フロー体験が社会的状況で多い社交不安症の人達 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   社交不安(社会不安)に関する興味深い研究  »  フロー体験が社会的状況で多い社交不安症の人達

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクトだけ読んだ、社交不安(障害)に関する興味深い論文を取り上げます。

なぜ、社交不安(障害)なのかというと、場面緘黙児(選択性緘黙児)は社交不安(社会不安)が高いか、もしくは社交不安障害(社会不安障害,社交不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。また、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5(精神疾患の分類と診断の手引き第5版)では場面緘黙症が不安障害(不安症)になりました。

今回は、社交不安症の人達は社会的状況でフロー状態になりやすいという研究です。

なお、社交不安(障害)以外の興味深い(面白い)研究については『心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究』をご覧ください。

最近の記事1⇒バスの無料乗車券で高齢者の抑うつ、孤独感が低下、ボランティア等が増加
最近の記事2⇒初産年齢は母親だけでなく、父親からも遺伝する

Blalock, D. V. Kashdan, T. B., & McKnight, P. E. (2018). High risk, high reward: Daily perceptions of social challenge and performance in social anxiety disorder. Journal of Anxiety Disorders, 54, 57-64. doi:10.1016/j.janxdis.2018.01.006.

アメリカ、ノースカロライナ州のダーラム退役軍人省医療センター保健サービス研究開発部門、デューク大学医学部精神医学行動科学研究科、バージニア州フェアファックス郡のジョージ・メイソン大学心理学研究科の研究者による論文です。

〇序論と目的

社交不安症の人は、他者から拒絶される可能性を実際よりも高く感じるバイアスが強い傾向にあります。彼らは実際より高く見積もった拒絶される可能性を最小限に抑えようとするのを前提とした行為のため、社会的状況での関わりに困難があります。つまり、社交不安症の人達は社会的状況がチャレンジングだと感じることが多く、十分なパフォーマンスが発揮できません。

人はチャレンジングなシチュエーションで成功していると感じると、一般的にいって、その状況が楽しく、満足感を得ます。チャレンジングな状況での主観的成功経験はフローとして研究されています。フローとは、今やっていることに完全にのめり込んでいる状態のことで、フロー体験中は高いパフォーマンスが発揮できるとされます。フロー理論の提唱者はミハイ・チクセントミハイ(Mihaly Csikszentmihalyi)教授です。

本研究では、社交不安症者の日常生活におけるフロー体験を調べることを目的としました。

〇方法

社交不安症の大人33人、彼らとマッチングした健康統制者34人が、ベースライン評定を受け、後に14日間にわたって経験サンプリングで日常生活での経験の報告を求めました。経験サンプリング法については、「飲酒後2~4時間以内に社交不安が低下する」や「社交不安が高い人は自宅で過ごすことが多い」という記事をご覧ください。ちなみに、フロー理論の提唱者、ミハイ・チクセントミハイ教授は経験サンプリング法の開発者でもあります。

〇結果

日常生活でのフロー体験の頻度は、社交不安症群でも健康統制群でも同程度でした。しかし、健康統制群よりも社交不安症群の方が、社会的状況でフローを体験しやすい結果となりました。

また、フロー状態になる可能性を予測する変数として、イベント中のポジティブ情動、イベントの重要性が検出されました。

〇コメント

フロー理論では、スキルに比してあまりにも挑戦レベルが低いと退屈になり、スキルに見合った挑戦でフロー状態になり、スキルよりも挑戦レベルが高すぎると、ストレスや不安が高まるとされます。

私の個人的な見解としては、健康統制群だと日常生活での社会的状況は退屈すぎるのかなと考えます。それで、社交不安症群は相対的に社会的状況でフローを経験しやすくなったのかもしれません。社交不安症の人達の社会的スキルは日常生活での社会的状況で最適で、権威のある人との面接など非日常的な社会的状況になると、困難をきたしやすいのかもしれません。これだと、健康統制群は、日常を超えた社会的状況でフロー体験が多くなる予感がしますね。

心理療法とフロー体験の関係も気になりますね。たとえば、場面緘黙症においては今よりもほんの少しだけレベルが高い状況に挑戦するという取り組み方がありますが、その時のフロー体験や介入成果との関連性はどうなのでしょうか?インターネット認知行動療法の副作用(Boettcher et al., 2014)の少なくとも一部は、挑戦レベルが高すぎることによるのではないか?という憶測も生じてきます。

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP