夜更かしすると、恐怖や扁桃体活動が高まる | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   不安(障害)・恐怖に関する興味深い研究  »  夜更かしすると、恐怖や扁桃体活動が高まる

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、論文アブストラクト(抄録)だけ読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。

なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙症が不安障害になりました。

今回は、夜更かし(24時間の睡眠剥奪を経験)すると、恐怖や扁桃体活動が高まるという研究です。夜更かしで腹内側前頭前野による扁桃体の制御が上手くできなくなることが原因として考えられます。

なお、不安(障害)・恐怖以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。今回は多めにご紹介します。

最近の記事1⇒共感は感情が先か?認知が先か?
最近の記事2⇒心理学の博士論文、どこへ行く?
最近の記事3⇒予想通りの表情だと好感度や信頼性が高まる
最近の記事4⇒DV男性が被害者役をVRで体験すると、女性の恐怖顔の認知力が上昇
↑良いことか悪いことか分かりませんが、記事2によると、アメリカにおいて臨床心理学やカウンセリング心理学、学校/教育心理学の博士論文は、他の心理学分野の博士論文と比較して、査読付きジャーナルに掲載されることが少ないそうです。もしかしたら、場面緘黙症の博士論文も、その内容が査読付きの学術雑誌に掲載されることは少ないのかもしれません。ただ、全くないというわけではなく、例えば、「ペアレンタルコントロールが強い場面緘黙児の親」という記事で取り上げた場面緘黙症研究はゲルフ大学大学院にファーストオーサーが提出した博士論文がもととなっています。

なお、日本の(場面)緘黙症の博士論文については、「(場面)緘黙症の卒業論文、修士論文、博士論文」や「(場面)緘黙症の博士論文がネット上で全文公開される」をご覧ください。

Feng, P., Becker, B., Feng, T., & Zheng, Y. (2018). Alter spontaneous activity in amygdala and vmPFC during fear consolidation following 24 h sleep deprivation. NeuroImage, 172, 461-469. doi:10.1016/j.neuroimage.2018.01.057.

中国の西南大学心理学部、中華人民共和国教育部認知性格重点実験室&神経情報学重点実験室、成都脳科学研究所臨床病院、電子科技大学の研究者による論文です。

〇序論、目的、方法

睡眠剥奪は認知的、情動的障害と関連します。しかし、睡眠剥奪が恐怖の獲得やその後の恐怖記憶の固定に与える影響についてはよく分かっていません。そこで、本研究の目的は、通常睡眠時の脳活動と24時間の睡眠剥奪(夜更かし)時の脳活動とを、恐怖の獲得前後で比較することを安静時fMRIで行うことを目的としました。また、恐怖の獲得による、恐怖記憶の固定時期の脳活動の変化が、恐怖獲得中の主観的恐怖評定や皮膚コンダクタンス反応(Skin Conductance Responses,SCR)によって予測できるかどうかも調べました。

〇結果

行動上は夜更かしすると、恐怖の獲得段階で主観的恐怖や皮膚コンダクタンス反応における自律神経恐怖反応が高まりました(vs. 統制群)。

恐怖の固定段階では夜更かし群で腹内側前頭前野の活動が低く、扁桃体の活動が高くなりました。

また、夜更かし群で恐怖の獲得に伴う扁桃体活動の変化が大きいほど、恐怖の獲得時の主観的恐怖評定、皮膚コンダクタンス反応が高くなりました。一方、統制群(夜更かししない群)では、腹内側前頭前野の活動の変化が大きいほど、恐怖獲得時の主観的恐怖評定、皮膚コンダクタンス反応が高くなりました。

〇コメント

一般的に腹内側前頭前野は扁桃体活動を制御する領域として知られています。本論文では、恐怖記憶の固定中の扁桃体活動をトップダウン式に制御する腹内側前頭前野の能力が、夜更かしで弱まったと考察されています。また、恐怖獲得時の主観的恐怖、皮膚コンダクタンス反応で、睡眠剥奪後の恐怖記憶の固定における扁桃体活動の変化を予測できるとしています。

夜更かし・睡眠剥奪・睡眠不足研究一覧(私の運営する別のブログ「心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究」より)
夜更かしすると他者からのアドバイスに従順になる
人は寝不足の人と交際したくない

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP