香港のメディア、逮捕された引きこもりが場面緘黙だった可能性に言及 | 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
HOME   »   緘黙ニュース、緘黙情報  »  香港のメディア、逮捕された引きこもりが場面緘黙だった可能性に言及

問題を起こさない緘黙児は放置されるか?」という記事に追記をしました。3歳で「かん黙」があった園児5名の内60%が5歳までに「かん黙」を克服したという研究です。日本の調査になります。

先日、76歳の母親の遺体を室内に遺棄したとして49歳の男性が逮捕されました。

この男性は、「小学生のころから会話をしなくなった」(NHKが警察が家族を事情聴取した内容として報道)、「小学生のころから会話をしなくなり、最近はひきこもっていた。母親が買い物などをして面倒をみていた」(NHKが警察が妹を事情聴取した内容として報道)、「自宅に引きこもって他人と会話がほとんどできない状態」(日本経済新聞が警察署の話として報道)、「長年引きこもりの状態で、他人とほとんど会話ができず」「およそ40年間にわたって自宅に引きこもり、他人とほとんど会話ができない状態」(FNNjpプライムオンライン)、「小学生のころから長女とも会話をしなくなり引きこもりの状態」「警察がなぜ通報しなかったのかと尋ねたところ、『他人と話すのが怖かった』と話している」(TBS NEWS)などと、会話に困難を抱える引きこもりの方だったようです。各種報道によると、彼は警察の取り調べに筆談で応じているとのこと。事件が発覚したのは、長女の妹が部屋を訪ねたためでした。

この遺体遺棄容疑で逮捕された引きこもり男性のニュースは日本以外にも台湾で『40年不出家門!日宅男失語 竟伴母屍生活近半月』(聯合新聞網)、『40年沒出過家門!媽媽老死...49歲日本宅男竟伴屍度日』(ETtoday新聞雲)と取り上げられていました。しかし、いずれも、少なくとも私が確認した限りでは、場面緘黙症に触れた記事は1つもありませんでした。

なお、聯合新聞網は、台湾の4大新聞紙の1つ、聯合報の公式サイトです。ETtoday新聞雲は台湾で最大のニュースサイトです。

しかし、今回、インターネットメディアの香港01が、逮捕された男性が稀な選択性緘黙症だった可能性(可能患上罕見選擇性緘默症)を指摘しました。日本のメディアでも場面緘黙症の可能性に言及した媒体は少なくとも私が見た限りではなく(ネットユーザーの書き込みならありますが)、非常に短い文言での指摘であるにしても香港のメディアが一歩進んだ報道をしたというのは興味深いです。もちろん香港01の報道があったからといって、彼が場面緘黙症だったという根拠にはなりませんが。。。

なお、選択性緘黙症は場面緘黙症の別名です。台湾や香港では、選擇性緘默症(選択性緘黙症)という言い方をして、場面緘黙症という表現は少ないようです(私が知らないだけかもしれませんが)。

香港01の記事の締めくくりでは、「外界から長期間隔離されていて、場面緘黙症が悪化し、話す能力を完全に失った。また、外界との隔離が長期にわたることで他者とコミュニケーションすることができなくなり、母親の死にさいし助けを求めることができず、悲劇につながった」(拙訳)と、これまた日本や台湾の事実関係重視の報道とは違い、事件の背景に踏み込んだ書き方がされています。

〇参考/引用URL(2018年11月11日現在)

自宅で死亡の母放置疑い 引きこもりの49歳男逮捕 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37376520V01C18A1000000/

母親の遺体遺棄容疑、同居の49歳長男を逮捕(ニュース動画あり) TBS NEWS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3516480.html

母親の遺体遺棄容疑 ひきこもり49歳長男 調べに筆談で応じる NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181105/k10011699201000.html

筆談で聴取...母親遺体放置49歳男 約40年ひきこもり状態 FNNjpプライムオンライン
https://www.fnn.jp/posts/00404851CX

40年不出家門!日宅男失語 竟伴母屍生活近半月 聯合新聞網
https://udn.com/news/story/6810/3469076

40年沒出過家門!媽媽老死...49歲日本宅男竟伴屍度日 ETtoday新聞雲
https://www.ettoday.net/news/20181108/1301204.htm

日宅男閉關在家40年患失語症 母親逝世不知怎辦 只能伴屍半個月 香港01
https://www.hk01.com/世界說/256962/日宅男閉關在家40年患失語症-母親逝世不知怎辦-只能伴屍半個月

スポンサードリンク

Comment

スポンサードリンク

Trackback
Comment form
カテゴリ
ランキング
Twitter
スマートフォンサイト
Amazon書籍
場面緘(かん)黙症とは?
ある特定の場面(例.学校)でしゃべれなくなってしまう症状を場面緘黙症といいます。言語能力や知能には問題がないにもかかわらず、話せないのです。一般的に場面緘黙症の人は自らの意思で口を閉ざしているのではなく、不安や恐怖のために話せないとされます。中にはあらゆる場面で話せない全緘黙症になる事例もあります。
プロフィール

マーキュリー2世

Author:マーキュリー2世
性別:男
緘黙経験者で、バリバリの現役緘黙だったのは小学4年?大学1年。ただし、小学4年以前はほとんど記憶喪失気味なのでそれ以前も緘黙だった可能性あり。現在も場合によっては緘黙/緘動が発動します。種々の研究に言及していますが、私は専門家ではありません。ひきこもり/自称SNEP(孤立無業者)です。

リンクについて
このサイトはリンクフリーです。リンクの取り外しはご自由になさって下さい。個別ページのSNSでの共有やブログ、サイトへのリンクも自由です。
プライバシーポリシー
当ブログはGoogle Adsense広告を掲載しています。Google Adsenseでは広告の適切な配信のためにcookie(クッキー)を使用しています。ユーザーはcookieを無効にすることができます。

なお、Google Adsenseで上げた収益は将来のホームレス生活を見越し、すべて貯金にまわしています。
免責事項
ブログ記事の内容には万全の注意を払っていますが、管理人はその内容の正確さについて責任を負うものではありません。

PAGE TOP