参加者は24名(女性16人,平均年齢22.3 ± 3.39歳)。

実験は情動判断課題。参加者には、顔刺激を1秒間見て、その表情が恐怖だったのか幸福だったのか素早く回答してもらいました。顔刺激提示の終了から2秒以内に反応しなければなりませんでした。その後、表情判断の自信を、3レベル(とても確信している-確信している-確信が持てない)で評定。自信評定の後、スクリーン画面中央に十字が1~2秒提示され(試行間間隔)、次の試行に移りました。

刺激表情は幸福顔と恐怖顔のモーフィング合成のため、正解はなく、どちらかといえば幸福または恐怖の成分の方が強いというものでした。そのため、フィードバックは与えませんでした。

アンカー顔は100%強度の幸福顔、恐怖顔でした。顔の人物モデルは男性2人、女性2人の4人でした。合成表情強度は、幸福顔、恐怖顔で各々100%に加えて、恐怖30%/幸福70%顔、恐怖40%/幸福60%顔、恐怖50%/幸福50%顔、恐怖60%/幸福40%顔、恐怖70%/幸福30%顔の変形表情を用いました。

顔写真の大きさは大きいもので視角11.9° × 11.9°、小さいもので視角5.95° × 5.95°でした。参加者は大きな顔も小さな顔も体験し、それぞれについて、各表情レベルにつき36試行、全252試行で3ブロックを連続して行いました。なお、刺激の50%を恐怖顔だと判断する時の合成表情強度(Hedges' g= 0.43)および精神測定関数の勾配(g = 0.13)は、大顔ブロックにおいて、小顔が前ブロックでも後ブロックと有意差は検出されませんでした。小顔ブロックにおいて、刺激の50%を恐怖顔だと判断する時の合成表情強度(g= 0.021)および精神測定関数の勾配(g = 0.34)は、大顔が前ブロックでも後ブロックと有意差は検出されませんでした。

目の動きはアイトラッカーで追跡、記録。EyeLink 1000アイトラッキングシステム使用者が14人で、片眼を1000 Hzで追跡。Tobii T120アイトラッキングシステム使用者が10人で、両眼を120 Hzで追跡(他にも固視、サッケードの抽出方法に違いがありました)。両方とも刺激までの距離は約60 cm。

長方形の関心領域(Region Of Interest,ROI)は目、口、中央(鼻)に設定。

〇結果

心理測定曲線による解析の結果、顔刺激の恐怖の割合が増えるほど恐怖表情だという判断が多くなりました。

刺激が小顔よりも大顔の方が、刺激の50%を恐怖顔だと判断する時の合成表情の恐怖の割合が低くなりました(標準化平均差の効果量Hedges’ g = 0.56)→大きな顔は恐怖の割合が低くても恐怖だと判断されやすい

刺激が小顔よりも大顔の方が、心理測定曲線の傾きが大きくなりました(g = 0.39)→大きな顔の表情判断は感度、特異度ともに高い

大きな顔(効果量η2 = 0.33)でも小さな顔(η2 = 0.36)でも、表情判断に「確信が持てない」と回答するよりも「確信している」や「とても確信している」と回答することが多くなりました。表情判断が素早く(大顔η2 = 0.25,小顔η2 = 0.31)、自信の評価が素早いほど(大顔η2 = 0.12,小顔η2 = 0.19)、自信が高くなりました。自信の評定に顔の大きさが影響するとはいえませんでした。

幸福/恐怖の表情レベルが100%で自信が高く、恐怖表情と幸福表情が混合したモーフィング合成/曖昧表情では自信が低くなりました(大顔η2 =0.26- 0.28,小顔η2 = 0.30-0.31)。顔の大きさの主効果、顔の大きさとモーフィング合成レベル/曖昧レベルの交互作用は検出されませんでした。

表情判断の反応時間に関して、幸福/恐怖の表情レベルが100%で反応が素早く、恐怖表情と幸福表情が混合したモーフィング合成/曖昧表情では反応が遅くなりました(大顔η2 = 0.12,小顔η2 = 0.11-0.12)。顔の大きさの主効果、顔の大きさとモーフィング合成レベル/曖昧レベルの交互作用は検出されませんでした。

自信評定の反応時間でも同様に、幸福/恐怖の表情レベルが100%で反応が素早く、恐怖表情と幸福表情が混合したモーフィング合成/曖昧表情では反応が遅くなりました(大顔η2 = 0.008-0.0082、小顔η2 =0.018- 0.019)。顔の大きさの主効果、顔の大きさと表情混合レベル/曖昧レベルの交互作用は検出されませんでした。

大顔でも小顔でも視線の分配は水平軸で対称的でした。しかし、垂直軸では大顔で中央から目の方向に、小顔で中央(鼻)に固視点の分布が偏っていました。また、固視分布地図において、大顔は固視の分布範囲が狭かったのに対し、小顔は固視の散布範囲が広くなりました。

ROI解析では顔サイズとROIの場所の交互作用は有意傾向でした。小顔より大顔の方で目を固視し(g = 0.54)、大顔より小顔の方で目、口、中央(鼻)以外の場所に固視することが多くなりました(g = 0.81)。口や中央(鼻)への固視は顔の大きさの影響を受けませんでした。

固視数率の解析は小顔より大顔で目や中央を見て(目のg = 0.52,中央のg = 0.35)、小顔で目、口、中央(鼻)以外の場所が高くなりました(g = 0.77)。

各ROIの総固視時間では顔サイズとROIの場所の交互作用が有意傾向であったものの、結果は上記のものと似ていました。つまり、小顔より大顔の方が目への総固視時間が長く(g = 0.47)、小顔の方が目、口、中央(鼻)以外の場所の総固視時間が長くなりました(g = 0.61)。口や中央では、顔サイズの影響が検出されませんでした。

初めの固視の潜時の解析では、大顔より小顔で口(g = 0.45)や目、口、中央(鼻)以外の場所(g = 0.45)への固視が素早くなりました。しかし、目への初固視の潜時は、顔サイズの影響を受けませんでした(g = 0.10)。

なお、1試行あたりの解析許容性のある記録時間は大顔で920 ± 64.7 ms、小顔で934 ± 46.4 msと有意差は検出されませんでした(g = 0.25)。このことから論文ではアイトラッキングの質の違いが結果を生み出した可能性は排除できるとしています。

小顔より大顔で固視が多くなりました(g = 0.98)。このことから論文では大きな顔を見ている時は、眼球運動が多かったと推測しています。

目、中央(鼻)、口、それ以外の場所のいずれにおいても、小顔より大顔の方が平均固視時間が短くなりました。顔サイズとROIの場所の交互作用自体は有意傾向でしたが、効果量g はそれぞれ目で= 0.40、口で0.81、中央(鼻)で0.93、それ以外の顔部位で0.31でした。

次は見る顔の部位の順番についての解析です。大顔でも小顔でも中央から固視し、次が目、口、それ以外の領域でした。大顔でも小顔でも1回目の固視より2~4回目の固視の方が中央を見ることが少なくなりました。大顔では1回目の固視より2回目の固視や4回目の固視の方が目を見ることが多く、小顔では1回目の固視より4回目の固視で目を見ることが多くなりました。大顔では1回目の固視より2~4回目の固視の方が口を見ることが多く、小顔では1回目の固視より3回目の固視で口を見ることが多くなりました。1~4回目のいずれの固視でも小顔より大顔の方が目を見ました。1~4回目の固視を通じて、目、口、中央(鼻)以外の場所を見ることは大顔で少なく、小顔で多くなりました。

大顔でも小顔でも刺激のモーフィング合成レベル/曖昧性レベルによって固視密度地図が違うとはいえませんでした→大きな顔でも小さな顔でも表情の合成割合によって視線の向け方が違うとはいえない

どのモーフィング合成レベル/曖昧性レベルでも小顔より大顔の方が目への固視が多く、大顔より小顔の方が目、口、中央(鼻)以外の場所への固視が多くなりました。どのモーフィング合成レベル/曖昧性レベルでも、口や中央では大顔と小顔で固視率に有意差は検出されませんでした。

参加者が行った表情判断が恐怖の場合でも幸福の場合でも、小顔より大顔の方が目への固視率が高く、大顔より小顔の方が目、口、中央(鼻)以外の場所への固視率が高くなりました。

〇コメント

以上をまとめると、幸福-恐怖のモーフィング表情において、

・大きな顔は恐怖の割合が低くても恐怖だと判断されやすい

・大きな顔の表情判断は感度、特異度ともに高い

・刺激顔が大きいと目を固視することが多く、刺激顔が小さいと視線が移ろいやすく、目、口、中央(鼻)以外の場所を固視することが多い。これは特定の固視だけでなく、1~4回の固視を通じてあり、顔写真のモーフィング合成レベル/曖昧性レベルや参加者の恐怖/幸福判断に影響されない。


となります。

大きな顔だと他者の目に視線を配ることが多くなりました。恐怖表情の認知には目の情報が重要だとされており、健常者は恐怖表情の弁別に目の情報を用いています(Adolphs et al., 2005)。また、両目を見ることが少ない両側扁桃体損傷患者SMさんは恐怖表情の認知が苦手だが、目を見るように教示すると恐怖表情の認知力が正常化します(Adolphs et al., 2005)。したがって、大顔で恐怖表情への判断バイアスが高まったのは、目を見ることが多くなったからだと考えることが可能です。

臨床家視点でいえば、クライエントの恐怖レベルを表情から判断する際には、相手の顔の大きさを考慮する必要があるといえます。たとえば、顔が大きい場面緘黙児・者の恐怖レベルは表情から判断すると、過大評価されるかもしれません。もっとも本実験はあくまでラボという種々の条件が統制された状況での結果であり、実生活でどれだけ活用できるかどうかは分かりません。特に本実験での刺激は顔写真という静的なものであり、動的な現実生活とは違います。

気がかりなのは2種類のアイトラッカーを併用していること、サンプルサイズの設計方法について記載がないこと、分析が多すぎでfalse positive(s)の心配があることです。特に固視密度マップの解析では多重比較の補正を用いていなかったので、要注意です。余談ですが、『Meeky Mouse』という認知行動療法のウェブプログラムの効果を場面緘黙児で検証した研究(Ooi et al., 2016)では、緘黙研究では私が知る限り世界初のサンプルサイズ設計に関する記述があり、感心したものです。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。